ドラゴンクエストライバルズ
ドラクエライバルズ攻略

スポンサーリンク

「におうだち」について

「におうだち」のユニットが前列にいる場合、敵は「におうだち」を持つユニットしか攻撃できなくなります。プレイヤーのHPを守れるほか、味方ユニットを守ることにも使えます。
構築ではコントロールデッキが、アグロデッキの対策として使用することが多いです。

「におうだち」を無効化する方法としては、「におうだち」を持つユニットを後列に移動させるか、「封印」で能力を消す方法があります。

におうだちの効果を持つ共通カード

カード名レア度
(職業)
コスト/攻撃力/HP効果
評価特徴
スライムつむり
スライムつむり
・・・
(共通)
1 / 1 / 2におうだち
5/10におう立ちのため、敵の攻勢を受け止めやすい。
シールドこぞう
シールドこぞう
・・・
(共通)
2 / 2 / 2におうだち
6/102コストの数少ない「におうだち」持ちです。コントロールの序盤の支えなど、アグロの猛攻を耐え凌ぐためのカードとして検討しても良いでしょう。
ガチャコッコ
ガチャコッコ
★・・
(共通)
3 / 0 / 5におうだち
召喚時:敵ユニット1体につき攻撃力+1
8/10攻撃力は敵が出ていなければ0。しかし、アグロを止めるなど序盤からテンポで押し込まれるのを防ぐことが主な利用方法であることを考えると2/5や3/5のスタッツになることはよくある。
十分な攻撃力を確保しやすく、HPの高い「におう立ち」持ちであるため、アグロ対策としてかなり優秀なユニット
ゴーレム
ゴーレム
・・・
(共通)
3 / 3 / 3におうだち
6/103コストで3/3とスタッツが低いが、「におうだち」を持っているため確実にプレイヤーを守ってくれる。
横にモンスターを並べない相手に対して、低コストの「におうだち」持ちは優秀。
シールドオーガ
シールドオーガ
★・・
(共通)
4 / 4 / 4召喚時:味方リーダーのHPが15以下の場合+2/+2とにおうだちを得る
7/10HPが15以下なら6/6+「におうだち」となります。
4コストで出せるのが魅力なので、シールドオーガと別のカードを使用して守りを固めましょう。
リビングスタチュー
リビングスタチュー
・・・
(共通)
4 / 3 / 5におうだち
7.5/104コストで3/5のスタッツに加え、「におう立ち」もちという優秀なユニット
4ターン目、5ターン目に盤面にでれば敵の攻勢をしっかり止めてくれるでしょう。
4コストのユニットとして採用を検討する価値があります。
けがれの渦
けがれの渦
★・・
(共通)
5 / 4 / 4におうだち
死亡時:全てのユニットを毒にする
6/10全てのユニットに毒を付与する効果を持っています。
「におうだち」も持っているため、無視して攻撃されることもなく、敵ユニットからプレイヤーを守ってくれます。
ストーンマン
ストーンマン
・・・
(共通)
5 / 6 / 4におうだち
5/10「におうだち」を持っており、攻撃力が6と高いため相手ユニットと相打ちを取ってくれます。
ガメゴン
ガメゴン
・・・
(共通)
6 / 3 / 7におうだち
7/10HP7の「におうだち」持ちと、かなり高い防御性能を持っています。
カード1枚で倒されることがほとんどないので、安心感のあるユニットです。

におうだちの効果を持つ職業専用カード

カード名レア度
(職業)
コスト/攻撃力/HP効果
評価特徴
エビルチクリン
エビルチクリン
★・・
(僧侶)
4 / 2 / 6におうだち
召喚時:ユニット1体ににおうだちを付与する
7/10味方ユニットに「におうだち」を付与できます。
「エビルチクリン」と合わせて2体「におうだち」のユニットを用意できるので、プレイヤーのHPを守りやすいです。
キラーデーモン
キラーデーモン
★★・
(僧侶)
6 / 6 / 6召喚時:味方ユニット1体を+1/+1した後におうだちを付与する
7/10味方に「におうだち」を付与できるのが特徴です。
相手の残HPが少ない場合は、他の弱いユニットに「におうだち」を付与することでキラーデーモンを守れます。
敵のユニットに押されている状況なら「キラーデーモン」を「におうだち」にしておけば安全です。
成長の果実
成長の果実
・・・
(商人)
1 / - / -ユニット1体にHP+2とにおうだちを付与する
7/10HPが2増え「におう立ち」を獲得できるため、敵の攻め手を防ぐことができます。
アグロののテンポを削ぐために採用するのも良いでしょう。
星のタロット
星のタロット
★・・
(占い師)
3 / - / -占い:①カードを2枚引く②におうだち 3/3ビッグフェイスを出す
7/10どちらの効果が発動しても損することがないので使いやすい占いカードです。
盤面に敵ユニットがいなければ、どちらも役に立ちます。
ワンダーフール
ワンダーフール
★・・
(占い師)
4 / 4 / 4召喚時:デッキの1番上のカードのコストが奇数なら+1/+1と貫通を得る 偶数なら-1/-1とにおうだちを得る
6/10デッキトップが奇数であれば+1/+1と貫通を獲得できれば、5/5のスタッツで貫通を持ちます。
4コストとしては破格の性能になります。
デッキの1番上が奇数であるよう操作するか、そもそもデッキ内の奇数の数を多くしておくことで、問題なく奇数時の効果を得ることができます。
「奇数ミネア」のようなデッキであればうまく使うことができるでしょう。
ライノスキング
ライノスキング
・・・
(魔剣士)
7 / 7 / 7におうだち
7/107/7のサイズで「におうだち」を持っているため、防御性能が高いです。
HPが7もあるため、ユニットの攻撃や特技で簡単に倒されることはありません。

スポンサーリンク

ドラクエライバルズ攻略トップはこちら

コメント

オススメの新着記事

オススメの新着記事(5件)

【メリメロ】最初のミラージュはどれを選ぶべきかを解説

blproto

【メリメロ】ガチャの確定演出一覧

blproto

【メリメロ】全ミラージュの評価一覧

blproto

【メリメロ】初心者が序盤にやるべきことを解説

blproto

【メリメロ】リセマラの当たりとやり方最高効率

blproto

スポンサーリンク