ファイナルファンタジーXIV
FF14攻略

スポンサーリンク

冷血剣アルガスについて

冷血剣アルガスはパッチ4.1で追加されたアライアンスレイド「失われた都ラバナスタ」の最終のボスとなっています。
冷血剣アルガスは慣れなければ判断に迷う特殊なギミックが存在するため、しっかりとギミックを理解しておきましょう。

「失われた都ラバナスタ」はレベル制限70、平均IL制限305以上のコンテンツとなっており、道中ではIL330の装備「イヴァリースシリーズ」がドロップします。また、パッチ4.1からはアライアンスレイド/カスタムマッチがクロスワールドパーティ募集に対応するようになり、より簡単にアライアンスレイドに突入可能となっています。

冷血剣アルガスの攻略ポイント

「神の啓示」に従う時と、従わない時がある

「神罰を受けよ!」の後、「神の啓示」を受けます。
「神の啓示」には、「真実の神」「偽りの神」また、「見るなかれ」「動くなかれ」の2種類の啓示があり、それぞれで行う行動が変化します。

真実の神の啓示

「真実の神の啓示」の場合は、「見るなかれ」→「冷血剣アルガスから視線を外す」、「動くなかれ」→「動きをとめる」ことで対処することが可能です。
「真実の神の啓示」の場合には、啓示のあと一瞬白い仮面が浮かび上がります。

偽りの神の啓示

「偽りの神の啓示」の場合は、「見るなかれ」→「冷血剣アルガスを見る」、「動くなかれ」→「動きまわる」ことで対処することが可能です。
「偽りの神の啓示」の場合には、啓示のあと一瞬青い仮面が浮かび上がります。

「心身喪失」状態のときは頭上にあるカーソルの方向にのみ移動可能

後半に「心身喪失」状態になると、プレイヤーの頭上で矢印カーソルがくるくると回ります。この時、方向キーを倒した瞬間にカーソルが向いている方向にしか進むことができません。
その状態で、敵の範囲攻撃をかわす必要があるため、しっかりとカーソルの方向を確認して目押しをする必要があります。慣れるまでは少し難易度が高い操作となっています。

冷血剣アルガスの行動パターン

第1フェーズ

痛打

MTに大ダメージ。防御バフをしっかりと合わせてダメージを減らしましょう。

冥界恐叫打

円状の範囲攻撃が3箇所に出現する攻撃です。3戦目のボス「人馬王ロフォカレ」が使用する技と同じものです。技の出は早めですが、見てからでも回避ですますので、しっかりと回避するようにしましょう。

呪槍串刺

冷血剣アルガスを中心に広がる円状の範囲攻撃となっています。冥界恐叫打と同時に使用されるため、冷血剣アルガスから離れて回避しましょう。

神罰を受けよ!

真実の神の時は白い仮面のエフェクト、偽りの神の時には青い仮面のエフェクトが表示されます。
「見るなかれ」「動くなかれ」の2種類があり、真実の神の時には指示に従い、偽りの神の時には指示に従わないようにしましょう。

不動無明剣

フィールド上に光の床が4マス出現します。上に乗るとダメージを受けます。

アルガスの影

「アルガスの影」という雑魚敵が数匹出現します。アルガスの影は近づくとお互いに線で繋がれて強化バフが付与されます。しかし、HPは低いためしっかりと倒していきましょう。一定時間ないに倒しきれないと爆発して全体にダメージを与えます。

第2フェーズ

虚無の魂

「虚無の結晶」が数匹出現すると同時に、「虚無」ゲージが溜まりはじめます。
「虚無」ゲージが100%になると全体に即死ダメージの技を使用します。そのため、急いで「虚無の結晶」を倒しましょう。
「虚無」ゲージが100%になるまでに「虚無の結晶」を全て倒しおえるとDPSチェック通過となり、フェイズが移行します。

フィールドの端にいくと敵に変身

第2フェーズではフィールドの端が黒く染まり、フィールドの端に触れると敵に変身してプレイヤーの操作を受け付けなくなります。
敵に変身した後は、他のプレイヤーを攻撃したあとに一定時間が経過すると自爆して戦闘不能となります。

千手無双剣

前方に範囲攻撃を行います。不動無明剣、冥界恐叫打などと一緒に使用してくるため、よく範囲をみて回避を行いましょう。

ファイジャ

全体に魔法ダメージがとんできます。それほど威力は高くありません。

家畜に神はいない

神の啓示を3回間違えると、チキン状態になりフィールド端へと自動で走っていきます。フィールド端に触れると敵に変身し、、他のプレイヤーを攻撃したあとに一定時間が経過すると自爆して戦闘不能となります。
そのため、神の啓示は間違えないように注意しましょう。

喪失の恐怖

プレイヤーの頭上で矢印カーソルがくるくると回り、方向キーを倒した瞬間にカーソルが向いている方向しか進むことができなくなります。
その状態で、安全地帯が少ししかない範囲攻撃が行われます。落ち着いてカーソルの方向を目押しして、安全地帯へと移動しましょう。

スポンサーリンク

FF14攻略トップはこちら

コメント