Fate Grand Order
FGO攻略

スポンサーリンク

「ネロ祭(2017)」の高難易度クエストについて

高難易度「第四演技 魔竜再臨」は「ネロ祭2017(ネロ祭再び ~2017 Autumn~)」の高難易度クエストの一つです。
「ネロ祭2017」では合計14の高難易度クエストが開催されています。別の高難易度クエストの攻略情報など、「ネロ祭2017」の攻略情報は下記で解説しています。

高難易度「第四演技 魔竜再臨」の攻略ポイント

ジークフリートが1ターン目に使用する宝具を防ぐ

バトル3のジークフリートは、バトル開始時に宝具チャージをMAXまで溜めます。そのまま1ターン目に全体宝具を使用してくるので、無敵や回避スキルで耐えましょう。

防御無視効果の宝具でダメージを与える

ジークフリートには防御力が上昇する効果が付与されています。通常攻撃ではダメージを与えられないので、防御無視効果を持つ宝具で攻撃しましょう。「防御無視効果」があっても貫通しきれない防御力を持っているので、イベント礼装の「二神三脚」などで強化してあげましょう。

防御無視の宝具を持つサーヴァント

ネロ(セイバー)
エミヤ(アーチャー)
坂田金時(バーサーカー)
沖田総司(セイバー)
ジャック(アサシン)
両儀式(セイバー)
両儀式(アサシン)

バスターチェインで防御を突破する

バスターチェインを組むとATK×0.2の固定ダメージを与えることができます。確実にジークフリートの防御を突破する手段の一つなので、バスターチェインが組んでダメージを与えましょう。

バーサーカー以外でバスターカードを3枚持つサーヴァントには「ガウェイン(セイバー)」や「マルタ(ルーラー)」「宮本武蔵(セイバー)」「山の翁(アサシン)」などがいます。持っているサーヴァントは連れていきましょう。

20ターン経過でワイバーンが即死攻撃を使用

長期戦をする場合はワイバーンを20ターン以内に倒しておきましょう。ワイバーンは20ターンを超えると即死攻撃をしてきます。また、ジークフリートを倒しても即死攻撃をしてくるため、ジークフリートのHPを削ったらワイバーンを処理しましょう。

高難易度「第四演技 魔竜再臨」のクエスト情報

出現する敵の情報

Battle 敵構成
バトル1 ワイバーン
HP:17152(剣)
ワイバーン
HP:17152(剣)
ワイバーンレッド
HP:29170(剣)
バトル2 ワイバーン
HP:27201(剣)
ワイバーンレッド
HP:39171(剣)
ワイバーンレッド
HP:39171(剣)
バトル3 ワイバーンエビル
HP:99379(剣)
ジークフリート
HP:50994(剣)
ワイバーンエビル
HP:99379(剣)

初回クリア報酬

蛮神の心臓×5
呼符×1

高難易度「第四演技 魔竜再臨」の攻略おすすめサーヴァント

シャーロック・ホームズ(秤)

「シャーロック・ホームズ」は宝具で味方全体に防御無視を3ターン付与できます。どのサーヴァンでもダメージを通せるようになるので、「第四演技 魔竜再臨」の攻略に最適なサーヴァントです。
アタッカーのアーチャーを自前で用意して、フレンドはホームズを選択しましょう。

坂田金時(狂)

坂田金時の宝具には防御力無視効果があります。ジークフリートに大ダメージを与えられるサーヴァントなので、坂田金時に「ニ神三脚」を装備させるのがおすすめです。

マーリン(術)

マーリンはスキルで全体に無敵状態を付与できるため、ジークフリートの宝具から身を守るのに最適です。また、坂田金時などのバスター宝具を強化することもできます。

エミヤ(弓)

エミヤはアーチャークラスで防御無視宝具を持つサーヴァントです。クラス相性がいいため大ダメージを狙えるほか、耐久能力も高いです。

クーフーリン・オルタ(狂)

クーフーリン・オルタは回避スキルを持つバーサーカーのサーヴァントです。回避スキルでジークフリートの宝具を耐えることができ、バスターカードを3枚持っているためバスターチェインが組みやすいです。

スポンサーリンク

FGO攻略トップはこちら

コメント

violaさんの記事

violaさんの作成した記事の新着

【FGO】ネロ祭(2017)のイベント攻略とやるべきこと

viola

【FGO】超絶難易度「復刻フィナーレ プロトタイプ」の攻略ポイントを解説【ネロ祭2017】

viola

【FGO】ネロ祭2017「超高難易度クエスト」の攻略ポイントを解説

viola

【FGO】星4ストーリーガチャ限定サーヴァントのおすすめ【1000万DL突破キャンペーン】

viola

【FGO】高難易度「フィナーレ ネロ戦(赤色のオリンピア)」を攻略【ネロ祭2017】

viola

» violaさんの記事をもっと見る

スポンサーリンク