グランブルーファンタジー
グラブル攻略

スポンサーリンク

バランス調整について

キャラクターのバランス調整が実施される!

グラブル公式サイトにて、キャラクターのバランス調整アップデートが行われることが告知されました。
アップデートの実施は7月7日に予定されています。

各キャラクターごとのバランス調整内容について(SSRキャラ)

アギエルバ(SSR 火属性)

調整対象 調整内容
奥義「轟覇暁天」 「発動ターンのみ自分の防御UP」が追加
アビリティ「剛毅」 「カウンター(被ダメージ/3回)」が追加
アビリティ「軻遇突智」 再使用間隔が10ターンから7ターンに短縮

かばうアビリティ「剛毅」が強化!

単体攻撃から味方をかばうアビリティ「剛毅」にカウンター効果が追加されます。
高い防御力で敵の攻撃を引き受けつつ、敵に反撃ができる攻撃的なアビリティになることが予想されます。

また、奥義「轟覇暁天」にアギエルバ自身の防御をアップする効果が追加されます。
効果は奥義発動ターンのみですが、そのぶん効果が大きいと考えられます。
「剛毅」と組み合わせることで、敵の特殊技で受けるダメージを大きく抑えつつ反撃、のような使い方が良いでしょう。

ゼタ(SSR 火属性)

調整対象 調整内容
奥義「プロミネンスダイヴ」 「自分のクリティカル確率UP」が追加
アビリティ「アルベスの槍」 「ブレイク状態を維持」効果が削除
「アルベス・フェルマーレを付与」が追加
アビリティ「ラプソディー」 効果が「自分の攻撃大幅UP(アルベス・フェルマーレ状態の敵のみ)」に変更
アビリティ「サウザンドフレイム」 「ブレイク状態を維持」効果が追加

「アルベス・フェルマーレ」を付与し、「ラプソディー」で大ダメージ!

これまでのゼタは、ブレイク状態になった敵に「ラプソディー」を用いて大ダメージを与える戦法のキャラクターでした。
バランス調整後は「アルベスの槍」で敵に「アルベス・フェルマーレ」効果を付与し、「アルベス・フェルマーレ」状態の敵に「ラプソディー」で大ダメージを与える戦法へと変化します。

これまでと違い、敵がブレイクするまで待たなくても敵に大ダメージを与えることが可能になります。
また、ゼタはリミットボーナスにより「ラプソディー」使用時に連続攻撃率をアップすることもできるので、状況を問わず強力なアタッカーになりました。

クラリス(SSR 火属性)

調整対象 調整内容
奥義「アルケミック・フレア」 「弱体耐性DOWN」効果が追加
アビリティ「ナノアナライズ」 「火属性防御DOWN」効果が追加
アビリティ「アトミック・レゾリューション」 再使用間隔が10ターンから6ターンに短縮

より敵の弱体化に特化したキャラクターに!

奥義「アルケミック・フレア」に「弱体耐性DOWN」効果が追加されます。
これにより、パーティが敵に付与する弱体効果の成功率がアップするため、より有利に戦いやすくなります。

また、防御ダウン効果のアビリティ「ナノアナライズ」に、「火属性防御DOWN」が追加されます。
この防御ダウンと火属性防御ダウンの2つの効果により、敵の防御がより下がり、敵に与えるダメージを増やすことが可能です。

シャルロッテ(SSR 水属性)

調整対象 調整内容
奥義「ノーブル・エクスキューション」
(最終解放後)
「対象がブレイク時に追加ダメージ」の条件を撤廃
追加ダメージのダメージ量とダメージ上限をアップ
アビリティ「ブルームーン」 「防御DOWN」の成功率がアップ
アビリティ「ソード・オブ・リュミエール」
(レベル100時)
効果が「敵に5.5倍水属性ダメージ/モードゲージ減少/自分の被ダメージ無効(1ターン)」に変更
サポート「リュミエール聖騎士団団長」 「毎ターンステータスUP ◆被ダメージで解除」が追加

全体的な性能がアップ、さらにターン経過で攻撃と連続攻撃率アップ!

最終上限解放後の奥義「ノーブル・エクスキューション」の敵がブレイク時追加ダメージ効果が、敵の状態を問わず常時発生するように変更されます。
また、追加ダメージ効果のダメージ上限もアップするので、シャルロッテが奥義を発動した時の与ダメージがさらにアップします。

さらに、サポートアビリティ「リュミエール聖騎士団団長」に、ターン経過ごとにシャルロッテの攻撃と連続攻撃率がアップするという効果が追加されます。
この効果はシャルロッテがダメージを受けると解除されてしまいますが、若干物足りなかったシャルロッテの攻撃性能改善につながるでしょう。

シャノワール(SSR 水属性)

調整対象 調整内容
奥義「ファントムシーフ」 「痕跡抹消」の発動までのターン数が短縮
弱体成功率がアップ
麻痺効果が通常の麻痺が別枠に変更
アビリティ「スプレンディドセフト」 再使用間隔が10ターンから6ターンに短縮
奥義ゲージ消費が削除
サポート「プロデュースイリュージョン」 幻影効果の回数が増加

使いにくかった奥義・アビリティが改善!

奥義「ファントムシーフ」の強化が注目点です。
これまでは「大胆なる予告」後に発動した場合の「12ターン後にダメージ」の発動が遅すぎる、
「パズルトゥユー」後に発動した場合の弱体効果が成功しづらい、などの欠点がありました。

これらが改善されたため、特に「パズルトゥユー」使用後に奥義を発動した際の見返りが大きくなることが予想されます。

ソシエ(SSR 水属性)

調整対象 調整内容
奥義「白之舞・天華」 「次に発動する壱之舞・神楽の効果を全体化」効果が追加
アビリティ「壱之舞・神楽」 「水属性追撃」効果が追加

サポート役としてかなりの強化!

奥義「白之舞・天華」に「壱之舞・神楽」を全体化する効果が追加されます。
また、「壱之舞・神楽」に「水属性追撃」効果が追加されます。

壱之舞・神楽は4ターンに1回使用可能でパーティ1人のHPを2000回復&活性効果を付与と元々強力なアビリティでした。
これを全体化できる上に、水属性追撃効果まで付与されるので、かなりの強化が行われます。

ソシエは他のアビリティも「敵全体の攻防DOWN」「敵にスロウ効果」と強力です。
水属性追撃の倍率は10%と高くはありませんが、回復も補助もできる万能キャラとして活躍できるようになりました。

カリオストロ(SSR 闇属性)

調整対象 調整内容
アビリティ「ファンタズマゴリア」 効果が「自分の弱体効果を1つ回復/クリティカル確率UP/特殊強化(連続攻撃確率UP/攻防UP)」に変更
レベル100時の効果量減少を削除
再使用間隔が10ターンから7ターンに短縮
アビリティ「リーンフォース」 「再生」効果が追加

ネックだった「ファンタスマゴリア」の性能を克服!

カリオストロはレベル100時に「ファンタスマゴリア」が全体化される代わりに効果量が弱体化されるのがネックでした。
今回のバランス調整では「ファンタスマゴリア」の効果量弱体化が廃され、さらに強化が特殊強化へと変更されます。特殊強化は他の特殊強化とは重複しない代わりに、他の強化効果と重複できるという利点があります。
さらに10ターンと長かった再使用間隔も7ターンに短縮されたので、他の強化効果と足並みを揃えやすくなりました。

ユーステス(SSR 土属性)

調整対象 調整内容
奥義「デッドエンド・シュート」 「充填Lvが5の時に味方全体のクリティカル確率UP」が追加
アビリティ「アンチ・ソシアル・ディシーズ」 「充填Lvに応じて攻撃力UP」が追加

充填時のメリットが増加!

ユーステスは奥義ゲージを消費して「充電」を付与し、奥義を強化するのが特徴のキャラクターです。
今までは充電をしてもダメージしか上がらず、メリットが小さいのが欠点でした。

今回の調整で、充電時のメリットが追加されました。
特に充電レベルが最大の5になった場合、奥義に「パーティ全員のクリティカル率UP」が付与されるのが注目点です。
奥義発動時だけでなく、発動後も敵に与えるダメージが増えるようになります。

フィーナ(SSR 風属性)

調整対象 調整内容
奥義「インヴィンシブル・クラッシャー」 破砕効果のレベルに応じて奥義ダメージ上限UPが追加

破砕レベルにより奥義のダメージ上限がアップ!

フィーナはトリプルアタックを行った際、自身に「破砕レベル」が付与され、破砕レベルが高いほど奥義のダメージがアップするキャラクターです。
今までは破砕レベルにより奥義のダメージが上がっても、ダメージ上限が上がらないのが難点でした。

今回の調整で奥義のダメージ上限がアップするようになったので、「破砕レベル」を上げるメリットが増えました。

メリッサベル(SSR 風属性)

調整対象 調整内容
アビリティ「ライトセイヴィアー」
アビリティ「レフトセイヴィアー」
与ダメージがアップ
サポート「自動迎撃毛刃」 効果が「残りHPが少ないほどカウンター確率UP/アビリティダメージ上限UP」に変更
サポート「黄金の艶めき」 「ダメージアビリティの使用回数に応じて攻撃UP(最大10回)」が追加

アビリティが全体的に強化、ダメージ上限がアップ!

メリッサベルは、使用するたびに攻撃回数がアップする2つの「セイヴィアー」が特徴のキャラクターです。
この2つのアビリティの与ダメージがアップし、さらにアビリティ使用ごとに攻撃がアップするという強化が行われます。

また、サポートアビリティ「自動迎撃毛刃」によりHPが少ないほどアビリティダメージ上限がアップするようになったため、アビリティ「コンティニュウム」でHPを自ら減らすメリットが増えるという点でも、強化が予想されます。

レ・フィーエ(SSR 光属性)

調整対象 調整内容
奥義「セブンス・ペイン」 「味方全体に幻影効果(1回)」効果が追加
アビリティ「ジュエルミラー」 効果が「カウンター効果(回避/3回)/光属性追撃効果
◆追撃は被ダメージするまで継続」に変更

ダメージを受けるまで光属性追撃効果を付与!

アビリティ「ジュエルミラー」に光属性追撃効果が追加されました。
この効果はレ・フィーエがダメージを受けるまで継続するため、ダメージを受けなければずっと追撃効果を維持することができます。
奥義「セブンス・ペイン」の幻影効果と「ジュエルミラー」のカウンター効果によりダメージを受けにくいので、追撃による通常攻撃重視の戦法を行うことができるようになります。

イオ(リミテッドバージョン SSR 光属性)

調整対象 調整内容
奥義「クリスタル・ガスト」 追加効果が「魔力の渦Lvに応じて味方全体に強化効果」に変更
アビリティ「フラワリーセヴン」 魔力の渦Lvに応じて与ダメージ上限がアップ
アビリティ「魔力の渦」 効果が「奥義ゲージを魔力の渦効果に変換
◆奥義ゲージ消費量に応じて魔力の渦Lvが上昇」に変更
魔力の渦Lvに応じて与ダメージ上限がアップ
サポート「エンチャント・ライト」 効果が「味方全体の光属性攻撃UP ◆魔力の渦Lvに応じて効果UP」に変更

奥義でパーティ全員に「HPが多いほど攻撃UP」「ダメージ上限UP」を付与!

これまでとは大きく性能が変更されます。
イメージとしてはユーステスが近いでしょうか。

奥義ゲージを「魔力の渦」に変換し、魔力の渦レベルが上がるほど奥義やアビリティ、サポートアビリティが強化されるようになります。
特に奥義が強力で、魔力の渦Lvに応じて「再生」「HPが多いほど攻撃UP」「ダメージ上限UP」の効果がそれぞれ追加されます。

魔力の渦をためながら、奥義でパーティ全員を強化するのが主体のキャラクターになりますが、この効果を活かすためには多くの奥義ゲージが必要です。
連続攻撃率と奥義ゲージ上昇量をアップできるキャラ「アーミラ」などと組み合わせて編成しましょう。

ケルベロス(SSR 闇属性)

調整対象 調整内容
奥義「トライアド・ダムネーション」 トリプルアタック確率上昇の効果がアップ
アビリティ「トライアド・ディセプション」 「魅了」「暗闇」「灼熱」の成功率がアップ
サポート「インファーナルヘブン」 トリプルアタック確率上昇量がアップ
「トリプルアタック発動時に敵に弱体耐性DOWN(累積)」が追加

よりトリプルアタックに特化した性能に!

各種トリプルアタック率アップの効果が上昇し、さらにケルベロスがトリプルアタックアタックを行った際に敵の弱体耐性をダウンさせるようになります。
サポートアビリティ、ならびに奥義でのトリプルアタック率アップの効果はかなり大きく、通常時はおよそ50%の確率で、奥義発動後はほぼ100%トリプルアタックを行うようになりました。
トリプルアタックは敵に与えるダメージが増えるだけでなく、奥義ゲージも増えやすくなるため「奥義でトリプルアタック率アップ」「トリプルアタックで奥義ゲージを素早くためる」「奥義発動」…という戦法が行いやすくなりました。
また、トリプルアタック時は敵の弱体耐性をダウンさせる効果があるので、パーティの弱体効果成功率を高める補助も行えます。

バザラガ(SSR 闇属性)

調整対象 調整内容
奥義「カルネイジ・ムーン」
(最終解放後)
追加効果「オーバード・グロウノス」の効果がアップ
アビリティ「フォゴトゥン・テイルズ」
レベル100時
「攻撃UP」の効果がアップ
サポート「痛覚なき肉体」 「自分の残りHPが少ないほど防御UP」が追加

最終上限解放後の性能がアップ!

バザラガの性能調整は、最終上限解放後のもののみとなっています。

奥義「カルネイジ・ムーン」は、発動後にアビリティ「インスティンクション」を強化する効果が上方修正され、敵に与えるダメージがよりアップします。
また、アビリティ「フォゴトゥン・テイルズ」の効果もアップします。
攻撃アップの効果が通常の攻撃アップとは別枠になり、発動後の攻撃力が跳ね上がりました。
フォゴトゥン・テイルズ使用後に奥義やアビリティを発動することで、敵に大きなダメージを与えられるようになります。

ベアトリクス(SSR 闇属性)

調整対象 調整内容
奥義「イモータル・アソールト」 「自分の残りHPが少ないほど攻撃が大きくUP」が追加
サポート「エムブラスクの契約者」 「自分の残りHPが少ないほど回避率UP」が追加

設定通り「逆境」効果が追加!

ベアトリクスの持つ剣「エムブラスクの剣」は「追い込まれるほど力を発揮できる」という設定があります。
今回の調整では奥義「イモータル・アソールト」に逆境効果が追加され、設定とゲーム内の性能が一致するようになります。

HPが減るほど攻撃がアップし、さらに攻撃を回避できるようになるというキャラになり、かなりの強化が予想されます。

各キャラクターごとのバランス調整内容について(SRキャラ)

アビー(SR 火属性)

調整対象 調整内容
アビリティ「ムンちゃん下がってて!」 「敵対心UP」が追加
アビリティ「レイジングアーム」 「自分の残りHPが少ないほど回避率UP」が追加
サポート「真っ二つにしてやるんだっ!」 効果が「風属性の敵に対して与ダメージUP」に変更

カウンター効果が使いやすく変更!

カウンター効果のあるアビリティ「ムンちゃん下がってて!」に、敵対心アップの効果が追加されます。
アビーが敵から狙われやすくなるので、カウンター効果を発動できる機会が増え、より使いやすくなります。

また、サポートアビリティ「真っ二つにしてやるんだっ!」の効果が「風属性の敵に対して与ダメージUP」に変更されます。
この効果はダメージ上限を超えるダメージを与えることができるので、アビーをアタッカーとしてより活躍させることができるようになると予想されます。

ドロシー(SR 火属性)

調整対象 調整内容
アビリティ「お洗濯!」 効果が「ご主人様の弱体効果を全て回復/奥義ゲージUP」に変更
奥義ゲージ上昇量がアップ
アビリティ「ご奉仕!」 攻防UPの効果がアップ
サポート「ドロシーのご主人様☆」 回復量がアップ

アビリティの効果が全体的に強化!

ご主人様(主人公)のみをサポートするという変わり種のキャラクターであるドロシーは、アビリティの効果が全体的に上方修正されます。
主人公を活躍させたい場合は、優先的にドロシーを編成すると良いでしょう。

マイシェラ(SR 水属性)

調整対象 調整内容
アビリティ「ミゼラブル」 「水属性防御DOWN」効果が追加
「攻撃DOWN」の成功率がアップ
アビリティ「ドレイン」 与ダメージと与ダメージ上限がアップ
再使用間隔が9ターンから6ターンに短縮
サポート「森精の加護」 効果が「味方全体のアビリティダメージUP」に変更
サポート「美の探求」 効果が「弱体耐性UP」に変更

「ミゼラブル」に水属性防御ダウンの効果が追加!

敵の攻撃をダウンさせるアビリティ「ミゼラブル」に「水属性防御DOWN」の効果が追加されます。
主人公のExアビリティ「ミゼラブルミスト」と効果が重複するので、この2つのアビリティを組み合わせることで敵の攻撃・防御をより大きく下げることが可能です。

さらに、サポートアビリティ「森精の加護」によりパーティ全員のアビリティダメージをアップさせます。
水属性のサポート役としてマイシェラが活躍できる機会が増えるでしょう。

ヤイア(SR 土属性)

調整対象 調整内容
奥義「ヤイアのちゃーはん!」 効果が「自分以外の味方全体のHP回復/攻防UP」に変更
アビリティ「おかゆ」 回復量がアップ
再使用間隔が9ターンから7ターンに短縮
アビリティ「ふれー!ふれー!」 再使用間隔が8ターンから6ターンに短縮

奥義が自分以外のキャラを強化する効果に変更!

ヤイアの奥義「ヤイアのちゃーはん!」の効果が大きく変更されます。
敵にダメージを与える効果がなくなり、ヤイア以外のパーティ全員のHPを回復・攻防アップと、パーティをサポートする効果に変わります。
この効果は効果量がかなり大きく、パーティが敵に与えるダメージが大きくアップし、敵から受けるダメージがとても下がります。

また、アビリティ「ふれー!ふれー!」は効果時間が5ターンと長いのが特徴の攻撃アップアビリティですが、調整により再使用間隔が6ターンに短縮されます。
元々が8ターンと、効果時間に対して決して長くない再使用間隔がさらに短縮され、より使いやすくなります。

クラウディア(SR 土属性)

調整対象 調整内容
奥義「フルメタル・インパクト」 「土属性防御DOWN」が追加
アビリティ「ボディブロー」 「ダブルアタック確率DOWN」効果が追加
与ダメージ上限がアップ
再使用間隔が6ターンから4ターンに短縮
アビリティ「シエスタ」 効果が「自分のアビリティダメージとアビリティ命中率UP(1回/累積)/使用ターン防御DOWN」に変更
再使用間隔が5ターンから2ターンに短縮

アビリティダメージ強化効果の「シエスタ」が強化!

使用する度にアビリティダメージを強化する「シエスタ」の効果が強化され、アビリティの命中率がアップするようになります。
命中率が低い代わりに大ダメージを与えるアビリティ「グランツファウスト」の性能をカバーしやすくなります。

リミットボーナスによりダメージアビリティ使用時に「シエスタ」の効果がリセットされない、という効果もあるので、土属性のアタッカーに困っているプレイヤーの方におすすめしやすいキャラクターとなります。

キハール(SR 風属性)

調整対象 調整内容
アビリティ「ヴィントシュトース」 効果が「敵全体に弱体効果の数に応じて大ダメージ」に変更
与ダメージと与ダメージ上限がアップ
アビリティ「シュタイフェ・ブリーゼ」 与ダメージと与ダメージ上限がアップ

弱体効果にかかった敵に大ダメージを与えることに特化!

アビリティ「ヴィントシュトース」の効果が変更され、敵全体に弱体効果の数に応じてダメージを与えられるようになります。

キハールは弱体効果にかかっている敵に対して攻撃力がアップするので、弱体効果の敵を攻撃するアタッカーとしてより強化されると予想されます。

ダエッタ(SR 光属性)

調整対象 調整内容
アビリティ「スチールグラム」 与ダメージ上限がアップ
アビリティ「フルブレイクII」 「敵に光属性ダメージ」が追加
アビリティ「アニマルパワー」 再使用間隔が10ターンから5ターンに短縮

全アビリティが強化、アタッカーとしてパワーアップ!

ダエッタのアビリティ「スチールグラム」は敵の数が少ないほどダメージのアップする効果がありますが、与えられるダメージの上限がアップします。

また、敵の攻撃・防御などをダウンさせる「フルブレイクII」でダメージを与えられるようになり、自己強化アビリティの「アニマルパワー」の再使用間隔も短縮されるので、アタッカーとしての性能が大きく強化されます。

カリオストロ(SR 闇属性)

調整対象 調整内容
アビリティ「ファンタズマゴリア」 効果が「自分の弱体効果を1つ回復/クリティカル確率UP/特殊強化(連続攻撃確率UP/攻防UP)」に変更
レベル65時の効果量減少を削除
再使用間隔が短縮

SSRと同じく「ファンタズマゴリア」の弱点を克服!

レベル65で全体化する「ファンタズマゴリア」ですが、その際に効果量が下がるのが欠点でした。
今回の調整により、効果量が下がらなくなり、さらに再使用間隔が短縮されます。

闇属性としては貴重なサポート&回復役なので、特にキャラが不足しているプレイヤーにとってはありがたい強化です。

各キャラクターごとのバランス調整内容について(Rキャラ)

エルメラウラ(R 火属性)

調整対象 調整内容
アビリティ「特製ランチ」 「味方全体のHP回復」が追加

パーティのHPを回復できるように!

アビリティ「特製ランチ」にHP回復効果が追加されました。
リミットボーナスによりパーティ全員に再生効果を付与できるので、併用することでパーティの耐久力向上に貢献できるようになります。

リチャード(R 水属性)

調整対象 調整内容
アビリティ「レジストドロー」
アビリティ「ワイルドカード」
良い効果が出やすくなる
再使用間隔が短縮

アビリティのデメリットが緩和!

リチャードのアビリティは、使用時にパーティ全員の攻撃、防御をランダムで変動させます。
この効果の上限が上がり下限が下がるため、より良い効果を引きやすくなります。

ウェルダー(R 土属性)

調整対象 調整内容
アビリティ「カモフラージュ」 「攻撃UP」が追加
アビリティ「ブラックダウン」 与ダメージと与ダメージ上限がアップ

2つのアビリティが両方とも強化!

ウェルダーは、2つあるアビリティがどちらも強化されます。
「カモフラージュ」で攻撃を上げながら「ブラックダウン」で大ダメージを与えるのが基本的な動きになるでしょう。

ウェルダーはチュートリアルで加入するため、特にゲーム序盤での活躍が期待されます。

レオノーラ(R 風属性)

調整対象 調整内容
アビリティ「秘技・カマイタチ」 「アビリティダメージUP」が追加

アビリティダメージを強化し、「キリキリ舞い」で大ダメージ!

アビリティ「秘技・カマイタチ」にアビリティダメージアップの効果が追加されます。
敵に5回ダメージを与えるアビリティ「キリキリ舞い」で敵にダメージを与えやすくなり、ゲーム序盤は重宝するでしょう。

スポンサーリンク

グラブル攻略トップはこちら

コメント

オススメの新着記事

オススメの新着記事(5件)

【FFBE】「1日限定2周年記念レイド」の攻略とやるべきことを解説

emvius

【FFBE】「鍛鉄城メルフィキア」の攻略とおすすめの武具を解説

emvius

【FFBE】武具強化について詳しく解説

emvius

【クロノスエイジ】リセマラの当たりとやり方最高効率

dreamer

【FFBE】レイン(覚醒せし力)の評価とステータスを詳しく解説

emvius

スポンサーリンク