グランブルーファンタジー
グラブル攻略

スポンサーリンク

古戦場について

グラブルのイベント形式の1つである決戦! 星の古戦場(以下、古戦場)」は、1,2ヶ月に1回のペースで開催されます。

古戦場は騎空団(以下、団)対抗の決戦イベントです。
ボスを倒すと得られる「貢献度」で団同士が競い合います。
団ランキングで上位を目指す「予選期間」と、2つの団で1日の獲得貢献度を競い合う「本戦」が存在し、本戦で勝利すると「勲章」を手に入れることができます。

古戦場では「ヒヒイロカネ」「金剛晶」「天星器(SSR武器)」などを入手することができます。

騎空団同士で貢献度の獲得量を競い合うイベント

「決戦!星の古戦場」は、イベントボスを倒すことで獲得できる「貢献度」をどれだけ稼ぐことができるかを競い合うイベントです。

全ての騎空団で獲得貢献度を競い合い、本戦への出場権を得る「予選期間」と、
予選期間の戦績に応じて3つのクラスに振り分けられ、同じクラスの騎空団とマッチングして1日の獲得貢献度を競い合う「本戦期間」が存在します。

戦績に応じて「勲章」を入手

「予選期間に一定数の貢献度を獲得」「本戦に出場」「個人ランキングに入賞」などの条件を満たすことで、「勲章」を入手できます。
勲章を集めることで十天衆を仲間にするのに必要な「ヒヒイロカネ」や、SSR召喚石を上限解放できる「金剛晶」との交換が可能です。
特に、金剛晶は古戦場でしか獲得できません。

「戦貨」を集めて「天星器」を入手

古戦場では、クエストをクリアすることで「戦貨」を入手できます。
戦貨を2枚使用することで引くことのできる「戦貨ガチャ」では、十天衆を仲間にするために必要な「天星器」を入手できます。
すべての武器種に対応した天星器が存在します。

17年11月開催の古戦場のスケジュール

予選バトル 11/9(木)19:00 〜 11/10(金)23:59
予選結果集計 11/11(土)00:00 〜 11/11(土)06:59
インターバル 11/11(土)07:00 〜 11/12(日)06:59
本戦バトル 1日目 11/12(日)07:00 〜 11/12(日)23:59
2日目 11/13(月)07:00 〜 11/13(月)23:59
3日目 11/14(火)07:00 〜 11/14(火)23:59
4日目 11/15(水)07:00 〜 11/15(水)23:59
5日目 11/16(木)07:00 〜 11/16(木)23:59

17年11月開催の古戦場における変更点

水属性が有利な古戦場

17年11月の古戦場では、敵の属性が火属性に統一されています。
そのため、水属性のパーティで挑戦しましょう。
難易度HELLのボス「セスランス」と戦う場合、水属性以外の属性攻撃はダメージが軽減されてしまいます。

騎空団アビリティが実装

騎空団の団長・副団長・攻撃隊長・防衛隊長の各役職が発動可能な「騎空団アビリティ」が実装されます。
騎空団アビリティは各役職ごとに発動できる効果が違っており、一定時間はHPや攻撃力に補正がかかります。
これまでのスタックサポートとは違い、発動できる回数と時間に制限があるため、団内での戦略や連携が求められます。

副団長・攻撃隊長・防衛隊長は自分のアビリティを1日2回発動可能

副団長・攻撃隊長・防衛隊長は自分の役職に対応したアビリティを1日2回発動可能です。
効果を発動してから5分間は、同じアビリティの発動ができなくなります。
また、アビリティ発動中に同じアビリティを発動した場合、効果時間は加算されるのではなく上書きされます。効果時間が無駄になってしまうので注意しましょう。

団長はすべてのアビリティを発動可能だが、1日2回までしか発動できない

団長は3種類の騎空団アビリティをすべて発動可能です。
ただし、団長がアビリティを発動できるのは1日2回です。また、アビリティ毎の発動回数は各役職と共用なので、団長が1回、副団長が2回といったアビリティの発動はできません。

騎空団アビリティ 発動可能な役職 効果 効果時間
副団長アビリティ 団長・副団長 攻撃力+5%
最大HP+10%
バトル開始時の奥義ゲージ+30%
1時間
攻撃隊長アビリティ 団長・攻撃隊長 攻撃力+20% 2時間
防衛隊長アビリティ 団長・防衛隊長 最大HP+20% 2時間

古戦場期間中は役職変更が不可能に

上記の騎空団アビリティの実装により、古戦場の開催期間中は団の役職変更ができません。
役職が不在だとアビリティが発動できずに不利になってしまうので、最低1人ずつは古戦場前に任命しておきましょう。

スタックサポートが廃止

上記の騎空団アビリティの実装に伴い、これまでの古戦場に存在した「スタックサポート」が廃止されます。
これまでの古戦場ではスタックサポートにより、常時「HP30%アップ」「攻撃力30%アップ」の効果を受けることができましたが、11月の古戦場ではこの機能がなくなります。
騎空団アビリティは発動できる回数と効果時間が決まっているため、団で一気に攻勢に出るタイミングをうまく連携する必要があります。

5戦目終了後は貢献度が獲得不可能に

これまでの古戦場では本戦の5戦目が終了する0時以降にボスを倒すと、そのぶんの貢献度が個人貢献度に加算されました。
11月からは変更され、5戦目が終了したあとは貢献度が獲得できなくなります。
ランキング入りのために貢献度を稼ぎたい場合は、本戦終了前に稼ぎでおきましょう。

戦貨や経験値などの、貢献度以外の報酬は通常通り獲得可能です。

難易度HELLに新ボス「セスランス」が登場

古戦場の開催形式が一新されてから6属性の古戦場が1巡したため、今回の古戦場では召喚石としてある意味おなじみの火属性ボス「セスランス」が登場します。
HPや獲得貢献度、自発時のAP・チャンク消費、救援時のBP消費量などは、詳細が判明次第追記します。

HP25%の時の特殊行動に注意!

HP25%の特殊行動で全体に6000以上のダメージを与えてくるので、「カーバンクル・ガーネット」などの火属性カット手段を用意しておきましょう

古戦場でやるべきこと

「勲章」を集める

古戦場では条件を満たすと「勲章」というアイテムを手に入れることができます。
勲章を集めると「勲章交換」から「金剛晶」や「ヒヒイロカネ」という貴重なアイテムと交換することが可能です。
「金剛晶」はSSR召喚石を上限解放することができます。
「ヒヒイロカネ」はSSR武器を上限解放したり、十天衆と言われるSSRキャラクターを入手する素材として使用します。
勲章の入手方法は下記のようなものがあります。

予選期間に条件を満たす

予選期間に「一定以上の貢献度を一定値稼ぐ」「本戦に出場する」ことで勲章を入手することができます。
予選期間に騎空団ランキングで得た貢献度が上位の団が本戦に出場でき、より多くの勲章を獲得できる機会を得る事ができます。予選期間中にしっかり貢献度を集めましょう。

本戦で勝利する

本戦では団同士の対決で勝利するとよりたくさんの勲章を入手できます。
本戦では敗北しても少しだけ勲章を入手することもできます。
本戦出場権を得ると5戦できます。なるべく勝利して多くの勲章を獲得しましょう。

個人ランキングで入賞する

古戦場開催期間に「予選」「本戦」を通して稼いだ貢献度個人ランキングにおいて上位入賞すると勲章を入手できます。
各プレイヤー個人の貢献度を「予選」「本戦」合計した値で競われるので、勲章をたくさん得るためにより多くの貢献度を稼ぎましょう。

戦貨ガチャで「天星器」を4つ手に入れて上限解放する

古戦場でのイベントクエストをクリアすると、「戦貨」を入手できます。
戦貨を消費することで「戦貨ガチャ」を引くことができ、様々な報酬を手に入れることが可能です。
戦貨ガチャの目玉は10種類存在する「天星器」で、この武器を4つ集めて上限解放し、さらに強化していくことでSSRキャラ「十天衆」を仲間にすることができます。
戦貨ガチャで手に入る「天星器」は最初にガチャを引く前に選ぶことができるので、仲間にしたい十天衆に対応した武器を選びましょう。

古戦場のイベント期間とランキングについて

予選期間について

予選は、本戦への出場権をめぐって団同士で競争する期間です。
前回古戦場の予選成績により「予選ランキング」「シードランキング」の2つに振り分けられます。
予選ランキング3000位以上の団とシードランキング所属の団は「Aクラス」
予選ランキング3001位 〜 6000位の団は「Bクラス」
予選ランキング6001位 〜 9000位の団は「Cクラス」への出場権を獲得します。

インターバルについて

インターバル期間は、団の貢献度に変化はありません。
個人ランキングを目指す人は貢献度を稼ぎ、それ以外の人は「グラッジチャンク」を稼ぐ期間となります。

本戦期間について

2つの団がマッチングし、7時から24時の間にどれだけ貢献をを稼ぐことができるかを競い合います。
本戦には3つの「クラス」が存在し、同じクラスに所属する団の中からマッチング相手が選ばれます。

また、予選騎空団ランキングで120位以内にランクインした騎空団は、シード騎空団として次回古戦場の予選が免除され、「シード騎空団ランキング」に所属することになります。

シード騎空団ランキングについて

予選期間内に獲得した貢献度で競い合いますが、戦績に関わらず本戦への出場が可能です。

上位120位以内の騎空団は次回以降、合計3回の古戦場で予選が免除されます。さらに、ベッティングカード50枚を入手可能です。
下位120位以内の騎空団は次回の古戦場でのシード権を喪失します。

上記以外のシード騎空団は次回の古戦場でも予選が免除されます。さらに、ベッティングカード15枚を入手可能です。

昇格戦ランキングについて

本戦期間において、B・Cクラスで上位50の団は翌日、上位のクラスへと昇格します。

B・Cクラスにおいて、1〜4戦目に実施され、各日7時 〜 23時59分までに獲得した団貢献度をもとに争われます。
その日の勝敗にかかわらず、B・Cクラスのランキング上位50団は、翌日の本戦バトルにおいて1つ上のクラスへと昇格します。

上位クラスになるほど多くの勲章を手に入れることができるので、昇格には大きなメリットがあります。
また、下位クラスへと降格することはありません。

アディショナルランキングについて

本戦期間において、本戦に出場できなかった団のうち上位50の団は翌日にCクラスの本戦に出場可能です。

本戦に出場できなかった騎空団において、1〜4戦目に実施され、各日7時 〜 23時59分までに獲得した団貢献度をもとに争われます。
アディショナルランキング上位120団は、翌日の本戦バトルにおいてCクラスに参加可能です。

個人ランキングについて

予選期間から本戦5戦目翌日の朝7時までに獲得した個人貢献度の累計によって個人ランキングが決定します。
上位8万位以内のプレイヤーは、古戦場終了後に「勲章」を獲得可能です。

古戦場のイベントクエストについて

難易度「NORMAL」以外はすべてマルチバトルです。
貢献度をたくさん獲得できる「HELL」に挑むためには素材「グラッジチャンク」が必要です。

HELL以外の難易度で「グラッジチャンク」「妖しい臓肉」がドロップします。
妖しい臓肉は3個集めるとグラッジチャンクと交換することができます。

目玉型ボス

「妖しい臓肉」をドロップするボスです。名前は古戦場の属性により変わります。
「NORMAL」「HARD」「VERY HARD」が存在します。

犬型ボス

「妖しい臓肉」「グラッジチャンク」をドロップするボスです。名前は古戦場の属性により変わります。
「VERY HARD」「EXTREME」が存在します。

EXTREME+

「グラッジチャンク」をドロップするボスです。名前は古戦場の属性により変わります。
APに対するグラッジチャンク入手量が一番多いボスなので、グラッジチャンク集めに最も適しています。

HELL

古戦場の属性ごとに異なるボスが出現します。
ボスの弱点を突くことができる属性以外のキャラの攻撃は、与えるダメージを軽減されてしまう特徴があります。
HELLのボスを倒すことで多くの貢献度を獲得できます。そのため、古戦場で勝利したい場合はHELLに何度も挑むことになります。

HELLにはレベル「90」「95」「100」の3種類が存在します。
古戦場の開催日数が経過するとより上位の難易度が解禁されていき、レベルに従って難易度が難しく、敵が強くなるように設定されています。
高レベルの難易度であるほど、貢献度を多く獲得できます。同じ騎空団のメンバーと共に協力して倒し、大量の貢献度を獲得しましょう。

古戦場のマルチバトルについて

古戦場のマルチバトルは、通常のイベントのマルチバトルとは異なる点が存在します。

騎空団が劣勢だと、HPと攻撃力にボーナスがかかる

本戦期間中、自分の騎空団の貢献度が相手騎空団の貢献度より少ない場合、HPと攻撃力にボーナスがかかります(通称劣勢バフ)。
このボーナスは15分継続し、効果が切れて3時間以上経過すると、また発動します。
発動時間や発動間隔は団員それぞれでカウントされます。

発動時は、HPと攻撃力に30%のボーナスがかかり、スタックサポートと効果が重複します。
スタックサポートがHP・攻撃力ともに最大まで発動している場合、HPは30% + 30%で60%アップし、攻撃力は130% * 130% で169%となり、69%アップします。

専用の回復アイテムを使用可能

古戦場では、戦貨ガチャから入手できるアイテム「支給用ポーション」「クリアハーブ」「蘇生薬」を戦闘中に使うことができます。
ただし、これらのアイテムをいくつ持っていたとしても、戦闘に持ち込める数は決まっています。

支給用ポーションは4つまで持ち込むことができ、使用するとパーティ全員のHPを回復します。
クリアハーブは4つまで持ち込むことができ、使用するとパーティ1人の弱体効果をすべて回復します。
蘇生薬は2つまで持ち込むことができ、使用すると戦闘不能キャラを蘇生します。

古戦場での報酬の入手方法

古戦場では「戦貨」「貢献度」「討伐章」「勲章」を集めると報酬を入手することができます。
報酬の受取は、イベントトップページから行うことができます。

戦貨ガチャについて

マルチバトルをクリアすると「戦貨」を複数枚入手することができます。
イベントトップページの「報酬」タブから「戦貨ガチャ」を選ぶと、戦貨を2枚消費することで1回ガチャを引くことができます。

戦貨ガチャは引く毎にガチャの中身が減っていく「ボックスガチャ」です。
古戦場中初めてガチャを引く時に、目玉である天星器の種類を自分で選びます。天星器の種類は、その古戦場の期間中には変更することができません。

目玉報酬である天星器を引き当てると、ガチャのリセットを行うことができます。
ガチャのリセットを行うと、戦貨ガチャの中身が一新され、天星器を新たに入手できるようになります。
リセットを4回行った後は、ガチャの中身をすべて引くまではガチャのリセットを行うことができなくなります。

戦貨ガチャ1箱を全て引くのに必要な戦貨

1箱目:2886枚
2箱目:2986枚
3箱目:2986枚
4箱目:2974枚
5箱目以降:2000枚

4箱目までは天星器を引くとガチャをリセットし、次の戦貨ガチャを引くことが可能です。
5箱目以降は、ガチャの中身を全て引ききると、ガチャをリセットして次の戦貨ガチャを引くことが可能です。

貢献度について

イベントバトルやイベントマルチバトルをクリアすると、与えたダメージや敵の強さによって「貢献度」を入手することができます。
貢献度をためていくと「ゴールドムーン」「ルピ」「ガチャチケット」など色々な報酬を受け取れます。
貢献度はマルチバトルに参加してダメージを与えるとどんどん増えていくので、積極的にイベントマルチバトルに参加しましょう。

討伐章について

イベントバトルやイベントマルチバトルをクリアすると、敵の強さによって「討伐章」がドロップします。
討伐章をためていくと「マグナアニマ」「戦貨」「SSR武器」など色々な報酬を受け取れます。
討伐章はマルチバトルで少しでも貢献すればドロップするので、とにかくたくさん救援に入れば数多く入手できます。

勲章について

予選で貢献度を稼いだり、本戦での成績に応じて、「勲章」を入手することができます。
勲章は集めることで「ヒヒイロカネ」や「金剛晶」と交換することができます。

古戦場で入手できるおすすめの報酬

金剛晶

ほぼすべての召喚石を上限解放できる

SSR召喚石を上限解放できるアイテム「金剛晶」は、勲章275個と交換で入手できます。
ガチャから入手できる召喚石は複数入手することが難しく、上限解放ができないこともあります。
召喚石は最大まで上限解放を行わないと加護効果(メイン召喚石として装備した時の効果)が強化されず、真価を発揮できません。
そのため、この金剛晶を入手するのが古戦場最大の目標と言えます。
古戦場以外での入手手段はほぼありません。

SSR武器「天星器」

鍛えると十天衆を仲間にできる

光属性のSSR武器「天星器」は、戦貨ガチャから入手可能です。また、古戦場のクエストボスが稀にランダムで1つをドロップします。
この武器を4つ集めて最大まで上限解放し、さらに強化していくことでSSRキャラ「十天衆」を仲間にすることができます。
戦貨ガチャで手に入る「天星器」は最初にガチャを引く前に選ぶことができるので、仲間にしたい十天衆に対応した武器を選びましょう。

天星器は強化を進めることで、属性を自分の好きなものに変更できるという特徴があります。
天星器の中でもおすすめなのが「四天刃」です。
短剣はメイン武器として装備することが多く、奥義の追加効果が「パーティ全員の連続攻撃率アップ」ととても強力です。ぜひ6属性ぶんを揃えましょう。

ヒヒイロカネ

十天衆を仲間にするのに必須の素材

「ヒヒイロカネ」は十天衆を仲間にしたり、最終上限解放するのに必須の素材で、勲章450個と交換で入手できます。
入手機会がとても限られるアイテムなので、十天衆をたくさん仲間にしたい場合で、金剛晶が必要ない場合はこちらを交換しましょう。

SSR武器を上限解放することもできますが、その使い方はとても勿体ないので、同じ効果の「ダマスカス鋼」で行いましょう。

SSR召喚石

「属性エレメント」の入手先として優秀

古戦場限定のSSRの召喚石は、加護効果・召喚効果ともに控えめです。
ドロップ率が高く数多く入手できるので、武器や召喚石の最終上限解放に必要な素材「属性エレメント」を入手するために「エレメント化」すると良いでしょう。

スポンサーリンク

グラブル攻略トップはこちら

コメント

オススメの新着記事

オススメの新着記事(5件)

【メリメロ】最初のミラージュはどれを選ぶべきかを解説

blproto

【メリメロ】ガチャの確定演出一覧

blproto

【メリメロ】全ミラージュの評価一覧

blproto

【メリメロ】初心者が序盤にやるべきことを解説

blproto

【メリメロ】リセマラの当たりとやり方最高効率

blproto

スポンサーリンク