ハチナイ
ハチナイ(シンデレラナイン) 攻略

スポンサーリンク

デレストについて

デレスト(シンデレラストーリー)はキャラクターを育成する機能の一つです。
キャラクターにスキルを習得させる方法はデレストだけなので、デレストをプレイしてキャラクターにスキルを習得させましょう。

デレスト個別のレアスキルを習得するポイントは下記でまとめているので、参考にしてください。

デレストではスキルを習得できる

デレストでは練習を行い練習ポイントを溜めます。そして、デレスト終了時には溜めた練習ポイントを使ってキャラクターにスキルを習得させることができます。

スキルの習得はより強いキャラクターを育成するために必要不可欠なので、デレストをプレイしてスキルを習得させましょう。

習得できるスキルはストーリーごとに決まっている

デレストで習得できるスキルは、各ストーリーごとに決まっています。
習得できるスキルはデレストをプレイする前に、ストーリーのスキル一覧から確認することができます。

キャラクターが習得するスキルには「共通スキル」と「レアスキル」が存在します。共通スキルはどのデレストでも習得できますが、「レアスキル」は習得できるデレストが決まっています。

スキルを習得するには練習ポイントを消費する

デレストの最後でスキルを習得するには、練習ポイントを消費します。
練習ポイントはデレスト中の「練習」と「試合」で稼ぐことができます。効率的に「練習」をしてより多くの練習ポイントを稼ぎましょう。

デレストクリア時にはソウルストーンと部費が入手できる

デレストをクリアすると部費やソウルストーンを入手できます。
クリア時に獲得できる部費は、デレストのクリア時の評価によって増加します。
練習ポイントを多く稼いで、デレスト最後の試合に勝利するとより高い評価を得ることができます。

デレストの進め方

デレストは下記の流れで進行します。
1.オーダー編成
2.練習で練習ポイントを稼ぐ
3.試合をする
4.スキルを習得する
デレストで最も重要となるのは「練習」となります。

オーダー編成について

オーダー編成ではデレストに参加させるキャラクターを決定します。デレスト終了時にスキルを習得できるのはオーダー編成で選択したメンバーだけです。育成したいキャラクターを選択しておきましょう。
デフォルトではデレ戦と同じキャラクターが設定されています

練習について

練習では「練習メニュー」を選択して「練習ポイント」を稼ぎます。
スキル習得には練習で稼いだ「練習ポイント」が必要となります。そのため、より多くの「練習ポイント」を稼ぐ必要があります。

練習中にはエピソードが発生し「特訓」や「爆弾」が出現します。「練習ポイント」の増減に関わるので、適切に処理しましょう。詳しくは「練習の攻略ポイント」で説明いたします。

試合について

デレストの最後には紅白戦が発生します。試合に参加するメンバーは「オーダー編成」で選択したキャラクターとなります。また、キャラクターの調子は「練習」の内容によって決まります。

試合で負けるとその時点でデレストは終了するので、オーダー編成時には育てたいキャラクターだででなく、レベルが高い主力キャラクターも入れておきましょう。

スキル習得について

デレストが終わるとスキルを習得できます。スキル習得では練習ポイントがある限り、複数のキャラクターにスキルを習得させることが可能です。できるだけ多くの練習ポイントを稼いでおきましょう。

また、習得できるスキルはデレストのストーリーによって決まっています。
デレストをプレイする前に習得できるスキルを確認しておきましょう。

オーダー編成の攻略ポイント

スキルを習得できるのはオーダーに設定したキャラクターのみ

デレストの最後でスキルを習得できるのは、オーダーで選択した選手だけです。
スキルを習得させたいキャラクターを選択しましょう。
また、最後の試合に参加する選手もオーダー時に選択したキャラクターとなります。弱いキャラクターだけだと試合に勝てないので、育成済みのキャラクターも参加させておきましょう。

練習メニューはオーダーのキャラクターで決まる

キャラクターはそれぞれ「練習メニュー」を持っており、デレスト中の「練習」は「練習メニュー」を選択することで進行します。
レアリティが高いキャラクターほど効果が高い練習メニューを持っているので、できるだけオーダーにメンバーに編成しましょう。

キャラクターの属性を統一する

オーダー編成ではできるだけ同じ属性で統一することがおすすめです。
同じ属性の練習メニューは同時に使用することができるため、1ターンで大量の練習ポイントを入手できるメリットがあります。

デレストの推奨属性で統一することがおすすめ

デレストごとに推奨属性がが設定されているので、オーダー編成時はその属性で統一することがおすすめです。デレスト中に登場する練習相手の属性は、推奨属性のキャラクターが一番多く出現します。
練習相手と同じ属性の練習メニューをプレイして「やる気ゲージ」を溜めると「特訓」が発生して大量の練習ポイントを入手することができます。

練習の攻略ポイント

デレストのストーリーは複数回の練習を実行することで進行します。
デレスト中に実行できる練習回数はストーリーごとに決まっており、残りの練習回数は左上に表示されています。

練習ではオーダーで選択したキャラクターの「練習メニュー」が配られ、「練習メニュー」を実地することで練習ポイントを獲得できます。

同じ色の練習メニューはまとめて実行する

同じ色の練習メニューはまとめて実施することが可能です。
練習メニューをまとめて実行すると一度で大量の練習ポイントを獲得できるので、より効率的に練習をすることができます。

練習相手のやる気ゲージを溜める

練習相手はストーリーで決まっている

練習中、左上には練習相手が表示されており、やる気ゲージがついています。
練習相手と同じ色の練習メニューを実施することで、やる気が上昇します
どの練習相手が登場するかはストーリーごとに決まっており、オーダーによる変化はありません。
ストーリーに合わせてオーダーを編成しましょう。

練習相手のやる気ゲージがMAXになると特訓が発生

練習相手のやる気ゲージがMAXになると、その練習相手との特訓が始まります。
特訓をクリアすることで、その特訓相手との絆が深まる「絆エピソード」が発生し「絆の証」を入手できます。

アクションで練習相手のやる気を上げる

練習中には「アクション」という特殊な「練習メニュー」が出現します。「アクション」には練習相手のやる気が上昇するなどの効果があるので、出現した場合は実行できるか確認しましょう。

「アクション」には発動条件が設定されており、画面の右側で確認できます。
基本的に「アクション」は特定の「練習メニュー」と一緒に選択することで発動します。

特訓をクリアするためのポイント

パワー・スピード・テクニックのゲージをMAXにすると特訓クリア

特訓ではパワー、スピード、テクニックの全ゲージをMAXにするとクリアできます。
また、特訓ではオーダー編成で選んだキャラクターが特訓メンバーとして登場します。
特訓メンバーを選んで特訓するとゲージが溜まり、限られたターン内ですべてのゲージをMAXするとクリアとなります。

特訓をクリアすると「絆の証」を入手

特訓をクリアすると「絆の証」を入手できます。「絆の証」はデレストの試合でキャラクターの調子に影響するため、試合で勝つためにも特訓をクリアしておきましょう。

特訓クリア時に入手できる「絆の証」は特訓相手の選手の色と同じです。
また、特訓をクリアすると特訓レベルが上がり、次の特訓の難易度が高くなります。高難易度の特訓ほど得られる「絆の証」も増加します。

爆弾は早めに取り除く

練習中に悪いエピソードが発生すると練習メニューの中に「爆弾」が出現します。
「爆弾」は一定ターンが経過すると爆発します。爆発すると練習ポイントややる気がダウンするので、発生したら早めに処理しておきましょう。

爆弾の処理方法

爆弾を選択すると画面右に処理する方法が表示されます。
処理方法に記載された「練習メニュー」と爆弾を選択して、一緒に実行することで爆弾を処理することができます。

練習メニューを追加する

練習ポイントを使用することで「練習メニュー」が追加できます。練習ポイントで追加できる「練習メニュー」は効果が高いものが多いので、早めに追加しておきましょう。
追加した「練習メニュー」はNEXT枠に入るので次のターンに使用することができます。
また、「練習メニュー」を使い切ると「練習メニュー」がシャッフルされてもう一度使えるようになります。

追加する練習メニューは同じ属性が増えるようにする

追加する練習メニューは次のターンにまとめて実行できる属性を選びましょう。追加した練習メニュー次引くカードの先頭に追加されます。次に引くカードは見えているので、手札に残る練習メニューと合わせて一番多くなる属性の練習メニューを追加しましょう。

スポンサーリンク

ハチナイの攻略 / 情報 トップはこちら

コメント

guremurinさんの記事

guremurinさんの作成した記事の新着

【ハチナイ】デレストの攻略ポイントを詳しく解説

guremurin

【ハチナイ】デレストの攻略と一覧

guremurin

【ハチナイ】スカウト「陽炎立つ甲子園の道」のキャラクター評価

guremurin

【ハチナイ】ゼリー持ちのキャラクター一覧

guremurin

【ハチナイ】ポテンシャルの上げ方と効果を解説

guremurin

» guremurinさんの記事をもっと見る

スポンサーリンク