艦隊これくしょん
艦これ攻略

スポンサーリンク

鎮守府秋刀魚祭り(2017)について

鎮守府秋刀魚祭りは期間限定のプチイベントです。
秋刀魚祭りでは、漁城となる海域で敵艦隊を撃破すると、一定確率で「秋刀魚」を入手できます。

6-1は秋刀魚だけが目当てであればあまりドロップ率はよくありませんが
・海防艦が2種類ドロップする
・資源消費が軽い
の2点が魅力です。

一方で
・編成を軽くすると道中撤退率が高くなる
・道中撤退率を低くすると資源消費が重くなる
・どちらであってもバケツの消費量が多い
といった欠点も存在します。

国後・松輪がドロップする

6−5ではボスマスで国後・松輪の2種類の海防艦がドロップします。
松輪の2隻目以降を狙うには6−1か6−5の2択ですが、6−5は資源消費が激しい上にボス到達があまり安定しません。
一方で6−1は資源消費が少なくボス到達が安定しない海域なので、どちらで掘るのかは好みとなっています。

また、下ルートの4戦目で国後のドロップが報告されています。

鎮守府秋刀魚祭り(2017)6-5周回のおすすめ編成

6-5下ルート周回時のおすすめ編成と装備

6−5では、「戦艦2以下」「雷巡と空母が0」「駆逐2軽巡1を含む」の条件を満たすことで、下ルートで進むことができます。
下ルートは道中で4回の戦闘があるためボスマスでの勝利は困難ですが、道中で秋刀魚のドロップポイントが3箇所あるのが大きな魅力です。

出撃時の制空値は制空値70前後を目標に

6−5では出撃時の制空値が69あれば、航空優勢を取ることが可能です。
敵に航空戦力が有るのはIマスだけですが、あまりギリギリだと優勢にならない場合があるので気をつけましょう。
航巡と航戦に二式水戦と瑞雲を1つずつ装備すれば、多くの場合は条件を満たせます。
航戦2隻に瑞雲12型、航巡に二式水戦と瑞雲を装備させれば確実です。

先制対潜艦を編成する

6−5下ルートでは1戦目に潜水艦が出現するため、先制対潜が可能な艦を編成しましょう。
ただし、4戦目は夜戦マスのため、夜戦連撃ができるようにしておく必要もあります。

駆逐艦は、ケッコンカッコカリなしでもソナー1つで先制対潜が可能なのは朝潮改二丁だけです。

航戦×2 装備1 大口径主砲
装備2 大口径主砲
装備3 秋刀魚漁装備
装備4 瑞雲
航巡 装備1 中口径主砲
装備2 中口径主砲
装備3 水上戦闘機
装備3 偵察機 or 秋刀魚漁装備
駆逐
軽巡
装備1 小(中)口径主砲
装備2 小(中)口径主砲
装備3 ソナー

スポンサーリンク

艦これ攻略トップはこちら

コメント