逆転オセロニア
オセロニア攻略

スポンサーリンク

神属性の最強キャラ駒ランキング

神属性の最強キャラ駒について

神属性統一デッキの使用されることを前提に、神属性キャラ駒の強さをランキング形式で解説しています。神属性デッキを組む際や、リセマラで神属性キャラ駒を狙う場合の参考にしてください。
全属性を合わせた最強ランキングは下記で解説しています。

神属性の最強ランキング

順位 キャラ駒 スキル
コンボスキル
1
ヴィクトリア

【進化】
ヴィクトリア

特殊ダメージ
スキル発動時のHPが50%以下の時に発動できる。通常攻撃ダメージの1.6倍の特殊ダメージを与える。
特殊ダメージ
ターン開始時の自分のHPが50%以下の時に発動できる。自分のスキル発動時のHPが減少する程ダメージが上昇し、最大4500の特殊ダメージを与える。
2
ローラン

【進化】
ローラン

攻撃力アップ
ターン開始時のHPが70%以下の時に発動できる。通常攻撃が2倍になる。
攻撃力アップ
このキャラも含む盤面の自分の神駒1枚につき、通常攻撃が1.3倍になり、最大で2倍になる。
3
ファヌエル

【進化】
ファヌエル

[リンク]召喚
ターン開始時、盤面に神駒が1枚以上の時に発動できる。盤面で表になっている3ターンの間、ターン開始時の盤面の駒のうち、自分の駒でキャラ駒でない駒にランダムで1つエスペランサを召喚する。
特殊ダメージ
自分のスキル発動時のHPが減少する程ダメージが上昇し、最大5000の特殊ダメージを与える。
4
アンドロメダ

【闘化】
アンドロメダ

防御
盤面で表になっている3ターンの間、受けた通常ダメージと特殊ダメージを70%にする。
特殊ダメージ
2枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。通常攻撃ダメージの1.6倍の特殊ダメージを与える。
5
ジークフリート

【闘化】
ジークフリート

[リンク]特殊ダメージ
自分のデッキの駒がすべて神属性のとき発動できる。通常攻撃ダメージの130%の特殊ダメージを与える。
特殊ダメージ
ターン開始時の自分のHPが40%以下の時に発動できる。自分のスキル発動時のHPが減少する程ダメージが上昇し、最大4800の特殊ダメージを与える。
6
ミアクレル

【闘化】
ミアクレル

特殊ダメージ
直前の相手のターンに1枚以上ひっくり返されている場合に発動できる。通常攻撃ダメージの115%の特殊ダメージを与える
マス変換
この駒の周囲のまだ駒が置かれていないマスをランダムに4個敵用の封印マスに変換する。
7
キムンカムイ

【闘化】
キムンカムイ

攻撃力アップ
盤面で表になっている3ターンの間、自分の神駒のATKが1.4倍になる。
攻撃力アップ
自分のHPが減少するほど通常攻撃が上昇し、最大で2.0倍になる。
8
ゼルエル

【闘化】
ゼルエル

攻撃力アップ
このキャラも含む盤面の自分の神駒1枚につき、通常攻撃が1.3倍になり、最大で1.9倍になる。
攻撃力アップ
自分のHPが減少するほど通常攻撃が上昇し、最大で1.9倍になる。
9
ヒアソフィア

【進化】
ヒアソフィア

攻撃力ダウン
盤面で表になっている1ターンの間、相手のATKが99%減少する。
回復
ひっくり返したあとの盤面の自分の駒数×230のHPを回復する。
10
マクス

【進化】
マクス

防御
盤面で表になっている4ターンの間、受けた通常攻撃ダメージを70%にする。
特殊ダメージ
ターン開始時のHPが50%以下の時に発動できる。通常攻撃ダメージの1.7倍の特殊ダメージを与える。

神属性の最強キャラ駒の詳しい解説

【進化】ヴィクトリア

スキルで高火力の特殊ダメージを与えられる

ヴィクトリアのスキルはS駒の中でもトップクラスである、通常攻撃の1.6倍の特殊ダメージを与えます。
ダメージ量は攻撃力によって上昇するため、攻撃力アップ系のコンボスキルと相性がいいです。コンボスキルと絡めて一撃必殺を狙いましょう。

序盤に引くと腐ってしまう

ヴィクトリアはスキル・コンボスキルともにHPが50%以下のときにしか発動できないため、序盤に使用することはできません。
ヴィクトリアを使用する場合は、蘭陵王など攻撃力アップのオーラスキルを持つキャラクターを使用することが多いため、手駒が2枠つぶれることになります。
そのため、序盤に引いてしまうと、手駒の選択肢が狭くなります。

【進化】ローラン

通常攻撃型のフィニッシャー

ローランはヴィクトリア同様に大ダメージを与えられるフィニッシャーです。ヴィクトリアとの大きな違いは、通常攻撃ダメージで攻撃することで、特殊ダメージ罠を張ってきた相手の裏をかくことができます。神属性のキャラ駒は「ヴィクトリア」「ジークフリート」「ミアクレル」など、特殊ダメージが強力な駒が多いため、通常攻撃で罠を回避できるローランは優秀なフィニッシャーです。

【進化】ファヌエル

3ターンの間、出てくる召喚駒でコンボスキルを狙いやすい

ファヌエルは召喚スキルを持っており、3ターンの間「エスペランサ」をランダムな自駒の上に1体召喚します。召喚駒の「エスペランサ」は、盤面にある自分の神駒の枚数に応じて攻撃力が上昇するコンボスキルを持っており、コンボスキルから大ダメージを狙うことができます。
また、「エスペランサ」は通常攻撃と特殊ダメージを軽減する防御スキルを持っているので、ひっくり返されてもHPを守ってくれます。

【闘化】アンドロメダ

防御スキルで通常ダメージと特殊ダメージの両方を軽減

アンドロメダ(闘化)のスキルは通常ダメージと特殊ダメージの両方を軽減できます。
受けるダメージを70%に軽減することができる上に効果ターンが長いので、バトル中盤~終盤に出すと相手にとって、かなり邪魔になるキャラクターです。

コンボスキルは発動条件が緩く与えるダメージが大きい

アンドロメダ(闘化)のコンボスキルは、2枚以上ひっくり返せるマスで発動でき、通常攻撃の1.6倍の特殊ダメージを与えます。
条件を満たしやすい上に倍率が高いため、相手のHPをどんどん減らすことができます。

【闘化】ジークフリート

緩い条件で高火力の特殊ダメージ

ジークフリート(闘化)のスキルは、デッキの駒がすべて神属性の場合に発動可能で、通常攻撃の130%の特殊ダメージを与えます。
神属性のデッキであること以外に条件がないので発動しやすく、ダメージ倍率がとても高いのが魅力です。
試合序盤から大ダメージを与えたり、コンボスキルで通常攻撃を上昇させることでフィニッシャーにしたりと、多彩な活用法が存在します。

コンボスキルはHPが減るほど高火力の特殊ダメージ

ジークフリート(闘化)はコンボスキルも強力です。HPが40%以下でないと発動できませんが、発動時のHPが少なくなるほど大ダメージを与えます。
最大4800の特殊ダメージを与えるので、発動条件を満たしている時は積極的に狙っていきたい効果です。

【闘化】ミアクレル

2ターン目以降ならほぼ確実に発動できる特殊ダメージスキル

ミアクレル(闘化)のスキルは、直前の相手のターンに1枚以上ひっくり返されている場合に発動でき、通常攻撃の115%の特殊ダメージを与えます。
2ターン目以降ではほぼいつでも発動できるので、扱いやすい点が強力です。

封印マスで相手を妨害

ミアクレル(闘化)のコンボスキルは、まだ駒の置かれていないマスをランダムで4つ、敵用の封印マスに変換します。
対象マスを選べない欠点はあるものの、封印マスではスキルを発動できなくなるので、相手の動きを制限することが可能です。

【闘化】キムン・カムイ

3ターンの間、自分の神駒のATKを1.4倍にする置きバフスキル

キムン・カムイ(闘化)のスキルは、3ターンの間自分の神駒のATKを1.4倍にします。
ジークフリートやヴィクトリアなど、ATKが高いほど大ダメージを与える神属性のフィニッシャーとの相性が良く、キムン・カムイのスキルと組み合わせることで大ダメージを与えることができます。

自分のHPが減少するほど通常攻撃を上昇させるコンボスキル

キムン・カムイ(闘化)は、コンボスキルでも攻撃を強化します。
自分のHPが減少するほど効果が大きくなり、最大で2倍に強化します。
スキルと組み合わせることで通常攻撃が最大2.8倍にまで強化されるので、フィニッシャーと組み合わせれば一気に試合を終わらせることができます。

【進化】ヒアソフィア

1ターンのみ相手のATKを99%減少するスキル

ヒアソフィア(進化)のスキルは、1ターンの間相手のATKを99%減少させます。
減少率が非常に高いため、次のターンはほとんどダメージを受けません。置きバフや時限スキルの発動ターンに発動できれば、受けるダメージを大きく減らすことができます。
また、貫通スキルによるダメージも減らすことが可能です。

盤面の駒数に応じてHPを回復するコンボスキル

ヒアソフィア(進化)のコンボスキルは、盤面の駒数×115のHPを回復します。
駒の総数なので、盤面の駒数が増える試合終盤になるほど高い回復力を発揮できます。

【進化】マクス

4ターンもの間通常攻撃を70%に軽減

マクスのスキルは、盤面で表になっている4ターンの間、通常攻撃ダメージを70%に軽減します。
特殊ダメージを軽減出来ない代わりに、継続ターンが4ターンと長めなのが特徴です。

倍率の高い特殊ダメージを与えるコンボスキル

マクスのコンボスキルは、ターン開始時のHPが50%を下回っていないと発動できませんが、特殊ダメージの倍率が高いのが特徴です。
通常攻撃の強いフィニッシャーと組み合わせれば、一気に試合を終わらせることも可能です。

スポンサーリンク

オセロニア攻略トップはこちら

コメント