逆転オセロニア
オセロニア攻略

スポンサーリンク

強駒パレードは引くべき?

強駒パレードから排出されるキャラ駒は、エクストラパックなどの通常ガチャよりも強い駒が多いので、比較的おすすめのガチャです。ただし、月末に開催される超駒パレードに比べると使用率が高いキャラ駒が少なくなっています。必要なキャラ駒がない人は月末に開催される超駒パレードを引きましょう。

強駒パレードの開催期間

6月の強駒パレードはいつ?

6月の強駒パレードは6月15日(金)12時から開催されます。

強駒パレードの新規追加キャラ駒

6月の強駒パレードでは神属性のヒルデブランドが追加されています。ヒルデブランド(闘化)は神属性版のアズリエルといえる性能を持っており、バトル序盤のアタッカーとして非常に優秀です。神属性殴りデッキや混合殴りデッキを使用している人は狙ってみましょう。

キャラ駒属性スキル
レアコンボスキル
ヒルデブラント

ヒルデブラント(進化)

攻撃力ダウン
盤面で表になっている2ターンの間、相手のATKが45%減少する。
S+特殊ダメージ
ターン開始時のHPが50%以下の時に発動できる。盤面の駒の総数×140の特殊ダメージを与える。
ヒルデブラント(闘化)

ヒルデブラント(闘化)

特殊ダメージ
盤面で表になっている3ターンの間、毎ターン1200の特殊ダメージを与える。
S+特殊ダメージ
ターン開始時の盤面の駒の総数が12枚以上のときに発動できる。通常攻撃ダメージの1.4倍の特殊ダメージを与える。

「強駒パレード」の当たりキャラ駒ランキング

強駒パレードのSSランク(大当たり)キャラ駒

キャラ駒属性進化評価
ヒアソフィア

ヒアソフィア

進化9/10
闘化810
スパルム

スパルム

進化7/10
闘化9/10
桜骸丸

桜骸丸

進化10/10
闘化7/10

強駒パレードのSランク(当たり)キャラ駒

キャラ駒属性進化評価
ダウスタラニス

ダウスタラニス

進化9/10
ニコ

ニコ

進化8/10
闘化9/10
ルクスリア

ルクスリア

進化9/10
闘化7/10
ククルカ

ククルカ

進化6/10
闘化8/10
アウロラ

アウロラ

進化8/10
ヴィルニー

ヴィルニー

進化8/10
闘化6/10
ガルディラ

ガルディラ

進化8/10
闘化7/10
クローマ

クローマ

闘化9/10
闘化7/10
闘化6/10
グランティス

グランティス

進化7/10
闘化8/10
トルトゥーラ

トルトゥーラ

進化8/10
闘化7/10
マクス

マクス

進化9/10
メイファ

メイファ

進化7/10
闘化8/10
レヴメナス

レヴメナス

進化8/10
闘化7/10
廻魏羅

廻魏羅

進化7/10
闘化8/10

強駒パレードのAランクキャラ駒

キャラ駒属性進化評価
アイレ・ストルム

アイレ・ストルム

進化6/10
闘化5/10
侵食王モルフス

侵食王モルフス

進化7/10
バステト

バステト

進化7/10

強駒パレードSSランク(大当たり)キャラ駒の評価

ヒアソフィア

ヒアソフィア(進化)は1ターンだけですが相手のATKを99%ダウンさせることができます。最強の防御系スキルとなっており、相手の時限スキルが発動するターンなどに合わせて出す運用が非常に強力です。

キャラ駒属性スキル
レアコンボスキル
ヒアソフィア

【進化】
ヒアソフィア

攻撃力ダウン
盤面で表になっている1ターンの間、相手のATKが99%減少する。
S+回復
ひっくり返したあとの盤面の自分の駒数×230のHPを回復する。
ヒアソフィア(闘化)

【闘化】
ヒアソフィア

防御
ターン開始時のHPが40%以下の時に発動できる。盤面で表になっている2ターンの間、受けた通常攻撃ダメージの40%にする。
S+回復
ひっくり返したあとの盤面の自分の駒数×230のHPを回復する。

スパルム

毒デッキのリーダー向けのキャラクターです。
盤面に設置してからターンが経過すればするほどダメージが増していく毒スキルを持っています。序盤に設置してひっくり返されなければ一枚でゲームを決めることが可能です。
コンボスキルも使いやすく、毒パーティでは必須といってもよいキャラクターです。

キャラ駒属性スキル
レアコンボスキル
スパルム

【進化】
スパルム


盤面で表になっている間、毎ターン500の毒ダメージを相手に与える。与えるダメージは毎ターン50ずつ上昇する。
S+攻撃力アップ
自分のHPが減少していないほど通常攻撃が上昇し、最大で2倍になる
スパルム(闘化)

【闘化】
スパルム


盤面で表になっている間、毎ターン100の毒ダメージを相手に与える。与えるダメージは毎ターン200ずつ上昇する。
S+攻撃力アップ
自分のHPが減少するほど通常攻撃が上昇し、最大で2倍になる。

桜骸丸

桜骸丸(進化)はどの属性でも使用できる「貫通」スキルを持っており、攻撃型のデッキで主力となれるキャラ駒です。
最強の竜駒である「ジェンイー」や「レグス」にも引けを取らない性能を持っているので、進化させてデッキに入れましょう。

キャラ駒属性スキル
レアコンボスキル
桜骸丸

【進化】
桜骸丸

[貫通]攻撃力アップ
ターン開始時の盤面の駒の総数が12枚以下のときに発動できる。通常攻撃が2倍になる。このターン与える通常攻撃ダメージは、相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない。
S+攻撃力アップ
ターン開始時のHPが80%以下の時に発動できる。通常攻撃が1.7倍になる。
桜骸丸(闘化)

【闘化】
桜骸丸

[リンク]暗黒
自分のデッキの駒がすべて竜属性のとき発動できる。通常攻撃が1.8倍になる。
さらに次の自分ターン開始時、自分の手駒をランダムで2つ呪い状態にする。毎ターン開始時、自分は手駒の呪い1つにつき自分の最大HPの3%の呪いダメージを受ける。
S+攻撃力アップ
2枚以上ひっくり返せるマスで発動できる。通常攻撃が1.8倍になる。

強駒パレードSランク(当たり)キャラ駒の評価

ダウスタラニス

スキルは2枚以上ひっくり返せるマスで発動できるため、デッキにしばられずに使用可能です。
スキルにより、敵の妨害やカウンターの効果をすべて無視して敵に貫通ダメージを与えることが可能です。デッキに縛られずに使用可能な貫通効果を持つキャラクターの中は最もスキルが使いやすく、攻撃力も高いため、初心者の方にも非常におすすめです。

アウロラ

アウロラは盤面で表になっている3ターンの間、受けた特殊ダメージを35%にします。
神属性デッキはほとんどのダメージが特殊ダメージのため、神属性デッキに対して非常に強いキャラクターです。
スキルはデッキにしばられずに使用可能なため、どのデッキでも特殊ダメージ対策として入れることができます。
また、コンボスキルの攻撃力も高く、フィニッシャーとしても活躍が可能です。

ヴィルニー(魔)

ヴィルニーは進化するとダメージの大きい特殊ダメージスキルを、闘化すると混乱スキルを持っています。混乱は効果が見えづらく相手に対して効いているかが分かりにくいスキルです。進化の特殊ダメージはHP70%以下という条件がありますが、魔駒の中ではトップクラスのダメージ量を持っています。

ガルディラ(竜)

ガルディラ(進化)は竜駒の基本ATKを1.4倍にする攻撃力アップのバフスキルを持っています。1枚ちょうどひっくり返せるマスでしか発動しないため、少々使いにくいところがありますが、味方をサポートできる強力なスキルです。
ガルディラ(闘化)もサポート系のスキルを持っています。時限スキル(2ターン後発動)で、そのターン間だけ手駒にある竜駒の攻撃力が1.8倍に上昇します。時限スキルは発動まで守る必要があるので、進化の方が使いやすいです。

クローマ(3属性闘化)

クローマは神・魔・竜の3属性に闘化できるキャラ駒です。そのため、自分が組みたいデッキやの属性や集まった駒に合わせて、属性を変更することができます。
属性の選ばない場合は神属性が一番使いやすいので、神属性に闘化させることをおすすめします。

グランティス(竜)

グランティスは進化と闘化をすることができる竜駒です。
進化はチャージスキルを持っています。超駒パレードの「静音(闘化)」と似たスキル・コンボスキルを持っており、攻撃力が「静音(闘化)」よりも低いです。概ね、「静音(闘化)」の劣化版といえる性能となっています。
闘化は新スキル「暗黒」を持っています。「暗黒」には攻撃力アップと呪いの効果がついており、呪いダメージを含めると結構なダメージ量を誇ります。

トルトゥーラ(魔)

トルトゥーラは進化と闘化をすることができます。どちらも「罠」スキルを持っており、発動条件が異なります。進化の罠は相手の攻撃時に発動し、闘化の罠は2枚ちょうどひっくり返されたときに発動します。
ダメージ量は闘化の方が多いですが、進化の方が発動条件が緩く確実に狙えるため進化をおすすめします。

マクス(神)

マクスは防御スキルを持っており、通常攻撃に対して非常に強いキャラ駒です。
盤面で表になっている4ターンの間、受ける通常攻撃ダメージを70%に軽減することができるため、竜属性デッキに対しては滅法強いです。

メイファ(神)

メイファは7月の強駒パレードで追加された新キャラクターです。
メイファ(闘化)はトップクラスの倍率を誇る攻撃力上昇のバフスキルが非常に強力で、発動ターンにフィニッシャーの「ジークフリート(闘化)」や「ヴィクトリア」などを出せば、相手を即死させることもできます。

レヴメナス(竜)

闘化レヴメナスのスキルは竜属性デッキでは最強クラスのスキルです。
スキルにより、レヴメナスの次のターンに出した自身の竜駒に、ATK1.4倍+相手の防御・罠・カウンターの効果を受けない貫通効果を付与します。
レヴメナス自身はアタッカーとして活躍することがありませんが、レヴメナスの次に出した駒はゲームを終わらせるほどの大ダメージを叩き出すことができます。
そのため、竜属性デッキのキーキャラクターとして活躍が可能です。

ルクスリア

ルクスリアの進化はHPが減少しるほどダメージが上昇する特殊ダメージスキルを持っています。最大で4800と高威力の特殊ダメージを打てるため魔属性デッキのフィニッシャーにおすすめです。
また、闘化した場合は相手が2枚以上「呪い」状態の駒を持っている場合、発動する特殊ダメージスキルが強力です。「呪い」デッキでしか使用できませんが、闘化もフィニッシャーとして優秀です。

ニコ

ニコは進化すると通常攻撃ダメージに、闘化すると特殊ダメージに特化したキャラ駒となります。
特に闘化の特殊ダメージはダメージ量がATKに依存しない固定ダメージとなっているため、ATKダウンのギミックがある決戦イベント活躍します。

ログウィラン

ログウィランは「アンデッド」スキルを持つS駒です。S駒で「アンデッド」スキルを持つ初めての駒となっており、4ターンの間「アンデッド」状態が継続します。
毒ダメージが飛んでくる魔属性の決戦イベントでは非常に優秀な駒となります。

ククルカ

ククルカは闘化すると、相手の手駒2枚に呪いを付与しつつ、1200の特殊ダメージを与える強力な怨念スキルをもっています。スキルはデッキが魔属性で統一されていれば確実に発動するため使いやすく、1ターン目から相手にプレッシャーをかけられるキャラ駒となっています。

強駒パレードAランクキャラ駒の評価

アイレ・ストルム

「アイレ・ストルム」進化と闘化があり、どちらも攻撃力アップのバフを持っています。スキルの発動条件は残HPの量で決まります。進化のスキルはHP70%以下、闘化のスキルはHP25%以下で発動します。
進化のスキルはバトル中盤なら発動できそうですが、闘化のスキル条件はなかなか達成できません。また、進化はコンボスキルの発動条件がHP30%以下となっており発動が困難です。
スキル・コンボスキルの発動条件が厳しいキャラ駒なので、低い評価となっています。

侵食王モルフス

バステトのスキルは自分が最大HP10%のダメージ受けて、受けたダメージの150%を相手与えることができます。HPが高いデッキであれば使えますが、普通のデッキでは最大HP10%のダメージはかなり痛いです。
また、コンボスキルは回復となっており、自ターンにダメージを与えて短期決戦することができません。スキルとコンボスキルが噛み合っていないため、低い評価としています。

バステト

バステトのスキルは自分が最大HP10%のダメージ受けて、受けたダメージの150%を相手与えることができます。HPが高いデッキであれば使えますが、普通のデッキでは最大HP10%のダメージはかなり痛いです。
また、コンボスキルは回復となっており、自ターンにダメージを与えて短期決戦することができません。スキルとコンボスキルが噛み合っていないため、低い評価としています。

スポンサーリンク

コメント

利用規約を閲覧の上ご利用ください

オススメの新着記事

【モンスト】瀬田宗次郎の最新評価と適正クエスト

【モンスト】瀬田宗次郎(せたそうじろう)(究極)の適正キャラと攻略ポイントを解説

【グラブル】「ゼノコキュートス(MANIAC)」の攻略とおすすめドロップ

【グラブル】「ゼノコキュートス(EXTREME)」の攻略とおすすめドロップ

【オセロニア】「大決戦 暗黒武術会」の攻略とおすすめキャラ駒を解説

スポンサーリンク