逆転オセロニア
オセロニア攻略

スポンサーリンク

カーバンクルの入手方法

逆転オセロニアの「カーバンクル」は特定キャラ駒の闘化素材として使用します。カーバンクルの一覧は下記となっており、「ダイヤモンド」「プラチナ」「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」の5種類がいます。

クラスマッチのランキング報酬で手に入れる

月末のクラスボーナスで入手可能

カーバンクルはクラスマッチの報酬で入手することができます。
入手できるカーバンクルの種類や数はクラスによって異なり、より高いランクでクラスマッチを終えるほど、もらえるカーバンクルも豪華になります。

クラスと入手できるカーバンクルの数

クラスマッチのランクごとに配布されるカーバンクルの種類と数は下記のようになっています。
「ダイヤモンド・カーバンクル」はクラス「ダイヤモンド」でしか入手できないので、ほしい場合はダイヤモンドクラスを目指しましょう。

ランク報酬のカーバンクル
ダイヤモンドダイヤモンド・カーバンクル×1
プラチナ・カーバンクル×2
ゴールド・カーバンクル×3
シルバー・カーバンクル×4
ブロンズ・カーバンクル×5
プラチナ プラチナ・カーバンクル×1
ゴールド・カーバンクル×2
シルバー・カーバンクル×3
ブロンズ・カーバンクル×4
ゴールド ゴールド・カーバンクル×1
シルバー・カーバンクル×2
ブロンズ・カーバンクル×3
シルバー シルバー・カーバンクル×1
ブロンズ・カーバンクル×2
ブロンズ ブロンズ・カーバンクル×1

バトルコインと交換する

バトルコインはキャラ駒との交換がおすすめ

カーバンクルは「ショップ」から「バトルコイン」と交換することができます。
ただし、バトルコインとカーバンクルを交換するのはオススメしません。バトルコインは「エンデガ」など強力なキャラ駒との交換にも使用します。バトルコインの交換はカーバンクルよりもキャラ駒を優先した方が戦力アップに繋がります。

カーバンクルと必要なバトルコインの枚数

カーパンクルとの交換で必要となるバトルコインの枚数は下記となります。
月ごとに交換数の上限があるので注意しましょう。

カーバンクルの種類必要枚数交換上限
ダイヤモンド・カーバンクル100枚2回
プラチナ・カーバンクル80枚3回
ゴールド・カーバンクル60枚6回
シルバー・カーバンクル40枚6回
ブロンズ・カーバンクル20枚10回

カーバンクルの使いみち

カーバンクルはキャラ駒の闘化素材に使用します。
カーバンクルはランキング報酬とバトルコイン交換しか入手方法がないため、非常に貴重な闘化素材となります。カーバンクルで闘化させるおすすめキャラクターも解説しているので、参考にしてください。

カーバンクルを闘化素材に使用するキャラ駒

クラスマッチ報酬やバトルコイン交換キャラの闘化に必要

カーバンクルを闘化素材に使用するキャラ駒は「ヴァイセ」などクラスマッチ報酬で入手できるキャラ駒と、「ムーニア」などバトルコイン交換で入手できるキャラ駒となります。
ガチャや決戦イベントで入手するキャラ駒の闘化素材には必要ありません。

カーバンクルは貴重な上、クラスマッチ報酬やバトルコイン交換のキャラ駒は、進化の方が強い駒が多いです。闘化して強くなるかどうか、自分のデッキに合うかを検討した上で闘化させましょう。

闘化するべきおすすめのキャラ駒

闘化させる駒のおすすめは「ムーニア」「ニケ」「ルクセリオン」です。
「ムーニア(闘化)」は神属性の攻撃力を1.4倍するオーラスキルを持っています。季節限定キャラ駒の「ニューイヤー・蘭陵王」の代わりとなる駒なので、神属性デッキのリーダーに最適です。

「ニケ」は強力な特殊ダメージを持っておりデッキのフィニッシャーになります。また、「ルクセリオン」は攻撃力アップスキルで味方をサポートすることができます。

カーバンクルで闘化するキャラ駒の一覧

闘化素材にカーバンクルを使用するキャラ駒と闘化素材を紹介します。各キャラ駒を闘化すべきかも簡単に解説しているので、闘化させるキャラ駒の参考にどうぞ。

キャラ駒と闘化素材一覧

キャラ駒カーバンクルその他素材
アゲハ

アゲハ

プラチナ×3
ゴールド×3
シルバー×5
エビルソウル×3
アプサラス

アプサラス

ブロンズ×5ゴッドソウル×3
ヴァイセ

ヴァイセ

プラチナ×3
ゴールド×3
シルバー×5
ゴッドソウル×3
カミュ

カミュ

ブロンズ×5エビルソウル×3
クリムゾンニトルス

クリムゾンニトルス

プラチナ×3
ゴールド×3
シルバー×5
ドラゴソウル×3
グエリアス

グエリアス

ダイヤモンド×4
プラチナ×6
ドラゴソウル×6
テレジア×2
グリードドラグーン

グリードドラグーン

プラチナ×3
ゴールド×3
シルバー×5
ドラゴソウル×3
シベリウス

シベリウス

プラチナ×3
ゴールド×3
シルバー×5
ゴッドソウル×3
ニケ

ニケ

ダイヤモンド×2
プラチナ×3
ゴールド×5
ゴッドソウル×3
ブランジェッタ

ブランジェッタ

ダイヤモンド×4
プラチナ×6
エビルソウル×6
モルアナ×2
ムーニア

ムーニア

ダイヤモンド×4
プラチナ×6
ゴッドソウル×6
アルキメデス×2
ルクセリオン

ルクセリオン

ダイヤモンド×2
プラチナ×3
ゴールド×5
ドラゴソウル×3
ルキア

ルキア

ゴールド×2
シルバー×3
ブロンズ×5
エビルソウル×3
レイファ

レイファ

シルバー×3
ブロンズ×5
ドラゴソウル×3

キャラ駒は進化と闘化どっちがおすすめ?

アゲハは闘化がおすすめ

カミュは進化・闘化ともに罠スキルを持っています。
発動条件はどちらもひっくり返された時に発動しますが、進化は特殊ダメージを受けなければダメージを与えられません。
闘化は「ひっくり返された時に受けた通常攻撃と特殊ダメージの90%」を相手に与えることができます。
アゲハは闘化した方が使いやすいため、闘化することおすすめします。

アプサラスは進化がおすすめ

アプサラス(闘化)は回復スキルを持ったキャラクターです。
似たスキルを持つキャラクターが多いので、わざわざ闘化が必要なアプサラスを使う理由は少ないです。

ヴァイセは進化がおすすめ

ヴァイセ(闘化)は「盤面の駒数×160の特殊ダメージ」を与える時限スキルを持っています。
スキルの威力は高いのですが、時限が3ターンと長く非常に使いにくくなります。
ヴァイセは進化で使う方がおすすめです。

カミュは進化がおすすめ

カミュは進化・闘化ともに罠スキルを持っています。
進化の罠は相手の攻撃時に発動し、通常攻撃ダメージの130%を相手に与えます。
闘化の罠はひっくり返された時に発動し、通常攻撃ダメージの120%を相手に与えます。

闘化の罠は相手がひっくリ返してくれない限り発動しません。進化の罠の方が発動しやすく、ダメージも大きいのでおすすめです。

クリムゾンニトルスは相手によって使い分ける

クリムゾンニトルス(進化)は相手リーダーが神駒のときに発動するスキルを持っていますが、闘化すると相手リーダーが魔駒のときに発動するスキルに変わります。
現状のランク戦では神駒のリーダーと当たる方が多いため、闘化させる必要はありません。

グエリアスは進化がおすすめ

グエリアスは進化/闘化のスキル・コンボスキルともに攻撃力アップです。最大の攻撃力は闘化の方が高いのですが、進化のスキルの方が使いやすいです。闘化のスキルが強くなる状況は駒を3枚以上ひっくり返せる場合だけなので、進化で使う方がおすすめです。

グリードドラグーンはどちらも弱め

グリードドラグーンは攻撃力アップのバフスキルを持ったキャラクターです。
進化はグリードドラグーンが角マスにいるときに発動し、闘化は相手の駒が角マスにあるときに発動します。どちらも発動条件が厳しく使用することが少ないです。他の駒を優先して闘化させましょう。

シベリウスはどちらも弱め

シベリウス(闘化)は「盤面で表になっている間、回復力が10%上昇」するスキルを持っています。進化よりは使いやすくなりますが、闘化してもデッキに入るほどの性能を持っていません。
シベリウスを優先して闘化する必要はないでしょう。

ニケは闘化がおすすめ

ニケ(闘化)はスキルで「通常攻撃ダメージの4倍の特殊ダメージ」を与えることができます。
発動条件が「自分のHP30%以下」かつ「直前の相手ターンに3枚以上」と非常に厳しいですが、デッキのフィニッシャーとなれるキャラクターです。

ブランジェッタは進化がおすすめ

ブランジェッタの進化は通常攻撃カウンタースキルを持つキャラ駒です。また、闘化は時限式の召喚スキルを持っています。闘化のスキルは発動までに3ターンかかるので使いにくいです。
ブランジェッタは進化で使う方がおすすめです。

ムーニアは闘化がおすすめ

ムーニアの進化と闘化でどちらもオーラスキルを持つキャラ駒です。スキルはリーダーで手駒にあるときにだけ発動します。
進化のオーラスキルは全属性の駒に対して攻撃力を1.3倍にする効果があります。
闘化のオーラスキルは神駒の攻撃力を1.4倍にする効果があります。自分のデッキに合わせて進化か闘化を選びましょう。

ルクセリオンは闘化がおすすめ

ルクセリオンは闘化するべきキャラクターの一人です。
闘化すると全属性の駒のATKを1.5倍にする攻撃力アップスキルを持っています。盤面に出したときに最大HPの20%を失うデメリットがありますが、混合デッキなどのサポートキャラとして非常に優秀です。

ルキアは進化がおすすめ

ルキアは進化のスキル「手駒ロック」が強力なので、闘化させる必要はありません。
進化のスキルで蘭陵王などのオーラ持ちを引っ張りだしましょう。

レイファは進化がおすすめ

レイファは闘かすると、通常攻撃1.3のコンボスキルを持ちます。進化はコンボスキルを持っていないため、闘化の方がダメージを期待できます。ただし、レイファ(闘化)はスキルの発動条件が「直前の相手ターンに2枚以上ひっくり返される」ことになるため、自分から攻めていく竜属性デッキには合いません。

スポンサーリンク

オセロニア攻略トップはこちら

コメント