逆転オセロニア
オセロニア 攻略(逆転オセロニア)

スポンサーリンク

クイルクエンの評価点

進化:6点/10点
闘化:8点/10点

クイル・クエンはプレミアムガチャから入手可能な魔属性のS駒です。
クイル・クエンの進化は決戦イベント向きのスキルを持っており、闘化は対人戦向けのスキルを持っています。使用用途に合わせてどちらに進化させのか決めましょう。

スキルについて

進化のスキル

クイル・クエンはダメージBマスを作成するマス変換スキルを持っています。
盤面に出た際にクイル・クエン周囲の駒が置かれていないマスをダメージBマスに変換します。そのため、相手がクイルクエンをひっくリ返すには、クイル・クエンの周囲のダメージBマスに駒を置く必要があります。
相手がクイル・クエンを放置する場合はコンボスキルで相手のHPを削っていきましょう。

スキル名 効果
逆悪の陣 マス変換:この駒の周囲のまだ駒が置かれていないマスをすべてダメージBマスに変換する。

闘化のスキル

クイル・クエン(闘化)は召喚スキルを持っています。盤面にある自分のキャラ駒以外の駒にポチを召喚します。召喚されるポチはスキルとコンボスキルを持っているのが特徴です。
相手は次ターンにクイル・クエンとポチの両方をひっくリ返すことは難しいです。次のターンにクイル・クエンかポチの残った方とコンボスキルを発生させて攻めていきましょう。
ポチが召喚される場所はランダムですが、有利になる可能性が高いスキルです。

・ポチのスキル
毒:盤面で表になっている5ターンの間、毎ターン1200の毒ダメージを相手に与える。

・ポチのコンボスキル
特殊ダメージ:盤面の駒数×80の特殊ダメージを与える。

スキル名 効果
術式展開・招来 召喚:ターン開始時の盤面の駒うち、自分の駒でキャラ駒でない駒にランダムで1つポチを召喚する。

コンボスキルについて

進化のコンボスキル

クイル・クエン(進化)は特殊ダメージのコンボスキルを持っています。ターン開始時に手駒に魔駒が一枚でもあれば発動するため、簡単に条件を達成することができます。
コンボスキルの効果は、盤面の駒数×140の特殊ダメージを与えます。盤面の駒数が増えるほど強くなるため、後半戦に強いコンボスキルです。

コンボスキル名 効果
ファントムブラスト [リンク]特殊ダメージ:ターン開始時、手駒に自分の魔駒が1枚以上のとき発動。盤面の自分・相手両方の駒数×140の特殊ダメージを与える。

闘化のコンボスキル

クイル・クエン(闘化)はマス変換のコンボスキルを持っています。
コンボスキルの効果は、周囲の通常マスをランダムに3個敵用のダメージマスに変換します。敵用のダメージマスなので、自分で踏んでもダメージ受けることはありません。コンボスキルを発動してどんどんダメージマスを増やしましょう。

コンボスキル名 効果
闇招の陣 マス変換:この駒の周囲の通常マスをランダムに3個敵用のダメージBマスに変換する。

ステータスについて

クイル・クエンは進化・闘化ともに魔属性のS駒として平均的なステータスを持っています。
平均的なステータスと便利なスキルを持った優秀なキャククターです。

HP ATK
進化 1977 1312
闘化 1977 1312

進化と闘化はどっちが強い?

闘化がおすすめ

クイル・クエンは闘化がおすすめです。
クイル・クエン(闘化)の召喚スキルは運の要素が絡みますが、盤面のキャラ駒が増えるため有利になる可能性が高いです。

進化のポイント

マス変換は決戦イベントで使うことが多い!

クイル・クエンのマス変換スキルは対人戦よりも、決戦イベントで使用することが多いです。決戦イベントではこちらに対してだけ発動するスキル封印マスなどがあり、ステージ内のマスが最初から不利になっています。
クイル・クエンのマス変換スキルは、マスの効果を共用のダメージBマスに上書きできるため、決戦イベントで活躍することが多いです。

ダメージBマスは自分にもダメージが入る

クイル・クエンが作成するダメージBマスは共用のマスとなります。自分で踏んだ場合も発動し、ダメージを受けてしまうので、メリットだけではありません。
自分より相手に多くダメージBマスを踏ませる必要があるため、オセロのプレイングが重要となります。そのため、上級者向けのキャラクターといえます。

コンボスキルの威力が高い

クイル・クエンは自分と相手の盤面の駒数に応じて威力が増加するコンボスキルを持っています。お互いの駒数×140の特殊ダメージを与えるため、終盤になるほど威力が上昇します。
クイル・クエンはスキルで周囲にダメージBマスを作成するため、ひっくり返されにくいキャラクターです。コンボスキルで相手のHPを削っていきましょう。

闘化のポイント

召喚スキルは盤面にキャラ駒が残りやすい

クイル・クエンの召喚スキルは、ランダムな自分の駒の上にポチを召喚します。次の相手ターンにクイル・クエンとポチの両方がひっくり返される可能性は非常に低いです。
自分のターンにクイル・クエンかポチのどちらかとコンボスキルを発動させて、バトルを有利に運ぶことができます。

ポチの毒ダメージが強力

クイル・クエンが召喚する「ポチ」は5ターンの間、毎ターン1200の毒ダメージを相手に与えます。毒ダメージのダメージ量はすべての駒の中でもトップクラスの数値を誇っています。
ポチが召喚される駒はランダムなので次ターンにひっくり返されやすいという欠点がありますが、最低でも1200の毒ダメージは入ります。

ポチはコンボスキルも持っている

クイル・クエンが召喚する「ポチ」はコンボスキルも持っています。
コンボスキルの効果は盤面の駒数×80とそこまで高くなく、過度の期待はできませんが相手のHPを削るのに役に立ちます。相手はすぐに「ポチ」をひっくり返しにくるため、なかなかコンボスキルを発動する機会はありませんが、チャンスがあれば狙ってみましょう。

クイルクエンの適正デッキ

毒デッキ

クイル・クエン(闘化)は毒デッキで使うのがおすすめです。
クイル・クエン(闘化)自身は毒スキルを持っていませんが、召喚するポチには「表になっている5ターンの間、1200の毒ダメージを与える」効果があります。運よくひっくり返されない駒の上に召喚できれば、相手のHPをかなり削ることができます。

ポチがひっくリ返されてもコンボスキルでダメージBマスを作成していくことで、相手の動きを大きく制限することが可能です。

[術式幻影]クイルクエン(進化)のステータス

[術式幻影]クイルクエン(進化)のステータスは次の通りです。

ステータス

進化のステータス
HP1977
ATK1312
属性
魔界印
コスト20
同キャラ使用制限1
ランクS+
CV桜木アミサ
スキル マス変換:この駒の周囲のまだ駒が置かれていないマスをすべてダメージBマスに変換する。
コンボスキル [リンク]特殊ダメージ:ターン開始時、手駒に自分の魔駒が1枚以上のとき発動。盤面の自分・相手両方の駒数×140の特殊ダメージを与える。

[術式解放]クイルクエン(闘化)のステータス

[術式解放]クイルクエン(闘化)のステータスは次の通りです。

ステータス

闘化のステータス
HP1977
ATK1312
属性
獣使印
コスト20
同キャラ使用制限1
ランクS+
CV桜木アミサ
スキル 召喚:ターン開始時の盤面の駒うち、自分の駒でキャラ駒でない駒にランダムで1つポチを召喚する。
コンボスキル マス変換:この駒の周囲の通常マスをランダムに3個敵用のダメージBマスに変換する。

闘化素材

クイル・クエンの闘化素材
素材1 ブラックウィッチ×3
素材2 ヨモツイクサ×3
素材3 魔騎士・レイリス×3

クイルクエン(進化前)のステータス

クイルクエン(進化前)のステータスは次の通りです。

ステータス

ステータス
HP1240
ATK1040
属性
魔界印
コスト20
同キャラ使用制限1
ランクS
CV桜木アミサ
スキル マス変換:この駒の周囲のまだ駒が置かれていないマスをすべてダメージBマスに変換する。
コンボスキル [リンク]特殊ダメージ:ターン開始時、手駒に自分の魔駒が1枚以上のとき発動。盤面の自分・相手両方の駒数×130の特殊ダメージを与える。

入手方法

プレミアムガチャ

スポンサーリンク

逆転オセロニアの攻略 / 情報 トップはこちら

コメント

peterさんの記事

peterさんの作成した記事の新着

【オセロニア】強駒パレードの当たりランキング

peter

【オセロニア】リセマラのランキングとやり方

peter

【オセロニア】クローマの評価/どの闘化が強い?

peter

【オセロニア】レムリーの評価/闘化はするべき?

peter

【オセロニア】オセロニアン応援キャンペーンでやるべきこと

peter

» peterさんの記事をもっと見る

スポンサーリンク