逆転オセロニア
オセロニア攻略

スポンサーリンク

バフリールの評価点

進化:7点/10点
闘化:5点/10点

スキルについて

進化のスキル

バフリール(進化)のスキルはターン経過がダメージが上昇する毒スキルです。
効果は4ターンで切れますが、A駒の中では高いダメージを出せるスキルとなっています。

スキル名 効果
毒蝕の音色 【リンク】毒:盤面に自分の魔駒が1枚以上あるとき発動できる。盤面で表になっている4ターンの間、毎ターン350の毒を相手に与える。与える毒は毎ターン50ずつ上昇する。

闘化のスキル

バフリール(闘化)のスキルは相手のコンボスキルを無効化する珍しいスキルです。対象はランダムなため狙った駒のコンボスキルを無効化することはできません。

スキル名 効果
黄泉への旋律 【リンク】無効:ターン開始時、盤面に自分の魔駒が2枚以上のとき発動できる。ひっくり返した後に盤面にある相手の駒のコンボスキルをランダムで1つ、無効にする。

コンボスキルについて

進化のコンボスキル

バフリール(進化)のコンボスキルは盤面の相手の駒数に応じた特殊ダメージです。相手の駒数が多いほどダメージが大きくなるため、バトル終盤で負けているときほどダメージを出すことができます。

コンボスキル名 効果
妖魔蝶のノクターン 特殊ダメージ:ひっくり返した後の盤面の相手の駒数×130の特殊ダメージを与える。

闘化のコンボスキル

バフリール(闘化)のコンボスキルは特殊ダメージです。ダメージ量は850で固定されており、あまり高い数値ではありません。

コンボスキル名 効果
鱗翅の調べ 【リンク】特殊ダメージ:自分のデッキに魔駒が10枚以上入っていると発動できる。850の特殊ダメージを与える。

進化と闘化はどっちが強い?

進化がおすすめ

バフリールは進化の方がおすすめです。
A駒としては強い毒スキルを持っており、コンボスキルも弱くないので、十分戦力になるキャラ駒となっています。魔属性デッキを使っている方は使用してみましょう。

バフリールの適正デッキ

魔属性デッキ

バフリール(進化)は毒スキルを持っているため、魔属性の毒デッキで使用するのがおすすめです。
毒スキルは集中運用しないとあまり強くありません。アバドンなど毒効果アップのスキルを持つ駒と一緒に運用して大ダメージを狙いましょう。

[死に惹かれる]バフリール(進化)のステータス

ステータス

ステータス
HP1125
ATK1076
属性
魔界印
コスト10
同キャラ使用制限1
ランクA+
CV
スキル 【リンク】毒:盤面に自分の魔駒が1枚以上あるとき発動できる。盤面で表になっている4ターンの間、毎ターン350の毒を相手に与える。与える毒は毎ターン50ずつ上昇する。
コンボスキル 特殊ダメージ:ひっくり返した後の盤面の相手の駒数×130の特殊ダメージを与える。

[死へと導く]バフリール(闘化)のステータス

ステータス

ステータス
HP1076
ATK1125
属性
魔界印
コスト10
同キャラ使用制限1
ランクA+
CV
スキル 【リンク】無効:ターン開始時、盤面に自分の魔駒が2枚以上のとき発動できる。ひっくり返した後に盤面にある相手の駒のコンボスキルをランダムで1つ、無効にする。
コンボスキル 【リンク】特殊ダメージ:自分のデッキに魔駒が10枚以上入っていると発動できる。850の特殊ダメージを与える。

闘化素材

闘化素材
バフリール
2体
コンスタディーナ
2体

バフリール(進化前)のステータス

ステータス

ステータス
HP900
ATK795
属性
魔界印
コスト10
同キャラ使用制限1
ランクA
CV
スキル 【リンク】毒:盤面に自分の魔駒が1枚以上あるとき発動できる。盤面で表になっている4ターンの間、毎ターン300の毒を相手に与える。与える毒は毎ターン50ずつ上昇する。
コンボスキル 特殊ダメージ:ひっくり返した後の盤面の相手の駒数×120の特殊ダメージを与える。

入手方法

コロシアム報酬

スポンサーリンク

オセロニア攻略トップはこちら

コメント