逆転オセロニア
オセロニア攻略

スポンサーリンク

ルキアの評価点

進化:8点/10点
闘化:7点/10点

ルキアは闘化に「カーバンクル」を使用するキャラ駒です。カーバンクルはクラスマッチなどでしか入手できない貴重な素材となっています。「カーバンクル」の入手方法と他に「カーバンクル」を使用するキャラ駒は下記で解説しています。

スキルについて

進化のスキル

進化ルキアのスキルは、発動した次のターンに相手の使う駒を制限する能力を持っています。
ATKが一番小さい駒しか使えなくなるので、オーラ持ちなどの補助駒を盤面に引きずり出すなど、相手にとって嫌な動きを強制することができます。

スキル名 効果
ハートレスロック 手駒ロック:相手は次のターン、手駒でATKが一番小さい駒しか使えなくなる。

闘化のスキル

闘化前とは逆に、ATKが一番大きな駒しか使えなくするスキルを持っています。
直前の相手のターンに2枚以上ひっくり返されていることが発動条件なのもあり、闘化前より使いづらくなっています。

スキル名 効果
エリミネタス・ロック 手駒ロック:直前の相手のターンに2枚以上ひっくり返されている場合に発動できる。相手は次のターン、手駒でATKが一番大きい駒しか使えなくなる。

コンボスキルについて

進化のコンボスキル

進化ルキアはコンボスキルを所持していません。
スキルを発動するのが最大の仕事なので、あまり気にならないでしょう。

コンボスキルはありません

闘化のコンボスキル

闘化ルキアのコンボスキルはひっくり返した枚数×400の特殊ダメージを与える効果です。
発動条件もなく、発動できれば確実に空いてにダメージを与えられます。

コンボスキル名 効果
ルーン・プレジャー 特殊ダメージ:ひっくり返した枚数×400の特殊ダメージを与える。

ステータスについて

闘化するとHP、ATKともに100下がってしまいます。
Aランク駒としては平均的な能力値となっています。

HP ATK
進化 1484 1147
闘化 1384 1047

進化と闘化はどっちが強い?

進化がおすすめ

ルキアは進化がおすすめです。
進化のスキル「ハートレスロック」が強力で、相手の「蘭陵王」を引っ張り出すのが主な使用用途です。

進化のポイント

相手の出す駒を制限できるスキル

とにかく相手のオーラ持ちを引っ張りだすなど、ペースを乱すことができるスキルが強みです。
相手がリーダー駒に設定していた場合、高確率で効果を有効活用できるでしょう。

反面、コンボスキルを持っていないため、場合によっては時間稼ぎ程度しかできないことがあるのが欠点とも言えるでしょう。

闘化のポイント

進化よりは使いづらいものの、今後出る駒によっては活躍できるスキル

今まで、相手のATKが高い駒を出させるスキルを持っているのはSランクの駒に限られていました。
今後登場する駒によっては株があがることが期待されるので。Aランクでコストが低いルキアならではの動きができる可能性があります。

ルキアの適正デッキ

属性混合デッキ

ルキアのスキルは自分のデッキの属性に左右されません。
便利な効果を持つ駒を多く入れた混合デッキにおいて、特に活躍できるでしょう。

[怜悧なるもの]ルキア(進化)のステータス

ルキアはランクアップで確実に手に入り、強力なスキルを持っているのが強みです。
闘化素材はバトルコインでも手に入るため、使いみちに迷っているのなら今後の登場駒の様子を見て保留する、という手も考えられます。

ステータス

進化のステータス
HP1484
ATK1147
属性
魔界印
コスト10
同キャラ使用制限1
ランクA+
CV兼高美雪
スキル 手駒ロック:相手は次のターン、手駒でATKが一番小さい駒しか使えなくなる。
コンボスキル コンボスキルはありません

入手方法

クラスマッチ報酬:デッキマスターの証獲得時
ショップ:バトルコイン100と交換

[冷然たる束縛]ルキア(闘化)のステータス

ステータス

闘化のステータス
HP1384
ATK1047
属性
術士印
コスト10
同キャラ使用制限1
ランクA+
CV兼高美雪
スキル 手駒ロック:直前の相手のターンに2枚以上ひっくり返されている場合に発動できる。相手は次のターン、手駒でATKが一番大きい駒しか使えなくなる。
コンボスキル 特殊ダメージ:ひっくり返した枚数×400の特殊ダメージを与える。

闘化素材

ルキアの闘化素材
素材1 ゴールド・カーバンクル×2
素材2 シルバー・カーバンクル×3
素材3 ブロンズ・カーバンクル×5
素材4 エビソウル×3

スポンサーリンク

オセロニア攻略トップはこちら

コメント