逆転オセロニア
オセロニア攻略

スポンサーリンク

太古の豪傑で入手できる限定キャラクター

「エクストラパックVol.10 -太古の豪傑-」の新規追加キャラクターの一覧と評価を解説しています。
「聖邪の争闘」では「フィーニア」「剛羅」「ゲルドリウス」のS駒3体ほか、A駒とB駒が3体ずつ追加されています。

S駒のキャラクター一覧

キャラクター属性進化評価
フィーニア 進化8/10
闘化7/10
剛羅 進化8/10
闘化7/10
ゲルドリウス 進化8/10
闘化7/10

A駒のキャラクター一覧

キャラクター 属性 進化 評価
エレーナ 進化 7/10
ディモーネ 進化 7/10
ファウルーナ 進化 7/10

B駒のキャラクター一覧

キャラクター 属性 進化 評価
ガラム - 5/10
ウェアウルフ - 6/10
ガノシギラ - 5/10

キャラクターの詳細情報

フィーニア

進化の特徴

フィーニア(進化)は時限式の回復スキルを持っています。発動から2ターン後にHPが3500回復する効果があります。回復量はとても多いのですが、時限スキルのため効果が現れるまでに2ターンかかるのが欠点です。
時限スキルの待ちターン中にひっくり返されると効果が発動しないので、守ってあげましょう。

闘化の特徴

フィーニア(闘化)のスキルは、直前の相手のターンに2枚以上ひっくり返されていると発動できます。フィーニアが盤面で表になっている3ターンの間、相手のATKが28%減少するという強力な効果を持っています。
発動条件は序盤以外なら、ほぼ確実に達成できるため使いやすいキャラクターです。

剛羅

進化の特徴

剛羅(進化)のスキルは自分のデッキに魔駒が10枚以上入っていると発動でき、通常攻撃の115%の特殊ダメージを与える効果があります。
デッキ構成以外に条件がないので、スキルの発動はとても簡単です。
ダメージ倍率も通常攻撃の115%と高めで、相手にダメージを与えやすいアタッカーの役割を果たせる駒です。

闘化の特徴

剛羅(闘化)のスキルは、自分のデッキがすべて魔属性の時のみ発動が可能です。
盤面の通常マスをランダムで5つ、敵用のダメージBマスに変換する効果があります。そのため、相手の動きをかなり制限できる能力を持ったキャラクターです。

ゲルドリウス

進化の特徴

ゲルドリウス(進化)は攻撃力を上昇する時限スキルを持っています。
3ターン後のターン開始時自分の手駒の竜駒のATKを1.7倍に強化するため、他の攻撃アップスキル持ちの竜駒と合わせて使用すること大ダメージを与えることが可能です。

闘化の特徴

ゲルドリウス(闘化)のスキルは、チャージ効果を持っています。
手駒で持っているターンに応じて攻撃力が上昇し5ターンまでチャージすることが可能です。最大までチャージした時は通常攻撃を3倍に強化します。
同様のチャージスキルを持つ「静音」が3.5倍まで上がることを考えると少々もの足りない性能といえます。

スポンサーリンク

オセロニア攻略トップはこちら

コメント