逆転オセロニア
オセロニア攻略

スポンサーリンク

太古の豪傑の追加キャラクター
フィーニア 剛羅

ゲルドリウスの評価点

進化:8点/10点
闘化:7点/10点

ゲルドリウスは「太古の覚醒」で追加されたキャラクターです。
新スキル「チャージ」を持っており、手駒にあるターン数が多いほど、スキルの効果が高まっていきます。
また、進化・闘化ともにすべてのスキル・コンボスキルでATKや通常攻撃を強化する、竜属性らしい駒といえます。

スキルについて

進化のスキル

ゲルドリウス(進化)のスキルは、時限スキルです。
3ターン後のターン開始時、自分の手駒の竜駒のATKを1.7倍に強化します。

倍率は高めですが、時限スキルなので発動が遅いのが欠点です。
発動するまでの3ターンは、ゲルドリウスをひっくり返されないように注意する必要があります。

スキル名 効果
ウェッジドブレス 時限:発動した3ターン後のターン開始直後に以下の効果を誘発する。
攻撃力アップ:そのターンのみ、自分の手駒の竜駒のATKは1.7倍になる。

闘化のスキル

ゲルドリウス(闘化)のスキルは、チャージ効果を持っています。
チャージのスキルは手駒で持っているターンに応じて、スキルの効果が上昇します。ゲルドリウス(闘化)のスキルは5ターンまでチャージすることができ、最大までチャージした時は通常攻撃を3倍に強化します。

デッキが竜染めでないと発動できない点と、チャージしないと効果が小さい点には気をつけましょう。

スキル名 効果
秘められし闘気 [チャージ][リンク]自分のデッキの駒がすべて竜属性のとき発動できる。通常攻撃が1.2倍になる。
この攻撃力アップの倍率は手駒にある間、毎ターン開始時に0.4ずつ加算され、最大で3倍になる。

コンボスキルについて

進化のコンボスキル

ゲルドリウスのコンボスキルは、2枚ちょうどひっくり返せるマスでのみ発動できます。
通常攻撃を1.8倍と大きく強化するので、なるべくATKの高い駒で発動を狙いましょう。
発動条件が満たしやすく、倍率が高い強力なコンボスキルです。

スキル名 効果
ソニックハウリング 攻撃力アップ:2枚ちょうどひっくり返せるマスで発動できる。通常攻撃が1.8倍になる。

闘化のコンボスキル

ゲルドリウス(闘化)のコンボスキルは、自分のデッキが竜染めされていて、1枚ちょうどひっくり返せるマスであることが発動条件です。
通常攻撃を1.7倍に強化します。
強化倍率が高めで、発動条件を満たしやすいので使いやすいコンボスキルです。

スキル名 効果
ドラゴニック・ロア [リンク]攻撃力アップ:自分のデッキの駒がすべて竜属性であり、1枚ちょうどひっくり返せるマスで発動できる。通常攻撃が1.7倍になる。

進化と闘化はどっちが強い?

進化がおすすめ

ゲルドリウス(進化)のスキルは、盤面で3ターンひっくり返されない状態を維持しなければ発動できませんが、発動ターンは手駒の竜駒のATKを1.7倍に強化することができます。
また、コンボスキルは2枚ちょうどひっくり返せるマスであることが条件で、通常攻撃を1.8倍と大きく強化します。条件を満たしやすく、倍率も高いので強力なコンボスキルです。

スキルとコンボスキル、どちらも攻撃を強化する効果が大きいため竜デッキのバッファーとして活用しましょう。

進化のポイント

味方の攻撃力を上げるサポート役

ゲルドリウス(進化)は時限スキルで味方竜駒の攻撃力を大幅に上昇することが可能です。
発動まで3ターンかかるという欠点はありますが、スキルの発動ターンにノイレや静音などの攻撃力が高いキャラクターだせば相手をHPをかなり削ることができます。

発動までにひっくり返されると効果が無いので守る必要がある

時限スキルは発動までの間に、相手にひっくリ返されるとスキルの効果が発動しません。
発動までは3ターンかかるので、ひっくり返されないようにゲルドリウスを守りましょう。

発動ターンは「貫通」スキル持ちのキャラ駒を出す

発動ターンは相手からも分かるため、通常攻撃ダメージを返してくる罠や攻撃力を減少するスキルなどで妨害を受ける可能性は高いです。「貫通」スキル持ちのキャラ駒なら「防御」や「罠」スキルを無効化できるので、相手が対策用のキャラ駒を出してきた場合は「貫通」持ちのキャラ駒で処理しましょう。

闘化のポイント

チャージスキルでターンが経過するほど攻撃力が上がる

ゲルドリウス(闘化)は新スキルのチャージを持っていることが特徴です。手駒で5ターン持っていれな攻撃力が3倍まで上昇するため、相手に大ダメージを与えることが可能です。

後から引いてくると攻撃力が低いため、リーダーに設定して一撃必殺を狙いましょう。

静音よりも攻撃力の上昇値が低い

ゲルドリウス(闘化)と同じ「チャージ」スキルを持ったキャラ駒には「静音」がいます。
「静音」は攻撃力が最大3.5倍まで上昇するため、ゲルドリウスよりも高い攻撃力を誇っています。両方持っている場合は「静音」をリーダーにする方がおすすめです。

ゲルドリウスの適正デッキ

竜属性統一デッキ

ゲルドリウス(進化)のスキルは、竜駒のみを強化します。
また、ゲルドリウス(闘化)のスキルとコンボスキルは、デッキの駒がすべて竜駒である必要があります。
そのため、ゲルドリウスは竜属性で統一されたデッキに入れましょう。

ゲルドリウス進化と闘化ともにスキル、コンボスキルが攻撃を強化する効果です。
そのため、攻撃力が高い竜属性の駒との相性が良好と言えます。

ゲルドリウスのステータス

[理を知る竜]ゲルドリウス(進化)のステータス

[理を知る竜]ゲルドリウス(進化)のステータスは次の通りです。

ステータス
HP1892
ATK1184
属性
幻獣印
コスト20
同キャラ使用制限1
ランクS+
CV赤城進
スキル 時限:発動した3ターン後のターン開始直後に以下の効果を誘発する。
攻撃力アップ:そのターンのみ、自分の手駒の竜駒のATKは1.7倍になる。
コンボスキル 攻撃力アップ:2枚ちょうどひっくり返せるマスで発動できる。通常攻撃が1.8倍になる。

[神秘の英知]ゲルドリウスのステータス

[神秘の英知]ゲルドリウスのステータスは次の通りです。

ステータス
HP1894
ATK1232
属性
幻獣印
コスト20
同キャラ使用制限1
ランクS+
CV赤城進
スキル [チャージ][リンク]自分のデッキの駒がすべて竜属性のとき発動できる。通常攻撃が1.2倍になる。
この攻撃力アップの倍率は手駒にある間、毎ターン開始時に0.4ずつ加算され、最大で3倍になる。
コンボスキル [リンク]攻撃力アップ:自分のデッキの駒がすべて竜属性であり、1枚ちょうどひっくり返せるマスで発動できる。通常攻撃が1.7倍になる。

闘化素材

闘化素材は調査中です。

入手方法

エクストラパックvol.10 で入手

スポンサーリンク

オセロニア攻略トップはこちら

コメント