逆転オセロニア
オセロニア 攻略(逆転オセロニア)

スポンサーリンク

太古の豪傑の追加キャラクター
剛羅 ゲルドリウス

フィーニアの評価点

進化:8点/10点
闘化:7点/10点

フィーニアは2017年7月のエクストラパックvol.10「太古の豪傑」で追加されたキャラクターです。
回復効果のあるスキルとコンボスキルを持つ進化と、ATKダウンのスキルと回復のコンボスキルを持つ闘化を選択することが可能です。

スキルについて

進化のスキル

フィーニア(進化)のスキルは、時限スキルです。発動から2ターン後にHPが3500回復する効果があります。
回復量はとても多いのですが、時限スキルのため効果が現れるまでに2ターンかかるのが欠点です。

スキル名 効果
神樹の息吹き 時限:発動した2ターン後のターン開始直後に以下の効果を誘発する。 回復:HPを3500回復する。

闘化のスキル

フィーニア(闘化)のスキルは、直前の相手のターンに2枚以上ひっくり返されていると発動できます。フィーニアが盤面で表になっている3ターンの間、相手のATKが28%減少するという効果です。
発動条件がやや厳しいためか、減少するATKがとても大きい強力なスキルです。

試合中盤であれば2枚以上ひっくり返される状況は多いので、手駒に来ていれば発動はそこまで難しくないでしょう。

スキル名 効果
森樹の守護 攻撃力DOWN:直前の相手ターンに2枚以上ひっくり返されている場合に発動できる。盤面で表になっている3ターンの間、相手のATKが28%減少する。

コンボスキル

進化のコンボスキル

フィーニア(進化)コンボスキルは、まだ駒の置かれていないマスをランダムで4つ自分用の回復マスに変換する効果があります。
駒が置かれていないマスということで、特殊マスを上書きしてくれる場合もあります。

スキル名 効果
浄化されし聖域 マス変換:盤面のまだ駒が置かれていないマスをランダムで4個自分用の回復マスに変換する。

闘化のコンボスキル

フィーニア(闘化)のコンボスキルは、ターン開始時の手駒に自分の神駒が3枚以上の時に発動できます。
神属性デッキ以外では発動が難しいですが、盤面の自分の駒数×210のHPを回復する効果があります。
盤面の駒数が多くなりやすい中盤以降は強力なコンボスキルです。
スキルも中盤に使いやすく、スキルとコンボスキルの相性は良好と言えるでしょう。

スキル名 効果
アース・ヒール [リンク]回復:ターン開始時、手駒に自分の神駒が3枚以上のとき発動できる。ひっくり返したあとの盤面の自分の駒数×210のHPを回復する。

進化と闘化はどっちが強い?

進化がおすすめ

進化はスキル・コンボスキルともに回復効果を持っており、神属性の回復デッキに入れる駒として使いやすい駒です。
闘化は汎用性が高いスキル・コンボスキルを持っており、こちらは様々なデッキでも活躍することができます。

目的がはっきりしている進化フィーニアの方が使いやすいので、フィーニア進化させて使用しましょう。

進化のポイント

時限式の大回復スキル

フィーニアにスキルはHPを3500回復することが可能です。時限式のスキルで発動まで2ターンかかりますが、回復量が非常に多いことが特徴です。

先手1ターン目に出せば簡単に守ることが可能なので、1,2ターン目に相手から受けたダメージを全回復してくれます。序盤からHP回復に使っていけるので耐久デッキでは使いやすいキャラクターといえます。

コンボスキルで回復マスを作成できる

フィーニアのコンボスキルは回復マス作成は自分用の回復マスを作成します。相手が踏んでも効果は発動しないので、コンボスキルで回復マスを作ればどんどん有利になります。
序盤にスキルでHPを回復した後はコンボスキルを狙って有利な盤面を構築していきましょう。

闘化のポイント

貫通対策になる攻撃力ダウンのデバフ

フィーニアのスキルは相手の攻撃力を減少するデバフスキルです。3ターンの間相手のATKを28%減少することが可能です。
HPを守る手段には受けたダメージを減少する防御スキルがありますが、防御スキルは相手から貫通スキル持ちが出てくると無効化される弱点があります。攻撃力減少のデバフは対策手段がないため、確実にHPを守ることが可能な強力なスキルです。

後半になるほど回復量が増えるコンボスキル

フィーニア(闘化)のコンボスキルは盤面の駒数に応じてHPの回復量が増加します。そのため、盤面の駒数が増えるバトル後半になるほど回復量が増加します。
手駒に神属性の駒が3枚以上ないと発動しないため、神属性デッキでしか使えないことが欠点といえます。

フィーニアの適正デッキ

神属性の回復デッキ

フィーニア(進化)は、スキル・コンボスキルともに回復効果を持っています。
盤面の駒数に左右されない回復スキルなので、試合の最序盤以外はどのタイミングでスキルを発動しても効果を発揮しやすいです。
スキルは時限スキルなので、効果発動前にひっくり返されないように気をつけましょう。

フィーニアのステータス

[神樹の聖域]フィーニア(進化)のステータス

[神樹の聖域]フィーニア(進化)のステータスは次の通りです。

ステータス
HP2580
ATK1360
属性
導師印
コスト20
同キャラ使用制限1
ランクS+
CV谷尻まりあ
スキル 時限:発動した2ターン後のターン開始直後に以下の効果を誘発する。 回復:HPを3500回復する。
コンボスキル マス変換:盤面のまだ駒が置かれていないマスをランダムで4個自分用の回復マスに変換する。

[樹海の守人]フィーニア(闘化)のステータス

[樹海の守人]フィーニア(闘化)のステータスは次の通りです。

ステータス
HP2700
ATK1240
属性
獣使印
コスト20
同キャラ使用制限1
ランクS+
CV谷尻まりあ
スキル 攻撃力DOWN:直前の相手ターンに2枚以上ひっくり返されている場合に発動できる。盤面で表になっている3ターンの間、相手のATKが28%減少する。
コンボスキル [リンク]回復:ターン開始時、手駒に自分の神駒が3枚以上のとき発動できる。ひっくり返したあとの盤面の自分の駒数×210のHPを回復する。

闘化素材

闘化素材は調査中です。

入手方法

エクストラパックvol.10 で入手

スポンサーリンク

逆転オセロニアの攻略 / 情報 トップはこちら

コメント

peterさんの記事

peterさんの作成した記事の新着

【オセロニア】カルディアの評価/闘化はするべき?

peter

【オセロニア】カルディア(絶級)の攻略とおすすめキャラ駒を解説

peter

【オセロニア】レグスの評価と使いみちを解説

peter

【オセロニア】シャイターン(絶級)の攻略とおすすめキャラクターを解説

peter

【オセロニア】神属性の最強キャラ駒ランキングを解説

peter

» peterさんの記事をもっと見る

スポンサーリンク