ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア
DFFOO攻略

スポンサーリンク

ライトニングの評価

ライトニングの強いところ

「ブラスター」状態で敵のブレイブを削りやすい

ライトニングは「スパークブロウ」を使用すると、自身に3ターンの間「ブラスター」状態を付与します。
「ブラスター」状態になると、自身の「素早さ」「最大ブレイブ」「攻撃力」が上昇します。
行動回数増えて一回の攻撃で削れるブレイブが増加するため、敵がブレイブを溜める攻撃をしたときは「スパークブロウ」から一気に敵のブレイブを削りにいけます。

「アタッカー」状態で攻撃後の隙が少ない

ライトニングは「連閃」を使用すると、自身に3ターンの間「連閃」状態を付与します。
「連閃」状態になると「攻撃力」「最大ブレイブ」」が上昇し、「ブレイブリジェネ」の効果を得ることができます。
HP攻撃で消費したブレイブを「ブレイブリジェネ」で回復できるため、HP攻撃後に敵からブレイブブレイクされる可能性が低くなります。

敵をブレイクするほど行動ターンが回ってくる

「スパークブロウ」と「連閃」には、敵をブレイクした時やブレイク中の敵を攻撃した場合に行動負荷が減少する効果があります。
敵をブレイクすることで次の行動までのターン数が短くなり、より多く敵のブレイブやHPを削ることができます。他のキャラクターでブレイブを削り、ライトニングのアビリティでブレイブブレイクを狙いましょう。

おすすめスキル

バフ系スキルを装備する

ライトニングは常時「ブラスター」か「アタッカー」のバフを付けた状態で戦闘するのが基本です。バフがかかった状態で戦闘できるため、バフスピードとバフアタックを装備してステータスを上昇を狙いましょう。

チャージ系スキルで使用回数を増やす

ライトニングは素早さが高くスキルの行動負荷も少ないため、他のキャラクターよりも行動回数が多くなります。その分、スキルを使い切る可能性も高くなっているため、スキルの使用回数を増やしておきましょう。

連閃の強化スキルを優先する

「連閃」と「スパークブロウ」両方の強化スキルを装備できない場合は、「連閃」を強化するスキルを優先しましょう。「連閃」にはHP攻撃がついているため、アタッカーとしては「連閃」の方が重要なスキルといえます。
ブレイブ攻撃とHP攻撃を1ACTIONで行えるアビリティは非常に強力なので、バフ系スキルの後は「連閃ライト」「連閃チャージ」「アビリティスピードハイ」から装備しましょう。

クリスタル覚醒スキル一覧

アビリティ名 習得レベル CP 効果
スパークブロウ(回数:5) 覚醒Lv.1 - 3HIT雷属性近距離物理ブレイブ攻撃 3ACTION 強化効果「ブラスター付与」「アタッカー」解除 ブレイク時 ブレイク中攻撃時 行動負荷ダウン
スパークブロウライト 覚醒Lv.5 10 「スパークブロウ」の行動負荷を小ダウン
ブレイクスピード 覚醒Lv.10 10 敵をブレイクした時 1ACTION 自身の素早さが小アップ
バフスピード 覚醒Lv.15 10 自身に強化効果付与されている時 自身の素早さを小アップ
連閃(回数:5) 覚醒Lv.20 - 3HIT近距離物理ブレイブ攻撃+HP攻撃 3ACTION 強化効果「アタッカー付与」「ブラスター」解除 ブレイク時 ブレイク中攻撃時 行動負荷ダウン
連閃ライト 覚醒Lv.25 10 「連閃」の行動負荷を小ダウン
スパークブロウチャージ 覚醒Lv.30 10 「スパークブロウ」の使用回数+1
連閃チャージ 覚醒Lv.35 10 「連閃」の使用回数+1
アビリティスピードハイ 覚醒Lv.40 10 アビリティ連続使用時 行動負荷を小ダウン
バフアタック 覚醒Lv.45 10 自身に強化効果が付与されている時 自身の攻撃力を小アップ
閃光 覚醒Lv.50 20 最終バトル開始時にHPがMAXならば攻撃力・素早さを小アップ

スポンサーリンク

DFFOO攻略トップはこちら

コメント

オススメの新着記事

【ドッカンバトル】「力属性ガチャ(3周年記念)」は引くべき?当たりキャラ一覧と評価を解説

【2部第2章】「囚われの少年と浚われた少女」の攻略と解説

【グラブル】シナリオイベント「どうして空は蒼いのか」攻略とやるべきこと解説

【FGO】空の境界コラボ高難易度「終末録音・決」の攻略と敵編成を解説

【テニラビ】イベント「桃の節句 ひな祭り」の報酬と攻略ポイントを解説

スポンサーリンク