閃の軌跡4
閃の軌跡4攻略wiki

スポンサーリンク

難易度の種類と違い

難易度特徴
ナイトメア
(NIGHTMARE)
一番難しい難易度。やり込みたい人におすすめ。
後から難易度を変更できないので、注意
ハード
(HARD)
敵が強化されて戦闘が厳しくなる。
RPG上級者におすすめ。
ノーマル
(NORMAL)
普通の難易度
歯ごたえのある戦闘が楽しめる。
イージー
(EASY)
若干、敵が弱くなる
手軽いに遊びたい人におすすめ。
ベリーイージー
(VERYEASY)
敵がかなり弱くなり、戦闘では何をしてもほぼ負けない
ストーリーだけを楽しみたい人向け。

おすすめの難易度

前作をプレイしたことがある人はハードがおすすめ

閃の軌跡4の戦闘は、基本的に前作(閃の軌跡1~3)までと大差ありません。前作をプレイして戦闘に慣れている人は、ノーマルだと簡単に感じると思うので、難易度「ハード」でプレイするのがおすすめです。

スポンサーリンク

初めてプレイする人はノーマルがおすすめ

閃の軌跡4から、閃の軌跡シリーズをプレイする人はノーマルの難易度がおすすめです。戦闘システムは序盤からけっこう複雑なので、チュートリアルをよく読んでプレイしましょう。また、前作までのあらすじをスタート画面の「PRESTORY」から確認しておくと、ストーリー展開がよく分かります。

難易度の変更方法

難易度「ナイトメア」以外はいつでも変更可能

「ナイトメア」以外の難易度であれば、ゲーム中のオプションからいつでも難易度を変更することができます。ボス攻略で詰まった場合や、APの獲得条件がどうしても達成できない場合は、難易度を変更するのもおすすめです。

スポンサーリンク

コメント

利用規約を閲覧の上ご利用ください

あわせて読みたい

スポンサーリンク

オススメの新着記事

【エースコンバット7】クリア後に追加される要素まとめ

【エースコンバット7】おすすめ機体まとめ

【エースコンバット7】ロックオンのやり方とコツ

【エースコンバット7】ハイGターンのやり方とコツ

【エースコンバット7】フレアの効果と使い方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ゲームの権利表記

© 2018 Nihon Falcom Corporation