アークナイツ
アークナイツ攻略wiki

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「チェストナット」の評価

最強キャラランキングB
最強キャラランキング
リセマラランキングB
リセマラ当たりランキング
医療最強ランキングB
医療おすすめキャラ

「チェストナット」の昇進

昇進1(Lv45)
素材獲得する能力
龍門幣×15000
初級医療SoC×3
初級エステル×1
初級装置×1
ステータス上限開放
コスト+2
スキル「厚土の脈動」習得
素質「地固め」開放
攻撃範囲拡大
昇進2(Lv60)
素材獲得する能力
龍門幣×60000
中級医療SoC×5
合成コール×20
熾合金×8
ステータス上限開放
素質「地固め」強化

攻撃範囲

初期昇進1昇進2
普通広い広い

スポンサーリンク

「チェストナット」の特化優先度

チェストナットは味方1人に対しての元素回復量が高い放浪医です。
スキル1は手動発動で強力な元素回復を行え、スキル2は攻撃範囲を狭める代わりに攻撃速度が爆上がりして同じキャラに対しての治療と元素治療の値が上がります。
スキル1の方が汎用性が高く、スキル2は味方単体が確実に元素爆発を受けない立ち回りができるのでどちらも有用ですが、普段使いするならスキル1がおすすめです。

スキル特化優先度
1★★★★☆
2★★★☆☆

スキル1「積土成山」の特化優先度

スキル1は短時間のチャージで味方の元素治療の回復量が大幅に増加します。
体力回復量は増加しませんが特化3まで行くとほぼ確実に元素損傷をすべて回復することができます。
特化しなくても回復量自体は高いですが、元素治療対象をすぐ変えることができるようになり特化するほうが使い勝手がいいので特化がおすすめです。

特化Ⅲの効果
治療行動を行い
元素損傷に対する治療値が
300%まで上昇する

スキル2「厚土の脈動」の特化優先度

スキル2は攻撃範囲が前3マスになる代わりに攻撃速度が大きく上がり、同じキャラを連続して治療すると回復量と元素治療の回復量が増加します。
攻撃範囲が狭くなるので使い勝手は悪いですが、回復されている味方は1発で元素爆発になる攻撃でなければ元素爆発になりません。
元々がとても元素治療の値が高いので、わざわざ特化する必要性が薄いでしょう。

特化Ⅲの効果
攻撃範囲縮小
攻撃速度+130
同一対象を連続して治療する時
HP回復量と元素損傷に対する
治療値が150%まで上昇

スポンサーリンク

「チェストナット」と相性が良いキャラ

地上キャラと相性がいい

チェストナットの素質で地上オペレーターの回復での元素治療の回復量が上がります。
これがあるので基本的には地上で元素損傷を受けやすいステージでの元素治療役として敵をブロックしやすいサリアなどの重装と相性がいいです。

「チェストナット」の性能

「チェストナット」の基本情報

職業職分再配置
医療放浪医遅い
コストブロック攻撃速度
141遅い
特性
味方のHPを回復し
同時に対象に蓄積された元素損傷を
自身の攻撃力の50%の値分治療する
(HP最大の味方も
元素損傷の治療対象となる)

素質

素質
地固め
効果
地面マスにいる
ユニットを治療する時
元素損傷に対する治療値+20%

基地スキル

名称
標準化α
効果
製造所配置時
製造効率+15%
名称
地質学α
効果
製造所配置時
源石製造の製造効率+30%

「チェストナット」のスキル

スキル1「積土成山」

スキルレベル7
治療行動を行い
元素損傷に対する治療値が
250%まで上昇する
特化3
治療行動を行い
元素損傷に対する治療値が
300%まで上昇する

素材

特化素材
1アーツ学III×2
精錬溶剤×1
RMA70-12×3
2アーツ学III×4
上級マンガン×2
上級切削液×2
3アーツ学III×6
ナノフレーク×2
精錬溶剤×2

スキル2「厚土の脈動」

スキルレベル7
攻撃範囲縮小
攻撃速度+100
同一対象を連続して治療する時
HP回復量と元素損傷に対する
治療値が135%まで上昇
特化3
攻撃範囲縮小
攻撃速度+130
同一対象を連続して治療する時
HP回復量と元素損傷に対する
治療値が150%まで上昇

素材

特化素材
1アーツ学III×2
上級源岩×1
砥石×4
2アーツ学III×4
上級砥石×2
上級合成コール×3
3アーツ学III×6
融合剤×2
上級熾合金×2
3

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

オススメの新着記事

【アークナイツ】「レイ」の評価と特化の優先度【大陸版】

【アークナイツ】「デーゲンブレヒャー」の評価と特化の優先度【大陸版】

【アークナイツ】中国/大陸版の最強キャラランキングTire表

【アークナイツ】最強キャラランキング|最新Tier表

スポンサーリンク

スポンサーリンク