Fate Grand Order
FGO攻略wiki

スポンサーリンク

星1サーヴァント

アーラシュ(アーチャー)

宝具が強力!

宝具を使用すると、強力な全体攻撃をする代わりに、自身が即死します。

デメリットの即死効果は、プレイヤーの好きなタイミングで退場することにより、サブ1番手を戦線に出すことが可能です。その特性を活かしてダンジョン後半にボス対策のバフキャラクターなどと入れ替わることができるため、初心者から上級者まで幅広く使用されています。

また、宝具自体の威力も、デメリットが大きいためか非常に強力です。

佐々木小次郎(アサシン)

1章クリアにおすすめ!

Quickのカードを3枚持っており、クリティカルスターを溜めるのに特化したキャラクターです。

1章は敵にライダーが多いため、クラス相性で有利かつ、クリティカル率アップ役として非常に活躍します。
星1のためフレンドガチャかた出やすく、育てるのに必要な素材や経験値が少ないため、霊基再臨を1回だけさせてレベル30まで上げておくと、1章のクリアが非常に楽になります。
初心者の方は、まずは佐々木小次郎を育ててみてはいかがでしょうか。

星2サーヴァント

呪腕のハサン(アサシン)

保持スキル3(風除けの加護A)が強力!

霊基降臨を3回すると習得する、風除けの加護Aは、「自身に回避状態を付与(3回)&自身のスター発生をアップ(3ターン)」することが可能です。敵の攻撃を回避するため、非常に場持ちがよいです。
また、Quickのカード3枚とクリティカルスターの生成スキルを持ち、クリティカル要因としても活躍します。
Quickのカードで星を出しながらNPを回収できる上に、NP効率が非常によく、単体攻撃宝具を短いスパンで使用可能と、使い勝手が良いキャラクターです。

アンデルセン(キャスター)

フレンドガチャ最高のサポートキャラクター!

アンデルセンはNP効率が非常に良く、「無辜の怪物D」でスターう生み出すことも可能なサポート役にサーヴァントです。
宝具はランダムではあるものの、攻撃力と防御力アップの倍率が高く、毎ターンHP自動回復効果とスター発生率アップ効果も付いている強力なバフスキルです。
初心者の方はとりあえず育てておくと様々な状況で使用できる便利なサーヴァントです。

ゲオルギウス(ライダー)

フレンドガチャ最高の壁役!

敵の攻撃の引き付けと耐久力に特化したキャラクターです。「守護騎士A+」は「自身にターゲット集中状態を付与(3T)&自身の防御力をアップ(3T)」することが可能です。さらに、HP回復やガッツ付与などのスキルと合わせることで、壁役として活躍することが可能です。
コストが低く、高難易度のイベントでも、壁役として使用できるため、初心者の頃から育てておくのがおすすめです。

星3サーヴァント

カエサル

単体宝具が強力!

フレンドガチャからも排出されるため、宝具レベルが上がりやすく、Lv5まで宝具レベルを上げると星5サーヴァント並の火力を出すことができます。
スキルはパーティー全体に宝具威力アップなどのバフがかかるため、サポートとしても使いやすいです。

クーフーリン(ランサー)

フレンドガチャNo.1の継戦能力!

ガッツ、3回回避状態を付与、弱体解除&HP回復と継戦能力に特化したスキル構成です。
最初から最後まで、火力を保ちつつ長く前線で戦い続けることができます。

同じ星3ランサーにクーフーリン(Prototype)がいるため、間違えないように気をつけましょう。

メディア

フレンドガチャ最高のキャスターのアタッカー!

キャスタークラスの貴重なアタッカータイプのサーヴァントです。
「高速神言A」はLv.4になれば使用するだけで宝具が使用可能になります。
宝具の回転率と、自身のダメージを回復できるスキルが強く、土曜日に開催される殺の修練場の周回おすすめキャラクターです。
再臨素材が手に入りづらく、最終まで育て切るにはそれなりに時間がかかるのがネックです。

ロビンフッド

フレンドガチャ最高クラスの単体宝具アタッカー

「破壊工作A」で毒を付与した状態で宝具を使用することで、サイバー以外のクラスにも通常の倍近い火力を出すことができます。
リセマラでアタッカーから初めていない方は、ロビンフッドを育成するのがおすすめです。

スポンサーリンク

コメント

利用規約を閲覧の上ご利用ください

オススメの新着記事

【FGO】ギル祭の超高難易度クエスト(エキシビジョンクエスト)を攻略

【FGO】「バトルインニューヨーク ピックアップガチャ」はいつ引くべき?当たりサーヴァントと評価

【FGO】ギル祭(バトルインニューヨーク)のイベント攻略まとめ

【FGO】「C・K・T」の評価と使いみち

【FGO】「リターン・マッチ」の評価と使いみち

スポンサーリンク