ドラゴンボールレジェンズ
ドラゴンボールレジェンズ攻略wiki

スポンサーリンク

スポンサーリンク

属性別のキャラ一覧
RED(赤)

RED(赤)

BLU(青)

BLU(青)

GRN(緑)

GRN(緑)

YEL(黄)

YEL(黄)

PUR(紫)

PUR(紫)

-
レアリティ別のキャラ一覧
SPARKING

SPARKING

EXTREME

EXTREME

HERO

HERO

人造人間8号(SP/BLU)の評価・強いところ

リセマラ評価B
リセマラ当たりランキングはこちら
評価点8点/10点
最強キャラランキングはこちら
簡易評価・メアビは究極ドローだけでなく敵による気力減少を無効化
・特殊技で一時的に自身を大きく強化
・特殊カバチェンで敵のコンボを阻止する効果を発動
・自分が戦闘不能になると味方を回復、強化

メアビで敵の気力減少効果を無効化できる

メアビは敵が発動する気力減少効果を20カウント無効化するほか、バニシングゲージ100%回復・体力と気力回復、究極アーツドローと攻撃の準備を整えることができる効果です。一時的に敵からの気力減少による妨害を無効化しつつ、バニシングステップも即座に使用可能にできるので、コンボ継続をしやすくすることができます。

究極は踏ん張り貫通付きで敵の手札を破棄

究極アーツは踏ん張り貫通に加えて、ヒットすると敵の手札を全て破棄することができます。確実にトドメを刺しにいき、さらに敵の攻める手段を削ぐのにも使えます。メインアビリティから繋げば簡単には妨害されないので、コンボからの究極アーツで倒しにいきましょう。

味方が被ダメ時に待機カウント短縮・自己強化

心優しいハッチャンらしく、味方が打撃アーツや射撃アーツでダメージを受けると、自分の与ダメアップやコストダウン、さらに待機カウント短縮効果も発動します。特殊カバチェンも持っていて味方を守る役割をこなせるので、自身戦闘不能時の味方強化も合わせて、積極的に攻撃を受けに行きましょう。

特殊カバチェンで敵を妨害

カバーチェンジを行うと敵の手札を2枚破棄・ドラゴンボール減らし・バニシングゲージを0%にする妨害を行うほか、自分の与ダメがアップします。敵の攻撃を強引に止めにいきつつ反撃していけるので、味方が倒されそうな敵は特殊カバチェンを積極的に使っていきましょう。

スポンサーリンク

人造人間8号(SP/BLU)の使いみち

人造人間8号(SP/BLU)のおすすめフラグメント

特殊カバチェンの交代先として出てくることが多いので、体力と防御系の能力を優先して伸ばしつつ、できれば打撃・射撃攻撃力を伸ばすのが良いでしょう。体力回復手段は多いとはいえませんが、伸ばしておけば交代からの特殊アーツでの反撃に繋げやすいです。

人造人間8号(SP/BLU)のおすすめフラグメント
スキだらけだぞっ!
封印を解かれた勇者
【覚醒】なかなか楽しませてくれるじゃないか

人造人間8号(SP/BLU)と相性の良いキャラ

人造人間・DBのタグと相性が良いです。戦闘不能になった時に味方を強化するので、LLの孫悟空の本領発揮のために先鋒を務めさせると良いでしょう。人造人間タグは交代時に発動する有用な効果が多いため、お互いを交代しつつカバーできるようにしましょう。

人造人間8号(SP/BLU)の入手方法

ステップアップガチャの「超サイヤ人孫悟空だ!」のガチャで排出されます。目玉のLL孫悟空:少年期との相性が良いので、DBパーティ強化目的で引くのにおすすめです。また、LLのサイヤ人キャラが多く復刻されるので、サイヤ人パーティを汎用的に強化しやすいメリットもあります。

スポンサーリンク

人造人間8号(SP/BLU)のアーツ/アビリティ/ステータス

人造人間8号(SP/BLU)のアーツ

アーツカード効果

人造人間8号(SP/BLU)のメインアビリティ

人造人間8号(SP/BLU)のZアビリティ

レベル効果
1

人造人間8号(SP/BLU)のユニークアビリティ

人造人間8号(SP/BLU)のステータス

戦闘力
体力
物理攻撃
射撃攻撃
物理防御
射撃防御
クリティカル
気力回復

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

オススメの新着記事

【ドラゴンボールレジェンズ】「超サイヤ人4ゴジータ(UL/PUR)」の評価・使いみち

【ドラゴンボールレジェンズ】「秘められし力」は引くべき?当たりキャラと評価【6周年ガチャ】

【ドラゴンボールレジェンズ】「LL超サイヤ人ゴッド孫悟空(SP/GRN)」の評価・使いみち

【ドラゴンボールレジェンズ】「破壊神ビルス(SP/BLU:劇場版編)」の評価・使いみち

【ドラゴンボールレジェンズ】「LLアルティメット孫悟飯(SP/PUR)」の評価・使いみち

スポンサーリンク

スポンサーリンク