ポケモンSV (スカーレットバイオレット)
ポケモンSV (スカーレットバイオレット)攻略wiki

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「すりぬけ」の特性と効果

すりぬけの効果
・壁系の技やみがわりを無視して攻撃できる

「すりぬけ」もちのポケモン一覧

ポケモンタイプ
ドラパルト

ドラパルトの育成論

ドラゴン

ゴースト
入手方法/進化方法
ドロンチのレベルを60以上にする
ポケモンタイプ
オンバーン

オンバーンの育成論

ひこう

ドラゴン
入手方法/進化方法
オンバットのレベルを48以上にする
北1番エリア
ポケモンタイプ
ミカルゲ

ミカルゲの育成論

ゴースト

あく
入手方法/進化方法
ナッペ山
ポケモンタイプ
アノホラグサ

アノホラグサの育成論

くさ

ゴースト
入手方法/進化方法
アノクサを1000歩連れ歩いてからレベルアップさせる
北1番エリア
ポケモンタイプ
ワタッコ

ワタッコ

くさ

ひこう
入手方法/進化方法
ポポッコのレベルを27以上にする
北3番エリア
ポケモンタイプ
ハブネーク

ハブネーク

どく
入手方法/進化方法
南5番エリア

スポンサーリンク

「すりぬけ」もちのおすすめポケモン

相手の壁を無視するアタッカーのドラパルト

特性が「すりぬけ」の場合相手のひかりのかべやリフレクター、みがわりといった効果を無視してダメージを与えることができるため、ドラパルトをアタッカーとして使う時に相手の受け耐性を無視して攻撃できる点が相性が良いです。

相手のみがわりを無視して妨害できるワタッコ

「やどりぎのタネ」「おきみやげ」といった本来みがわりで防がれるような変化技を「すりぬけ」によって相手のみがわりを無視して攻撃できるため、より妨害性能の高いサポート役として使えるようになります。

スポンサーリンク

「すりぬけ」の強いところ

相手の壁を無効にできる

「すりぬけ」は相手の「リフレクター」や「ひかりのかべ」といった変化技の効果を無視して技を出すことができます。相手の壁を無視して攻撃ができるため、相手のサポート型の変化技を実質的に無視することができます。

みがわりを無視して攻撃できる

「すりぬけ」は壁以外に「みがわり」も無視して攻撃ができます。それによりアタッカーの攻撃が透かされないことに加えて、「みがわり」で「でんじは」などの妨害系の変化技を無効にされることを防ぐことができます。

「すりぬけ」は厳選するべき?

ドラパルトならおすすめ

ドラパルトは隠れ特性よりも通常特性の方が活きる場面が多いです。そのためドラパルトを使う場合は「すりぬけ」にする方が良いので野生で捕まえた個体から育成していくのが良いです。

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

オススメの新着記事

【ポケモンSV】コノヨザルの最強のメガニウム対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】ハラバリーの最強のメガニウム対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「最強のエンペルト」のソロ攻略|勝てない場合の対策法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「最強のエンペルト」の攻略と対策おすすめポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】デカヌチャンの最強のエンペルト対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

スポンサーリンク

ポケモンSV (スカーレットバイオレット)攻略の新着記事

ポケモンSV (スカーレットバイオレット)攻略の新着記事(10件)

【ポケモンSV】「ちょすい」の効果と強いところ・対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「マイペース」の効果と強いところ・対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「どんかん」の効果と強いところ・対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「やるき」の効果と強いところ・対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「しめりけ」の効果と強いところ・対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「ワイドブレイカー」の効果と覚えるポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「どくづき」の効果と覚えるポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「あくび」の効果と覚えるポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「ドわすれ」の効果と覚えるポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】ミズゴロウの入手方法と技構成|色違いについて【ポケモンスカーレットバイオレット】

» ポケモンSV (スカーレットバイオレット)攻略の記事をもっと見る

スポンサーリンク