ポケモンSV (スカーレットバイオレット)
ポケモンSV (スカーレットバイオレット)攻略wiki

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ザマゼンタの最強のイーブイ対策方法の予想

ザマゼンタは貴重なエスパータイプ等倍のかくとうタイプポケモンであるため、イーブイで最高火力になるであろうアシストパワーに対して強く出られます。またてっぺき+ボディプレスで耐久面を稼ぎつつ効果抜群で高い火力を出せるので安定して相手にダメージを与えることができます。

ポケモンタイプ対策おすすめの点
ザマゼンタ

ザマゼンタ

かくとう

はがね
・アシストパワーを等倍で受けられるかくとうタイプ
・てっぺき+ボディプレスの火力がとても高い

ボディプレスが優秀

ザマゼンタは元々の防御種族値が高く、てっぺきでさらに防御を上げることができるので、ボディプレスの火力を一気に上げることができます。またアーマーガアなどと違いタイプ一致で出せるのでかくとうテラスしたばあいの恩恵も大きいです。

効果
ボディプレス自身の防御が高いほど与えるダメージが増える
おすすめの点
・ザマゼンタはてっぺき持ち且つ防御が高いのでダメージが優秀
・かくとうタイプでタイプ一致なのも強力

ふくつのたてはてっぺきをしっかり使うなら少し役に立ちにくい

ザマゼンタは伝説ポケモンなので特性が1つしかなく、ふくつのたてとなっています。くちたたてを持っていると場に出たときに防御が1段階上がる効果を持っていますが、結局てっぺきで防御を上げるのでこの特性は開幕の被ダメ軽減として考えましょう。

特性効果
ふくつのたて場に出ると防御が1段階上げる
おすすめの点
・ボディプレスの威力をてっぺきを使わなくても火力が高め
・てっぺきを3回積む場合はあまり影響がない

ザマゼンタでソロ攻略はできる?

ザマゼンタは耐久自体はとても高いですが自己回復を持っていないため、いやしのエールでしっかり回復できるかどうかの運が絡んできます。他の攻撃と吸収を同時にできるアタッカーと比べると安定性に欠けるのでソロ攻略は少しきついでしょう。

スポンサーリンク

ザマゼンタの最強のイーブイ向け育成論

基本的には防御を上げる努力値と性格でてっぺき+ボディプレスでの火力を存分に引き出せるようにしましょう。また味方にも殴れるキャラがいるならとおぼえでサポートして上げるのもいいでしょう。

おすすめの性格わんぱく
おすすめのテラスタイプ
かくとう
努力値配分防御252
特防252
特性ふくつのたて
技構成てっぺき
ボディプレス
ひかりのかべ
とおぼえ
持ち物くちたたて

ザマゼンタの対戦用育成論との違い

対戦用では攻撃に振って普通のはがね技を覚えさせたりしますが、レイド用ではてっぺき+ボディプレスの1つしか使わないので攻撃を上げず他の攻撃技も覚えさせません。またそういった育成では2枠あくので耐久用のひかりのかべや味方バフのとおぼえでのサポート技を入れています。

対戦用育成論とは違う点
・ボディプレスしか使わないため攻撃に振らない
・はがね技を使わない
・てっぺき+ボディプレスがあればいいので他はサポート技などを入れている

ザマゼンタでおすすめの性格はわんぱく

性格はわんぱくがおすすめです。わんぱくにすることで防御を上げつつ必ず使わない特攻を下げるので、デメリットなくボディプレスの威力を上げることができます。

性格ステータス
わんぱく防御↑特攻↓

防御と特防に多く振っておく

ザマゼンタはボディプレスの関係で攻撃に振らず防御に振るのでどちらに対しても耐久を高めることができます。HPでもいいですが、アシストパワーが怖いので特防に振る方が特殊面でも耐久出来るのでお勧めです。

努力値を振るために必要な素材
ステータスアイテム
HPたいりょくのハネ×4
防御ブロムヘキシン×25
ていこうのハネ×2
特防キトサン×25
せいしんのハネ×2

ザマゼンタでおすすめの技はボディプレス

ボディプレスは自身の防御が高いほど、正確には防御の値を参照して攻撃する技です。ザマゼンタは元々の防御力が高く、かくとうのタイプ一致であり、てっぺきもしっかり持っているので、てっぺき+ボディプレスで高い火力を出すことができます。

効果
ボボディプレス自身の防御が高いほど与えるダメージが増える

スポンサーリンク

ザマゼンタの最強のイーブイでの立ち回りの予想

特に被ダメがきつくないなら取り敢えずてっぺきを3回積んだ後ボディプレスを連打するだけでいいでしょう。できれば回復役は味方に任せられると、いやしのエールに取られるターンがなくなるので戦いやすくなります。

手順立ち回り
手順1てっぺきを3回使う
手順2ボディプレスを連打する
手順3攻撃が痛いならひかりのかべで対応

てっぺきを3回使う

まずはボディプレスの火力を最大まで上げるためにてっぺきを使いましょう。3回で防御ランクが最大になるので、何回か使って体力が減ってきたら回復しつつ3回使いましょう。

ボディプレスを連打する

防御を上げ終わったらボディプレスでひたすら攻撃していきましょう。体力が減ってきたら回復し、テラスタルができるならテラスタルして攻撃を加えていきましょう。

攻撃が痛いならひかりのかべで対応

ザマゼンタはひかりのかべを覚えています。イーブイは特殊技で強力なものを何個か持っており、めいそうからのアシストパワーは火力が高いので、その攻撃が痛いならひかりのかべで耐久力を上げるといいでしょう。

ザマゼンタと相性のいいポケモン

ザマゼンタは自身で殴れるアタッカーとしての性能が高いポケモンです。それにしては耐久が高いですが、自己回復や敵デバフなどのサポート面が無いので、ザマゼンタが火力を出せるようなサポートができるポケモンがほしいところです。

オーロンゲで両壁を張ってもらう

オーロンゲはいたずらごころの特性で相手に先制してリフレクターやひかりのかべを貼ることができます。またソウルクラッシュで相手のとくこうを下げることができるので、相手のアシストパワーに対する牽制としても優秀です。

オーロンゲのレイド育成論はこちら
オーロンゲ

オーロンゲの
レイド育成論

ミロカロスで回復と火力サポートしてもらう

ミロカロスはしんぴのまもりでの状態異常回復やいのちのしずくでの回復が得意です。またひやみずで攻撃を下げることができるので、物理耐久をさらに引き上げることができます。

ミロカロスのレイド育成論はこちら
ミロカロス(最強のイーブイ)

ミロカロス
(最強のイーブイ)

ミュウなどのはたきおとすができるポケモンもおすすめ

今回のイーブイはしんかのきせきなどを持っている可能性があります。なのではたきおとすを覚えるミュウなどを採用するといいでしょう。またミュウはてだすけでの火力バフができたり、いのちのしずくでの回復もできる優秀なサポート役です。

ミュウのレイド育成論はこちら
ミュウ(最強のイーブイ)

ミュウ
(最強のイーブイ)

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

オススメの新着記事

【ポケモンSV】コノヨザルの最強のメガニウム対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】ハラバリーの最強のメガニウム対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「最強のエンペルト」のソロ攻略|勝てない場合の対策法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「最強のエンペルト」の攻略と対策おすすめポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】デカヌチャンの最強のエンペルト対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

スポンサーリンク

ポケモンSV (スカーレットバイオレット)攻略の新着記事

ポケモンSV (スカーレットバイオレット)攻略の新着記事(10件)

【ポケモンSV】「アロマベール」の効果と強いところ・対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】カラマネロのレイド周回用育成論と技構成【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】ミュウの最強のメガニウム対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】カラマネロの最強のメガニウム対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「ふんどのこぶし」の効果と覚えるポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「デコレーション」の効果と覚えるポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「アストラルビット」の効果と覚えるポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「なげつける」の効果と覚えるポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「つぼをつく」の効果と覚えるポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「ニトロチャージ」の効果と覚えるポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

» ポケモンSV (スカーレットバイオレット)攻略の記事をもっと見る

スポンサーリンク