ファイナルファンタジーXIV
FF14攻略wiki

スポンサーリンク

スポンサーリンク

極ダイヤウェポン捕獲作戦の概要

極ダイヤウェポン捕獲作戦
突入条件ファイター/ソーサラー Lv80
「ダイヤウェポン破壊作戦」をコンプリート
突入場所ギラバニア湖畔地帯 (X:11.5 Y:22.5)
NPC「ガーロンド社の原型師」
参加レベルLv80
IL制限平均IL510~
参加人数8人
制限時間60分

ダイヤウェポン(ノーマル)クリアで開放される

「極ダイヤウェポン捕獲作戦」は「ダイヤウェポン破壊作戦」を高難易度にしたコンテンツです。参加するには、クロニクルクエスト「ダイヤウェポン破壊作戦(ノーマル)」をコンプリートしている必要があります。

極ダイヤウェポン武器が入手できる

極ダイヤウェポン捕獲作戦ではクリア時の宝箱からIL525?の極ダイヤウェポン武器が入手できます。また、コンプリート時に必ず1個獲得できる交換用トークンをモードゥナ (X:22.7 Y:6.7) にいるNPC「カ・インタナ」に必要数渡すことで、武器と交換できます。

予習と練習が必要な難易度

極ダイヤウェポン捕獲作戦は難易度が高く、クリアするにはギミックの予習と練習パーティの参加がほぼ必須となります。ILがギリギリな人はDPSチェックにひっかかる可能性があるため、しっかりと飯の用意や、木人を叩いて火力を出せるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

極ダイヤウェポン捕獲作戦のマクロ

極ダイヤウェポン捕獲作戦のマクロは現在調査中です。詳しい情報が判明し次第、情報を追記します。

  1. /p テンゼン
  2. /p
  3. /p
  4. /p テンゼン
  5. /p
  6. /p

極ダイヤウェポンのタイムライン

フェーズ1

詠唱解説
ダイヤレイン機体に乗っている人数に応じたダメージを与える
→各機体に4:4で分かれて受ける
レーザーヘイト1,2位に対して直線範囲AA
→タンクから離れておく
装甲展開(爪+大砲orミサイル)爪が光った側に対して3カウント後に即死攻撃
→ポータルによる逆サイドへの移動で回避
その後大砲からミサイル攻撃
大砲:ランダム1名にカウントダウン後、直線頭割り付与
→全員で固まって対処する
ミサイル:肩の装甲が開いていることで判断
→攻撃が重ならないように散開して処理
フォトンバーストタンク2名に距離減衰付与
→離れて対処する
装甲展開(2回目/爪のみ)爪が光った側に対して3カウント後に即死攻撃
→ポータルによる逆サイドへの移動で回避&移動しなかった味方は攻撃後対岸へ移動
ダイヤレイン機体に乗っている人数に応じたダメージを与える
→各機体に4:4で分かれて受ける
装甲展開(3回目/爪+大砲orミサイル(一回目で来なかった方))爪が光った側に対して3カウント後に即死攻撃
→ポータルによる逆サイドへの移動で回避
その後大砲からミサイル攻撃
大砲:ランダム1名にカウントダウン後、直線頭割り付与
→全員で固まって対処する
ミサイル:肩の装甲が開いていることで判断
→攻撃が重ならないように散開して処理
フォトンバーストタンク2名に距離減衰付与
→離れて対処する

フェーズ2

詠唱解説
コード666ビーストモードに変形&青い円形AoE展開&腕出現
→青色円形AoEで吹き飛ばされた後に腕が対岸になるように調整
AoE後は片面のフィールドへ全体攻撃
→ポータルで逆サイドへ移動
アウトレイジ全体範囲攻撃
アウトレイジ全体範囲攻撃
アウリアーツ(ジグザグ→直線)直線AoEが出た順に突進攻撃
→ジグザグはボス後方横側が安置になる
→直線攻撃はジグザグ後にボスの向いている方向と逆サイドに退避
アウトレイジ全体範囲攻撃
アウリドゥームヘイト1位へ大ダメージ攻撃
→軽減スキルで対処
→着弾時範囲攻撃なので、他の味方は近づかない
アウリアーツ(直線→円範囲)
or(円範囲)
ボスの反対側に青い球がある場合:フィールド中央へ直線攻撃し、その後、元の位置に円形範囲攻撃
→ボスの突進先方向の端に退避
ボスの反対側に青い球が無い場合:ボスの反対方向に円形範囲攻撃
→ボス方向に退避
バーチカルクリーヴ中央東西の柱にボスが移動
移動先にノックバック攻撃
→落ちないように攻撃先に移動
アームビット(アウリアーツ(ジグザグ)複合)腕が複数出現&各腕から直線範囲攻撃
その後、ボスがアウリアーツ(ジグザグ)使用
→腕の前方から退避&アウリアーツに備えて安置に移動
(この時、腕の前方に立たないことを意識する)
アウトレイジ全体範囲攻撃
アウリドゥームヘイト1位へ大ダメージ攻撃
→軽減スキルで対処
→着弾時範囲攻撃なので、他の味方は近づかない
アームビット(アウリアーツ(直線)複合)腕が複数出現&各腕から直線範囲攻撃
その後、ボスがアウリアーツ(直線)使用
→腕の前方から退避&アウリアーツに備えて安置に移動
(ボスの反対側に球があるかどうかで攻撃パターンが変化)
バーチカルクリーヴ(アームビット複合)中央東西の柱にボスが移動
移動先にノックバック攻撃
→落ちないように攻撃先に移動&移動先にアームビットが無い方向にする
アウトレイジ全体範囲攻撃

フェーズ3

詠唱解説
フラッドレイサイコロマーカーの順にボスから120°扇形範囲攻撃
フォトンバーストタンク2名に距離減衰付与
→離れて対処する
アームビット各機体に4つずつ腕を展開
装甲展開(爪+大砲orミサイル)爪が光った側に対して3カウント後に即死攻撃
→ポータルによる逆サイドへの移動で回避
その後大砲からミサイル攻撃
大砲:ランダム1名にカウントダウン後、直線頭割り付与
→全員で固まって対処する
ミサイル:肩の装甲が開いていることで判断
→攻撃が重ならないように散開して処理
(アームビットの攻撃も併発)
ダイヤレイン機体に乗っている人数に応じたダメージを与える
→各機体に4:4で分かれて受ける
アームビット各機体に4つずつ腕を展開
ダイヤバースト追尾式AoEを付与
→アームビット前方に1発目のAoEを捨てる&ポータルで対岸に移動
ダイヤスフィアフィールド4か所に落下式AoEが出現
→移動して円範囲に一人ずつ入る
(アームビットの攻撃を避けてから踏む)
フォトンバーストタンク2名に距離減衰付与
→離れて対処する
装甲展開(爪+大砲orミサイル)爪が光った側に対して3カウント後に即死攻撃
→ポータルによる逆サイドへの移動で回避
その後大砲からミサイル攻撃
大砲:ランダム1名にカウントダウン後、直線頭割り付与
→全員で固まって対処する
ミサイル:肩の装甲が開いていることで判断
→攻撃が重ならないように散開して処理
(アームビットの攻撃も併発)
ダイヤレイン機体に乗っている人数に応じたダメージを与える
→各機体に4:4で分かれて受ける

スポンサーリンク

極ダイヤウェポン(フェーズ1)の攻略と立ち回り

ポータルを利用してフィールドを移動する

対面に2号機が到着した後はポータルでフィールドを移動することが出来ます。ボスからの即死攻撃や範囲攻撃といった様々なギミックを回避するためにフィールドの移動が非常に重要な役割を果たします。移動は各フィールド南北の2か所(計4か所)に存在する円形のポータルから移動することが出来ます。特に、極ダイヤウェポンでの「ダイヤレイン」は各機体に乗っている人数に応じてダメージが変化し、ポータルは再使用までに時間がかかるため、むやみに移動していると対処できなくなってしまう点に注意が必要です。また、途中の「コード666」後に一度、片方の機体が墜落してしまうので、この時に墜落側の機体に居ないようにしましょう。

基本的にタンク2名は離れた位置で戦う

先頭を通してボスから行われる攻撃の中にタンク2名への直線範囲攻撃があります。味方やタンク同士で固まってしまうと、まとまったダメージを受けてしまうことになるので、味方のいない位置で受けるように位置取るようにしておきましょう。

併発する即死攻撃や「装甲展開」時のボスの姿に注意

ダイヤウェポンの攻撃の中でも装甲展開(爪)は特に注意が必要になっており、爪が出た方向のフィールド全体に対してカウントダウン後、即死攻撃を行うというものになっています。他の攻撃パターンに交じってこの即死攻撃が飛んでくる場合もあり、攻撃範囲も広いため、最優先で対処する必要があります。また、装甲展開時にはボスの装甲の胸元や肩に変化が現れ、それに応じて続く攻撃の種類が変わってきます。爪による即死攻撃をかわした後の処理を素早く出来るように、ボスの装甲をよく見ておくことが重要です。

極ダイヤウェポン(フェーズ2)の攻略と立ち回り

コード666の処理

「コード666」詠唱後、青色の円形AoEと腕が出現しプレイヤーと線で結ばれ、ボスが円形AoEに向かってノックバック攻撃を仕掛けてきます。線は腕と反対方向の機体に位置取ることで対応できるため、AoEのノックバック方向を調整して対応しましょう。線でつながった腕が違う機体にある時は機体中央のライン上の円付近、線でつながった腕が同じ機体にある時は、飛び移りたい機体方向の円付近に位置取りましょう。その直後、ボスが片側の機体全体に攻撃をして、機体を墜落させるので予兆が入った機体側のプレイヤーはすぐさまポータルで対岸に移動しましょう。

アウリアーツの見分け方

アウリアーツは青色の玉が機体周辺にどのように配置されているかで攻撃パターンを見分けることが出来ます。機体の周囲に玉がある場合は、ジグザグにボスが突進し、最後にフィールド中央に直線攻撃をしてきます。ジグザグの攻撃予兆の隙間に出来た三角形が安置になるので確認しておきましょう。また、青い玉が機体の両端に配置されている場合は「直線攻撃→円範囲攻撃」で安置は、1回目のボスの突進方向、青い玉が機体の片端に配置されている場合は「円範囲攻撃」になり、安置はボスのいる方向となります。続けて「バーチカルクリーヴ」のノックバック攻撃が飛んでくるので、攻撃位置に入って吹き飛ばされないようにしましょう。

アームビットからの攻撃に注意が必要

フェーズ2以降ではアームビットが展開され、様々な攻撃パターンに複合する形で登場します。基本は腕の前方方向への直線範囲攻撃となっているので、前方に入らなければ良いのですが、他の攻撃パターンと複合した時に忘れがちになるため、アームビット展開時は位置取へ常に注意が必要になります。

極ダイヤウェポン(フェーズ3)の攻略と立ち回り

フラッドレイの対処方法

フラッドレイは各プレイヤーに付与されたサイコロマーカーの順にボスを起点とした扇形範囲攻撃を行うという攻撃になっています。攻撃範囲が非常に広く、対処しづらいですが、ダイヤレイン時のように各機体に4人ずつ配置することでダメージを抑えることが出来ます。各機体に奇数組と偶数組で4人ずつに分かれ、扇形範囲攻撃を北と南で受けるのがおすすめです。奇数組を例にとると、1番が北、3番が南、5,7は中央に配置し、1,3番への攻撃が終わった後は中央の5,7番と場所を入れ替え、5番が北、7番が南で受けるといった移動をするとダメージを最小限に抑えることが出来ます。偶数組も同様にすることで左右の機体に攻撃を散らしつつ、ダメージを受ける人数を減らせます。

ダイヤレイン→ダイヤバースト→ダイヤスフィアの処理

バトル終盤に移動が複雑で長くなる攻撃パターンがあります。まずは、アームビット展開後の装甲展開による処理後、移動しなかったプレイヤーはすぐさま対岸へ移動し、ダイヤレインのダメージを抑えるようにしましょう。さらに、アームビットが複合する形でダイヤバーストとダイヤスフィアが続くので、腕の前方にダイヤバースト1発目のAoEを捨て、ポータルで対岸に移動し、アームビットからの攻撃をかわしましょう。次に、移動先でダイヤスフィアのギミックに対処すべく、各エリアに1人ずつ入りましょう。この時、アームビットからの攻撃も複合しており、アームビット→ダイヤスフィアの順に攻撃がくるので、アームビットの攻撃をかわしてからダイヤスフィアを処理しましょう。

極ダイヤウェポンの報酬

極ダイヤウェポン武器

IL525の極ダイヤウェポン武器が入手可能です。直接のドロップ以外に、1回クリアで2個必ず入手できる「未知蛮神のトーテム像」を10個集めることで、交換所で好きな武器1つと交換することができます。

その他のドロップアイテム

アイテム使いみち
ダイヤウェポン装甲片チョコボ装甲のクラフト素材
ダイヤグイベルの魔笛マウント:ダイヤグイベルを習得
パッチ5.5のマウント/ミニオン一覧
古びた譜面:漆黒の王狼、再びオーケストリオン譜:漆黒の王狼、再びの素材

スポンサーリンク

コメント

利用規約を閲覧の上ご利用ください

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

オススメの新着記事

【FF14】オーボンヌ攻略まとめ

【FF14】マスクカーニバル攻略まとめ

【FF14】オーボンヌ装備(イヴァリースシリーズ)一覧と性能まとめ

【FF14】青魔道士の評価とラーニングできるアクション一覧

【FF14】「雷神シド」攻略とギミック解説【オーボンヌ】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ゲームの権利表記

Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.