ポケモンSV (スカーレットバイオレット)
ポケモンSV (スカーレットバイオレット)攻略wiki

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ヒスイゾロアークの育成論関連まとめ記事
ヒスイゾロアーク

ヒスイゾロアーク

ゾロアーク

ゾロアークの育成論

ヒスイゾロアークの入手方法と使い道

ゼロの秘宝の早期購入特典で入手可能

ヒスイゾロアークはDLC「ゼロの秘宝」を10月31日までに購入すると早期購入特典としてシリアルコードを入力することで入手できます。メニュー画面の「ふしぎなおくりもの」からシリアルコードを入力することで受け取れるので、入力期限になる2月29日までにコードを入力して入手しましょう。
また、ポケモンホームからの移送でも入手することは可能です。

スポンサーリンク

ヒスイゾロアークのステータス

配布で入手できるヒスイゾロアークは親名やIDは自分のものになるので、ニックネームの変更などを行えます。通常では覚えない「ハッピータイム」を覚えているほか、特別なプレシャスボール入り・「カリスマのあかし」持ちであるという珍しいヒスイゾロアークなので、今後同様の個体は入手できないと思われます。

ヒスイゾロアークの簡易ステータス
レベル50
性格ランダム
テラスタイプあく
個体値ランダム
技構成ハッピータイム
テラバースト
うらみつらみ
わるだくみ
ボールプレシャスボール

ハッピータイムはお金稼ぎに使える

ヒスイゾロアークが特別に覚えている技「ハッピータイム」は、戦闘中に使用すると賞金が2倍になる効果を持っています。「おまもりこばん」と併用すれば賞金が4倍になるので、一気に金策を進めることができます。攻撃技ではなく1ターンのスキを晒すことになってしまいますが、ヒスイゾロアークはイリュージョンの特性で相手NPCも騙せるので、パーティ構成を工夫すれば金策効率が上がります。

スポンサーリンク

ヒスイゾロアークの旅パでのおすすめの運用方法

DLC「ゼロの秘宝」攻略向けのおすすめ育成論

ヒスイゾロアークは対戦向けなのでストーリーでそこまで活躍するわけではありませんが、レベルを上げれば速攻特殊アタッカーとして使っていけます。回復が面倒でないならハッピータイムで金策しながらDLCのストーリーを進めていけるので、できるだけ素早い性格にして起用すると良いでしょう。
特性は「イリュージョン」しかないので、構成を工夫して敵NPCを騙せるポケモンにしたいです。

おすすめの性格性格補正
おくびょう素早さ↑攻撃↓
おすすめの特性効果
イリュージョンイリュージョン

ヒスイゾロアークの旅パ/レイドバトルでのおすすめわざ構成

ヒスイゾロアークは旅パで使うには自力習得技の範囲が極めて狭いのがネックです。ゴースト・あくを除くと旅パで安定して使えるのはほのお・エスパー技くらいしかありません。無理にヒスイゾロアークを出し続けるよりもハッピータイム要員と割り切って、タイプ一致技でダメージを出せるようにしていきましょう。

わざタイプ
うらみつらみ
ゴースト
かえんほうしゃ
ほのお
イカサマ
あく
ハッピータイム
ノーマル

うらみつらみは攻撃しながら相手の攻撃を下げる

うらみつらみはゴースト版ひやみずといえる技で、攻撃しながら相手の攻撃を1段階下げることができます。シャドーボールよりも少しだけ威力が下がるものの誤差レベルであり、倒せなかった相手から物理技で受けるダメージを減らせるので使い勝手が良いです。

イカサマは物理アタッカーをカモにできる

イカサマは相手の攻撃を自分の攻撃として計算して物理攻撃を行います。エスパー・ゴーストの物理アタッカーには特に大ダメージを与えることができるほか、等倍範囲が広いので弱点を突けない相手にダメージを与えていく目的で使っていくと良いでしょう。

ヒスイゾロアークと相性のいいポケモン

ヒスイゾロアークは「ノーマル」「かくとう」「ゴースト」の3タイプを無効化するので、かくとう・ゴーストが弱点のポケモンに化ければ相手のNPCも見事に騙されてくれます。最強のミュウツーのほか、はがねタイプのポケモンやエスパータイプと組み合わせるのが良いでしょう。
ただしあくはゴーストと攻撃範囲が似ているので、ヒスイゾロアーク自身が弱点を突かれてワンパンで沈まないように、交代で広い範囲に攻撃できるポケモンを一緒に使っていくようにしましょう。

ヒスイゾロアークの強いところ

ヒスイゾロアークは味方のポケモンに化ける特性をもつうえにストーリーでは見せ合いがないので、相手のNPCを騙し放題です。1ターンのスキを作ってハッピータイムを使いつつ交代という動きがしやすいので、ノーマル・かくとう・ゴーストを無効化することを活かして戦いましょう。

無効タイプを活かせる相手に使う

ヒスイゾロアークは攻撃範囲がそれほど広いとはいえず、弱点を突ける相手はライム・リップのみです。アオキも含めて攻撃タイプを無効化できるアドバンテージを活かしていきたいので、ノーマルのアオキ、ゴーストのライム、エスパーのリップ相手に使っていきましょう。

対策おすすめのジムリーダー/四天王
アオキ

アオキ

ライム

ライム

リップ

リップ

ヒスイゾロアークの対戦/レイド育成のやり方について

ヒスイゾロアークはイリュージョンの特性に全振りしたような性能を持っており、無効タイプが多く弱点が1つの代わりに素の性能がそれほど高いとはいえません。対戦においては明確な強みとなっているので、3つある無効化タイプを活かして相手に不利な読み合いを強いていきましょう。読み合いをしてこそのポケモンなので、そもそも特性が発動しないレイドはあまり向いていません。

対戦では「イリュージョン」で読み合いを強いることが可能

ヒスイゾロアークは通常のゾロアークと同じくイリュージョンの特性を持っているので、味方のポケモンに化けることで3つの無効タイプを活かすことができます。見せ合いの時点でゾロアークがいることはバレますが、先発で出てきたのがゾロアークなのかそうでないのか、相手は不利な読み合いを強いられます。
特に「あく」半減、「かくとう」「ゴースト」などが弱点のポケモンの場合は相手がかなり不利な読みを要求されるので、組み合わせるポケモン・化けさせるポケモンはよく考えておきましょう。

レイドでは特性が発動しないので活躍しづらい

レイドバトルではイリュージョンの特性が発動せず、ヒスイゾロアークは無効タイプが3つあるのがメリットというだけのポケモンになってしまいます。レイドのポケモンはたいてい複数の攻撃タイプを持っているので、素の耐久が低いヒスイゾロアークでは相手の攻撃に耐えきれません。そのため、レイドでは相手の攻撃タイプがノーマル・ゴースト・かくとうの3つのみでない限り、ヒスイゾロアークは使わない方が良いでしょう。

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

オススメの新着記事

【ポケモンSV】コノヨザルの最強のメガニウム対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】ハラバリーの最強のメガニウム対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「最強のエンペルト」のソロ攻略|勝てない場合の対策法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「最強のエンペルト」の攻略と対策おすすめポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】デカヌチャンの最強のエンペルト対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

スポンサーリンク

ポケモンSV (スカーレットバイオレット)攻略の新着記事

ポケモンSV (スカーレットバイオレット)攻略の新着記事(10件)

【ポケモンSV】「ちょすい」の効果と強いところ・対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「マイペース」の効果と強いところ・対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「どんかん」の効果と強いところ・対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「やるき」の効果と強いところ・対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「しめりけ」の効果と強いところ・対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「ワイドブレイカー」の効果と覚えるポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「どくづき」の効果と覚えるポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「あくび」の効果と覚えるポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「ドわすれ」の効果と覚えるポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】ミズゴロウの入手方法と技構成|色違いについて【ポケモンスカーレットバイオレット】

» ポケモンSV (スカーレットバイオレット)攻略の記事をもっと見る

スポンサーリンク