アズールレーン
アズールレーン攻略

スポンサーリンク

クリーブランドについて

「クリーブランド」はユニオンのSレア軽巡洋艦です。スキル「強襲指令」の効果で全艦の与ダメージアップができ、スキル「対空配置」により対空性能が非常に高いです。
トップクラスの性能を誇る軽巡洋艦なので、ほとんどの海域や演習で活躍することができます。

クリーブランドのおすすめ装備

装備箇所ごとにおすすめ装備を解説します。入手方法なども紹介するので、持っていない装備は堀りや装備箱から狙いましょう。

クリーブランドのおすすめ主砲

155mm三連装砲T3(榴弾)

「155mm三連装砲T3」は軽巡洋艦の主砲で弾薬が「榴弾」の最強の主砲となっています。星5のためステータスも高く、非常に優秀な主砲です。
ただし、SSレア軽巡のベルファストが榴弾強化のスキルを持っているため、1つかない場合はそちらに優先して装備させておきたいところです。
「155mm三連装砲T3」の設計図は「海域6-2」でドロップするほか、蔵王重工のT4,5装備箱からも入手できます。

150mmTbtsKC/36連装砲T3(徹甲弾)

150mmTbtsKC/36連装砲T3は、軽巡の主砲の中で最も発射速度が早い主砲となっています。
4-2を周回することで入手可能なため、155mm三連装砲T3(榴弾)を入手するまでのつなぎとし装備させておくとよいでしょう。

クリーブランドのおすすめ副砲

127mm連装両用砲MK12T3(榴弾)

クリーブランドは駆逐艦の副砲が装備可能となっています。
とくにおすすめは、127mm連装両用砲MK12T3、榴弾のため戦艦にもダメージを与えやすく、火力も高いめとなっています。また、対空も上昇します。

クリーブランドのおすすめ対空砲

QF 2ポンド八連装ポンポン砲T3

軽巡洋艦の対空砲は威力重視がおすすめです。そのため、威力が高い「QF2ポンド八連装ポンポン砲」が最もおすすめの装備となります。
「QF2ポンド八連装ポンポン砲T3」は海域でのドロップはなくヴィスカーのT5装備箱からのみ入手することができます。T2であれば「海域5-4」で設計図がドロップするので、T3が装備箱から入手できるまではT2を装備させておきましょう。

クリーブランドのおすすめ設備

設備は海域に出現する敵に合わせて変更しましょう。特定の海域攻略用ではなく汎用的に使える装備では下記などがおすすめです。

応急修理装置T3

応急修理装置T3は耐久の最大値が上昇し、さらに一定時間ごとに耐久が回復する効果があります。継戦能力が高くなるので、敵艦隊を複数撃破して回る場合に優秀です。
設計図が「海域3-4」でドロップするため、「赤城」や「加賀」掘りのついでに設計図を集めることができます。

火器管制レーダーT3

クリーブランドは魚雷を装備できないため、素直に火力を高める装備をつけるのがおすすめです。
火器管制レーダーは、火力と命中を上げることができる設備となっています。そのため、難易度が高いボスマスに挑む際に装備しておくとよいでしょう。
「火器管制レーダーT3」の設計図は、海域4-3でドロップします。

バルジT3

通常海域の7章などでは、敵の魚雷攻撃がかなら激しくなってきます。手動操作でもすべて回避することが難しいので、魚雷ダメージを軽減する「バルジT3」を装備しておきましょう。
魚雷は一発のダメージが大きいので「バルジT3」を装備していない場合は事故率が高くなります。「バルジT3」の設計図は、通常海域の「4-1」でドロップします。

SGレーダーT3

「SGレーダーT3」は装備することで、ランダムに出現する敵の「待ち伏せ率」が低下し、遭遇時の「回避成功率」が上昇します。雑魚敵を殲滅する艦隊は、移動距離が多くなるため敵の待ち伏せに遭いやすいです。「SGレーダーT3」を装備させて戦闘回数を減らしましょう。
「SGレーダーT3」および「SGレーダーT2」の設計図は通常海域の「6-1」でドロップします。

その他の艦船のおすすめ装備の関連記事

スポンサーリンク

コメント