アズールレーン
アズールレーン攻略wiki

スポンサーリンク

フッドについて

フッドはロイヤル陣営のSSレア巡洋戦艦です。
スキル「グロリー・オブ・ロイヤル」は主砲攻撃時、最大70%の確率で特殊弾幕を発動し、さらに8秒間主力艦隊の装填値を最大40%アップすることができます。
非常に強力なスキルを持っている最強クラスの巡洋戦艦となっています。また、ステータス面でもSSレア艦だけあってトップクラスの数値を誇っています。

フッドのおすすめ装備

フッドのおすすめ主砲

356mm連装砲T3

攻撃速度を上げて「グロリー・オブ・ロイヤル」を発動させる

フッドが強力な最大の理由としてスキル「グロリー・オブ・ロイヤル」が上げられます。
「グロリー・オブ・ロイヤル」は主砲の攻撃時に確率発動するため、フッドの主砲は攻撃速度を最も重視するのがおすすめです。
そのため、戦艦主砲で最速の発射速度を誇る「356mm連装砲T3」がおすすめの装備となっています。

410mm連装砲T3

榴弾砲を使いたい場合におすすめ

「410mm連装砲T3」は、「356mm連装砲T3と」比較すると1秒前後装填時間が長いのですが、威力が高く、さらに軽装甲の敵に軽減されない榴弾砲であるという利点もあります。
出撃する海域や艦隊の役割によって主砲を使い分けましょう。

主砲を装備しない

「グロリー・オブ・ロイヤル」の弾幕は主兵装に依存しない

自身の火力を捨て、装填速度を最速にする場合には、あえて主砲を装備しないという選択もおすすめです。
フッドのスキル「グロリー・オブ・ロイヤル」の発動時に使用する特殊弾幕の威力はスキルレベルに依存しており、主兵装の火力とは関係ありません。
主砲を装備していなくてもスキルのみでそれなりに火力を期待することができるため、完全にスキル依存にさせるためにあえて主砲を装備しない戦法も存在します。

フッドのおすすめ副砲

「127mm単装砲T3」もしくは「127mm連装両用砲MK12T3」

副砲は、自爆ボートを攻撃する際に使用することが基本となるため、軽装甲に対して威力補正が高い榴弾砲ほぼ一択となります。
フッドの副砲は駆逐艦の主砲のみとなっているため、駆逐主砲の「127mm単装砲T3」もしくは「127mm連装両用砲MK12T3」がおすすめの装備となります。
前衛艦の分も確保する必要があるため、入手は大変ですがしっかりと用意してあげると耐久力が大幅にあがります。
「127mm単装砲T3」は3-2を周回することで入手できるため、周回して必要数を揃えるのもよいでしょう。

フッドのおすすめ対空

QF2ポンド八連装ポンポン砲T3

主力艦隊の対空装備は、威力重視がおすすめです。そのため、威力が高い「QF2ポンド八連装ポンポン砲T3」を装備しましょう。「QF2ポンド八連装ポンポン砲 T3」は海域でのドロップはなく、ヴィスカーのT5装備箱からのみの入手となっています。
T2であれば「海域5-4」で設計図がドロップするので、T3が装備箱から入手できるまではT2を装備させておくのがおすすめです。

フッドのおすすめ設備

自動装填機構T3

フッドは装填速度が上がれば上がるほど、艦隊の攻撃力が上昇していきます。そのため、装填が上昇する設備を装備させましょう。
おすすめの装備は装填が大幅に上昇する「自動装填機構T3」となっています。「自動装填機構T3」の設計図は6-3でドロップします。
また、自動装填機構のT1とT2は設計図が存在しませんが、T3ともども全ての陣営の装備箱から出現します。

自動装填機構は星1と星10で装填値が21も違うため、強化パーツを使っての強化もしっかりと行いましょう。

その他の艦船のおすすめ装備の関連記事

スポンサーリンク

コメント

オススメの新着記事

【FGO】ギル祭の超高難易度クエスト(エキシビジョンクエスト)を攻略

【FGO】「バトルインニューヨーク ピックアップガチャ」はいつ引くべき?当たりサーヴァントと評価

【FGO】ギル祭(バトルインニューヨーク)のイベント攻略まとめ

【FGO】「C・K・T」の評価と使いみち

【FGO】「リターン・マッチ」の評価と使いみち

スポンサーリンク