ポケモンSV (スカーレットバイオレット)
ポケモンSV (スカーレットバイオレット)攻略wiki

スポンサーリンク

スポンサーリンク

テツノブジンの関連記事
テツノブジン

テツノブジン

テツノブジン

テツノブジンの育成論

テツノブジンの育成方針と強いところ

おすすめの性格むじゃき
ようき
おすすめのテラスタル
(テラスタイプ)
はがね

ゴースト
テツノブジンの強いところ・高速二刀流で相手が受け出ししづらい
・覚える技の幅がかなり豊富で補助技も多い
・型が多く初見で何をするのか読ませない

型や技が多くカスタマイズ性が高い

テツノブジンはサーナイトとエルレイドをあわせたような性能を持つ、高速二刀流向けアタッカーです。物理・特殊ともに技が豊富なほか、習得する補助技も多彩なので、できることが多いです。弱点が5つと多いものの耐性も多いのである程度なら交代から出すことも可能で、見せあい時に型を見破られにくく、パーティの穴埋め役としておすすめです。

スポンサーリンク

テツノブジンのおすすめの性格

テツノブジンでおすすめの性格はむじゃき

テツノブジンは二刀流かつ高速なので、素早さも攻撃面も落としたくありません。その場合は防御面を落とすしかないので、元々低く受けるのが難しい特防を下げて素早さを上げる「むじゃき」の性格にするのがおすすめです。
二刀流をしないのであれば、おくびょう・ようきといった不要な攻撃面を下げる性格を選びましょう。

性格ステータス
むじゃき素早さ↑特防↓

テツノブジンのおすすめのテラスタイプ

おすすめのテラスタイプ理由
はがね
弱点が全て半減になる
ゴースト
かげうちを強化しつつノーマル無効化
フェアリー
一致火力を強化するのに有効

テツノブジンははがねのテラスタイプがおすすめ

テツノブジンはテラスタイプをはがねにすると、5つある弱点が全て半減に変わり、前後で一貫している弱点もありません。物理受け方面であれば優秀な種族値なので、相手のポケモンがある程度見えている状況でテラスタルを使っていっても良いでしょう。

スポンサーリンク

テツノブジンのおすすめの型・技構成

先発サポート向け型

高速みちづれ使いとして採用し、みちづれで絶対に1体は処理することを目的としています。アタッカー型と誤認されやすいのが強いので、出てきた受けポケモンを起点にしていきやすいというのが強みです。

おすすめの性格むじゃき
おすすめのテラスタイプ
はがね
努力値配分特攻252
素早さ252
攻撃4
特性クォークチャージ
技構成ムーンフォース
かげうち
アンコール
みちづれ
持ち物ブーストエナジー
型と構成のポイント
みちづれ・アンコールで相手を縛っていく
素早さをブーストして技を使いやすくする
タスキで耐えた相手をかげうちで処理

アタッカー寄りにすることも可能

テツノブジンは技が非常に多いので、覚えさせる技次第でいくらでも型が変わります。単に先発+ブースト型であってもアタッカー寄りで対面構築向けにすることも可能なほか、壁貼り要員として使うこともできます。
アンコール・みちづれといった技は強いですが、他にも多くの技があるので、自分のパーティに不足している役割を遂行させていきましょう。

わざ名採用理由・使いみち
はたきおとす持ち物依存度の高いポケモンを妨害
リフレクター先発の壁貼り要員として起用
そのまま戦うのも交代していくのも良い
ひかりのかべ
おすすめの技・技マシンと技構成
おすすめの技・構成おすすめのわざマシン

みちづれ・アンコールで相手を縛っていく

みちづれは自分が倒された時に相手も倒すことができ、アンコールは高い素早さから迂闊に補助技を使った相手を縛ることで起点にすることができます。有利対面を作るために相手が交代してくることもありますが、その場合は相手を見て引くのかそのまま継続して戦うのかを決めましょう。

素早さをブーストして技を使いやすくする

ブーストエナジーを使えば素早さが1.5倍に強化されるので、スカーフ持ちと同等の素早さで行動することができるようになります。交代すると効果は消えてしまうものの高い素早さからアンコール、みちづれを使えるのが強いほか、アタッカーと読み間違えた相手を狩っていくのも有効です。

タスキで耐えた相手をかげうちで処理

先発以外の場合はタスキでこちらのポケモンが倒された後に死に出しをして、かげうちでそのまま相手を処理していきます。次に出てきた相手をブーストエナジー、みちづれ+アンコールを活用して追い詰めていきましょう。

テツノブジンと相性の良いポケモン

対面性能の高いポケモンがおすすめ

テツノブジンは相手を1:1交換以上に持ち込むことができるので、後続も対面構築によったポケモン選定をすることになりやすいです。ハバタクカミとの相性があまり良くないため、ハバタクカミを警戒しつつ、なるべく抜群範囲が広かったり1:1交換に持ち込みやすいポケモンと一緒に使いましょう。

先発サポート向け型おすすめポケモン
カイリュー

カイリュー

パオジアン

パオジアンの育成論

ミミッキュ

ミミッキュの育成論

テツノブジンの対策ポケモンと対策方法

弱点を突かれないポケモンを採用する

テツノブジンは二刀流のため、攻撃面はそこまで突き抜けた火力ではありません。また、先手を取られて高威力の特殊技で倒されるということも多いので、意外と付け入るスキはあります。変化技で縛られないようにだけ気をつけて戦っていきましょう。

テツノブジン対策のおすすめポケモン
ハバタクカミ

ハバタクカミの育成論

カイリュー

カイリュー

ヘイラッシャ

ヘイラッシャ

ハバタクカミならほぼ一方的に倒せる

ハバタクカミはテツノブジンよりも素早く、ブーストエナジー持ちであれば先手を取ってシャドーボールやムーンフォースで大ダメージを与えていけます。かげうちに弱いのは注意しないといけませんが、基本的にはハバタクカミ側のほうが有利です。

ハバタクカミの育成論はこちら
ハバタクカミ

ハバタクカミの育成論

カイリューは先制技で対抗がしやすい

カイリューはマルチスケイルによって攻撃に耐えやすく、さらに「しんそく」持ちなのでアンコール・みちづれコンボに強いという強みがあります。フェアリー弱点とはいえ4倍ではないので充分に耐えきれます。
交代読みには注意しつつ交代から狩って行ってもよいでしょう。

カイリューの育成論はこちら
カイリュー

カイリュー

ヘイラッシャは突破されづらい

ヘイラッシャ相手にテツノブジンからの有効打は少ないです。弱点を突かれなければ突破は難しく、じわれでの処理ならみちづれタイミングも難しくアンコールが痛手になりにくいので、不利ではないという利点を活かしましょう。

ヘイラッシャの育成論はこちら
ヘイラッシャ

ヘイラッシャ

テツノブジンレイドでの対策方法

二刀流かつ攻撃範囲が広いので、攻撃ダメージを抑えるのが難しめです。リフレクター・ひかりのかべの両方を貼って受けるダメージを抑えつつ、相手が苦手な特殊技を使って攻めていくようにすると良いでしょう。

テツノブジンレイドのテラスタイプ
フェアリー

予想

テツノブジンの対戦での立ち回りについて

対面性能が高めな利点を活かす

テツノブジンは高い素早さとアンコール・みちづれ・はたきおとすといった補助技、多彩な攻撃技が強いポケモンです。相手側はテツノブジンが初手で何をしてくるのか分からないので、その型の広さを活かして戦いましょう。
単純なアタッカー起用だと火力が足りなくなりがちなので、どのポケモンを対策したいのかによって型を決めるのが大事です。

テツノブジンが対戦で有利なポケモン理由
アーマーガア

アーマーガアの育成論

テツノブジン対策で出て来やすい
補助技で逆に起点にしていける
ディンルー

ディンルーの育成論

どの型であっても一致火力技で倒していきやすい
トドロクツキ

トドロクツキの育成論

相手に先制技がなく4倍弱点も突けるので有利

弱点が多めなのでテラスタルで反撃するのが有効

テツノブジンは弱点が5つとかなり多いのですが、はがねテラスタルすると全て半減に変わります。前後で一貫している弱点がないので切り返しに使いやすく、豊富な型からそのまま相手に反撃していきやすいです。
対面性能をさらに高めることができるので、テラスタルは主に防御タイプの変更に使うのがおすすめです。

先発向けだが控えから出すのもあり

テツノブジンは交代で出すにはやや耐性が少なめで、みちづれも持つことから先発向けです。ただ、無効タイプや1/4耐性もあるので交代出しをすることもできます。交代出しの場合は先制技やみちづれの存在が強いので、あえてサイクルで使っても良いでしょう。

テツノブジンのおすすめのタマゴ技

タマゴ技を持っていない

テツノブジンはパラドックスポケモンのため、タマゴ技は持っていません。サーナイトやエルレイドが覚える豊富な補助タマゴ技もわざマシンや自力での習得ができるので、先に育ててサーナイト・エルレイド用のタマゴ技習得に使って行っても良いでしょう。

テツノブジンの基本情報

テツノブジンのタイプ・タイプ相性

タイプ1タイプ2
フェアリー
かくとう
倍率タイプ
弱点(4倍)-
弱点(2倍)
エスパー

どく

はがね

ひこう

フェアリー
いまひとつ(0.5倍)
いわ

かくとう
いまひとつ(0.25倍)
あく

むし
効果なし(0倍)
ドラゴン

テツノブジンの特性

特性効果
クォークチャージ・ブーストエナジーを持たせるかエレキフィールド時、一番高い能力が上がる

テツノブジンの夢特性

夢特性効果
なし-

テツノブジンの種族値

HP攻撃防御
7413090
特攻特防素早さ
12060116
合計種族値
590

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

オススメの新着記事

【ポケモンSV】コノヨザルの最強のメガニウム対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】ハラバリーの最強のメガニウム対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「最強のエンペルト」のソロ攻略|勝てない場合の対策法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「最強のエンペルト」の攻略と対策おすすめポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】デカヌチャンの最強のエンペルト対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

スポンサーリンク

ポケモンSV (スカーレットバイオレット)攻略の新着記事

ポケモンSV (スカーレットバイオレット)攻略の新着記事(10件)

【ポケモンSV】「ちょすい」の効果と強いところ・対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「マイペース」の効果と強いところ・対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「どんかん」の効果と強いところ・対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「やるき」の効果と強いところ・対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「しめりけ」の効果と強いところ・対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「ワイドブレイカー」の効果と覚えるポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「どくづき」の効果と覚えるポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「あくび」の効果と覚えるポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「ドわすれ」の効果と覚えるポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】ミズゴロウの入手方法と技構成|色違いについて【ポケモンスカーレットバイオレット】

» ポケモンSV (スカーレットバイオレット)攻略の記事をもっと見る

スポンサーリンク