ポケモンSV (スカーレットバイオレット)
ポケモンSV (スカーレットバイオレット)攻略wiki

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タケルライコの関連記事
タケルライコ

タケルライコ

タケルライコ

タケルライコの育成論

タケルライコの育成方針と強いところ

おすすめの性格ひかえめ
おすすめのテラスタル
(テラスタイプ)
みず

フェアリー
タケルライコの強いところ・でんき特殊先制技の「じんらい」で火力を出していける
・特性をによって高い特殊火力を持つ
・環境上位のポケモンに全体的に優位

ランクマでは「オーガポン」などの環境ポケモンに対して有利

タケルライコはほのお・くさ・みずに半減耐性を持つので環境上位であるオーガポンや連撃ウーラオスの一致技を容易に耐えることが可能です。テラスタルを活用すればさらにカイリューやガチグマ(アカツキ)などにも強くでる事ができるので、狭めの攻撃範囲を補うテラスタルとの相性が良好です。

オーガポンのメインウェポンを半減できる

タケルライコはオーガポンのメイン技であるくさ・ほのおのほか、みずも半減できます。等倍で通るのは採用率が高い岩オーガポンだけであり、耐性面で非常に有利となっています。
また、相手がテラスタルした場合はこちらのでんき技も通りやすくなるので、相手にテラスタル使用を躊躇させることもできます。

連撃ウーラオスのみず技を耐えて切り返せる

連撃ウーラオスは環境上位のみず火力を持ちますが、タケルライコは耐久が高いうえにみず半減なので「すいりゅうれんだ」を耐えやすいです。フェアリーテラスタル採用なら一撃ウーラオスもまとめて対策することができるので、こちらもタイプ関連で有利のうえに「じんらい」で縛れるのもメリットです。

レイド周回・最強レイドでは活躍できる?

タケルライコは「バークアウト」で特殊耐久を下げたり、「めいそう」で積むことができるので「やすらぎのすず」を持たせることでソロの攻略に使っていけます。あえてミライドンを差し置いて採用する理由はそこまで大きくはありませんが、スカーレット版でも入手できるでんき・ドラゴンというメリットがあるため、最強レイドも含めてソロ攻略で使っていくと良いでしょう。

スポンサーリンク

タケルライコの特性

特性効果
こだいかっせいブーストエナジー持ちで場に出るか、天候が晴れの時に最も高い能力が上昇する

「こだいかっせい」で特攻を大きく高められる

タケルライコの特性は古代パラドックスポケモンに共通の「こだいかっせい」のみです。こだいかっせいは基本的に特攻が上昇するので、ただでさえ高い特攻をさらに高めることができるメリットがあります。
ただ、サイクル戦採用の場合は「ブーストエナジー」を採用しづらいので、無理に特性発動にこだわらなくても問題なく強いポケモンです。

タケルライコのおすすめのテラスタイプ

おすすめのテラスタイプ理由
フェアリー
環境上位のドラゴンやかくとうに有利耐性を得られるのが大きい
サブウェポンとしても広い攻撃範囲を持つ
みず
環境上位のガチグマやほのおオーガポンにかなり有利
耐性が優秀
でんき
高い特殊火力をさらに高めることができる

「フェアリー」テラスタイプでドラゴンを対策

タケルライコはすばやさが中速気味なので、先手を取ってくるドラゴンであるラティオスや、環境に多いフェアリータイプに弱いです。ここをフェアリーテラスタイプにすればフェアリーは等倍になり、かくとう・ドラゴンに対して強く慣れます。
ドラゴン・あく・かくとうは環境上位に数が多いことから攻守ともに有利になるので、フェアリーのテラスタイプを採用すると良いでしょう。

スポンサーリンク

タケルライコは「じんらい」を覚える

効果
じんらい威力70のでんき特殊技
優先度+1で攻撃
相手の選択技が攻撃ではない場合は失敗

「じんらい」はタケルライコの専用技

タケルライコは専用技である「じんらい」を習得します。威力70のでんき先制技で、使用感は「ふいうち」と同じです。相手が攻撃技を選んだときにしか発動できない代わりに、タケルライコの中途半端な素早さをカバーして対面性能を向上させるので、読まれやすいとはいえ非常に強力です。

タケルライコのおすすめの性格

「ひかえめ」で高い特殊火力をさらに伸ばすのがおすすめ

タケルライコは素早さ種族値が75しかなく、あえて素早さを振ってまで勝ちたい相手がそこまでいません。「ひかえめ」で特殊火力を伸ばして「じんらい」で狩れる範囲を増やしていくほうが汎用性が高くなるので、よほど素早さ補正をかけて明確に倒したい相手がいない限りは「ひかえめ」を採用するのがおすすめです。

性格ステータス
ひかえめ特攻↑攻撃↓
おくびょう素早さ↑攻撃↓

タケルライコのおすすめの型・技構成

積みアタッカー型

タケルライコの高い特殊火力と「じんらい」による縛り性能を意識し、環境上位のポケモンを縛っていくことを重視しています。1回積むだけで特殊耐久・特殊火力を大きく高めることができるので、起点ポケモンを採用してでも「めいそう」を搭載しておく価値は高いです。
また、サブウェポンの幅が壊滅的に狭い分、テラスタルを採用するメリットも大きいです。

おすすめの性格ひかえめ
おすすめのテラスタイプ
フェアリー
努力値配分特攻252
HP196
防御20
特防36
素早さ4
特性こだいかっせい
技構成じんらい
テラバースト
10まんボルト
めいそう
持ち物オボンのみ
型と構成のポイント
ドラゴン技は採用の優先度が高くない
環境上位のポケモンを意識して耐久を降っていく
「オボンのみ」で実質耐久を高める

ドラゴン技は採用の優先度が高くない

タケルライコはドラゴン技を採用しても良いのですが、フェアリーテラバーストがあれば特に問題なくドラゴンを突破できます。一応、みずテラスタルを採用した場合は「りゅうのはどう」採用余地がありますが、狩りたいドラゴンはだいたいタケルライコよりも早いので、りゅうのはどうを採用したとしても速度負けすることが多く、優先度は下がります。

わざ名採用理由・使いみち
りゅうのはどう一致ドラゴン技
みずテラスタル採用時にカイリューやラティオス狩りに使える
おすすめの技・技マシンと技構成
おすすめの技・構成おすすめのわざマシン

環境上位のポケモンを意識して耐久を降っていく

タケルライコはHPがかなり高いのでHPに極振りするよりは防御・特防にも努力値を回したほうが総合的な耐久力が高くなります。例の振り方は物理と特殊耐久をどちらも同じくらいに高くする振り方ですが、狩りたい明確な対象がいるのならHPを削って防御や特防に努力値を回しましょう。

努力値を振るために必要な素材
ステータスアイテム
特攻リゾチウム×25
ちりょくのハネ×2
HPマックスアップ×19
たいりょくのハネ×6
防御ブロムヘキシン×2
特防キトサン×3
せいしんのハネ×6
素早さしゅんぱつのハネ×4

「オボンのみ」で実質耐久を高める

オボンのみは即効性のある回復アイテムであり、実質的な耐久を25%アップしてくれる有用アイテムです。なるべく早急に積んで特殊に対して強くなり、じんらいで相手を縛って攻撃していきたいので、たべのこしよりはオボンのみを持たせるのがおすすめです。

持ち物効果
オボンのみHPが半分以下になると発動
HPを1/4回復

タケルライコと相性の良いポケモン

起点作成と突破力重視ポケモンがおすすめ

タケルライコをめいそう型で採用する場合は、めいそうを積むために起点を作れるポケモンを用意することが必要です。弱点が一貫しないようにじめん・フェアリー弱点を避けて起点作りポケモンを採用、さらにタケルライコで場を荒らしたあとのトドメ役として突破力の高いポケモンを採用するのがおすすめです。

積みアタッカー型おすすめポケモン
オーロンゲ

オーロンゲの育成論

ディンルー

ディンルーの育成論

一撃ウーラオス

一撃ウーラオス

タケルライコの対策ポケモンと対策方法

特殊高火力アタッカーや流しポケモンで対処しよう

タケルライコは積み始める前の耐久はそこまで高くないので、メガネアタッカーのような高火力ポケモン、特にでんき耐性持ちで戦うと対処しやすいです。
また、積んだあとでもじんらいはじめんには通らないので、受けつつ流せるディンルーなどを採用するのも良いでしょう。

ラティアスは耐性で受けつつ対処しやすい

ラティアスはドラゴン技はほぼテラスタルで対処されるものの、めいそう+ドレインキッスで返したり、ミストボールで圧力をかけることで対処しやすいです。
現状採用率が高いでんき・みずのテラスタイプであれば起点にすることも可能です。

ハバタクカミは特殊耐久が高く起点にできる

ハバタクカミは特殊耐久がかなり高いうえに「ムーンフォース」でタケルライコ相手に抜群を取っていけます。積まれたりチョッキ持ちだと対処がやや難しいのですが、基本的にタイプ有利でありタケルライコ側の有効打が少なめなので、高い特攻で対処したり、めいそうの起点にすると良いでしょう。

ディンルーは交代してから流せる

ディンルーはじんらいが効かないので縛られにくく、タケルライコ側がテラスタルを切らないとそもそも対処ができません。そのまま「ふきとばし」で積みを無効化することもできるので、後出しから対処できるポケモンの中ではおすすめです。

タケルライコレイドでの対策方法

タケルライコはまだレイドでは登場していませんが、過去の例から登場するとすればでんきテラスタイプでの登場の可能性が高いです。特殊火力が高く「じんらい」がかなり痛いのですが、でんき技以外の火力はさほど高くないため、じめん・くさのようなでんき耐性持ちで挑みましょう。

タケルライコレイドのテラスタイプ
でんき
タケルライコレイド対策のおすすめポケモン
グラードン

グラードンの
レイド育成論

ヌオー

ヌオーの
レイド育成論

ドリュウズ

ドリュウズの育成論

タケルライコの対戦での立ち回りについて

環境上位をテラスタルを絡めて対処していく

タケルライコはステータス配分が非常に優秀なポケモンであり、先制技「じんらい」で素早さで勝る相手を縛っていけるのが強みです。ドラゴンゆえにフェアリー・こおりなどで弱点を突かれやすい面もあるので、みず・フェアリーといったテラスタイプも活用して環境上位のポケモンを対策していきましょう。

タケルライコが対戦で有利なポケモン理由
テツノツツミ

テツノツツミの育成論

じんらいで縛っていける
みがわりで対処されないように注意
アシレーヌ

アシレーヌの育成論

フェアリー技はいたいが積んでいれば対処はしやすい
スイクン

スイクンの育成論

積まれる前に高火力で押せる
補助技が多いのでじんらい以外のでんき技がほしい

環境上位に強く出られるのでテラスタルのメリットが大きい

タケルライコはでんき耐性がある環境上位である炎オーガポンやガチグマ(アカツキ)相手には初手時点では若干不利です。みずテラスタル・フェアリーテラスタルで耐性を弱点から等倍や半減に切り替えることで打たれ強さを確保できるので、テラスタルをして「じんらい」で縛れる範囲を増やすのは有効です。

サイクルなら先発・積みなら控えから出したい

タケルライコは「ボルトチェンジ」を使ってのサイクル型、「めいそう」を使った積み型など多彩な型を持っているポケモンです。サイクルであれば耐性が優秀なのを活かして先発で出していくのが良いでしょう。めいそう型の場合は初手でアカツキガチグマやディンルーと当たるとつらいので、まずは起点ポケモンから繋いでいきたいです。

タケルライコの基本情報

タケルライコのタイプ・タイプ相性

タイプ1タイプ2
でんき
ドラゴン
倍率タイプ
弱点(4倍)-
弱点(2倍)
こおり

じめん

ドラゴン

フェアリー
いまひとつ(0.5倍)
くさ

はがね

ひこう

ほのお

みず
いまひとつ(0.25倍)
でんき
効果なし(0倍)-

タケルライコの特性

特性効果
こだいかっせい・ブーストエナジーを持った状態か、天候が晴れの時に最も高い能力が上昇する

タケルライコの夢特性

夢特性効果
--

タケルライコの種族値

HP攻撃防御
1257391
特攻特防素早さ
1378975
合計種族値
590

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

オススメの新着記事

【ポケモンSV】コノヨザルの最強のメガニウム対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】ハラバリーの最強のメガニウム対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「最強のエンペルト」のソロ攻略|勝てない場合の対策法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「最強のエンペルト」の攻略と対策おすすめポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】デカヌチャンの最強のエンペルト対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

スポンサーリンク

ポケモンSV (スカーレットバイオレット)攻略の新着記事

ポケモンSV (スカーレットバイオレット)攻略の新着記事(10件)

【ポケモンSV】「アロマベール」の効果と強いところ・対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】カラマネロのレイド周回用育成論と技構成【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】ミュウの最強のメガニウム対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】カラマネロの最強のメガニウム対策方法【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「ふんどのこぶし」の効果と覚えるポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「デコレーション」の効果と覚えるポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「アストラルビット」の効果と覚えるポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「なげつける」の効果と覚えるポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「つぼをつく」の効果と覚えるポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

【ポケモンSV】「ニトロチャージ」の効果と覚えるポケモン【ポケモンスカーレットバイオレット】

» ポケモンSV (スカーレットバイオレット)攻略の記事をもっと見る

スポンサーリンク