艦隊これくしょん
艦これ攻略wiki

スポンサーリンク

「対空噴進弾幕」とは

「対空噴進弾幕」は、2018年2月5日のアップデートで追加されたシステムです。航戦・空母・水母・航巡に「12cm30連装噴進砲改二」を装備すると、航空戦の際に「対空噴進弾幕」を展開し、発動した艦が航空戦で受けるダメージを無効化します。

「対空噴進弾幕」の発動条件

航戦・軽空母・正規空母・水母・航巡が発動可能

「対空噴進弾幕」は、航戦・軽空母・正規空母・水母・航巡に「12cm30連装噴進砲改二」を装備することで発動が可能となります。他の艦種では発動できません。

ゴトランドなど軽巡洋艦ほか多くの艦種では使用できない

ゴトランドは艦種が軽巡扱いなので、他の多くの艦種と同じく対空噴進弾幕は発動できません。

対空噴進弾幕を発動できる艦種
航空戦艦

航空戦艦

軽空母

軽空母

正規空母

正規空母

装甲空母

装甲空母

水母

水母

航巡

航巡

スポンサーリンク

対空装備や運で発動率が上がる

「対空噴進弾幕」は対空装備を複数装備したり、運が高いと発動率が上がります。また、「12cm30連装噴進砲改二」を2つ装備すると発動率にボーナスがかかるようです。

伊勢と日向は発動率が高い

伊勢と日向は「対空噴進弾幕」の発動率がかなり高くなっています。イベント時はこの2隻を4〜6番目に配備し、警戒陣で「対空噴進弾幕」を発動させて盾役をさせるのも良いでしょう。

「対空噴進弾幕」の使いみち

航空攻撃を無効化

「対空噴進弾幕」は航空攻撃を無効化することができます。イベント海域など、敵の航空攻撃が厳しい海域では特に有効です。ただし、対空噴進弾幕自体に敵の艦載機を撃墜する効果はないので、他の艦がもろに被害を受けてしまう場合もあります。

5-2でレベリングが可能

5-2の1戦目は空襲戦です。そのため、航空戦のダメージを無効化する「対空噴進弾幕」が発動可能な航空戦艦・空母系・水上機母艦・航空巡洋艦だけで出撃することでレベリングが可能です。

スポンサーリンク

コメント

あわせて読みたい

スポンサーリンク

オススメの新着記事

【FGO】クロエの入手方法(正式加入)と再臨素材の集め方【プリズマコーズ(復刻)】

【ダンメモ】「ヴァレンシュタイン・バレンタインガチャ」はどちらを引くべき?当たりと評価

【ダンメモ】[颯爽活劇]クロエ・ロロの評価とステータス

【ダンメモ】[果敢活劇]アーニャ・フローメルの評価とステータス

【ダンメモ】[恋心撫子]ヤマト・命の評価とステータス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ゲームの権利表記

(c)2015 DMM.com POWERCHORD STUDIO / C2 / KADOKAWA GAMES All Rights Reserved.