ドラクエ10
ドラクエ10攻略wiki

スポンサーリンク

スポンサーリンク

6.2での賢者の強化まとめ

6.2のアップデートで、賢者の必殺技が強化されました。攻撃・回復呪文強化が1段階から2段階上昇に強化されたほか、呪文の効果量アップの効果も追加されたので発動する価値が大幅に上がっています。発動に時間がかかるのは相変わらずですが、チャージしたら発動するスキを見てぜひ使っていきたいところです。

強化対象強化内容
必殺技・「しんぴのさとり」効果が2段階に強化
・「呪文ダメージ+100%」「回復呪文効果アップ」効果が追加
・MPの回復量がアップ

スポンサーリンク

賢者の評価

評価S
役割後衛(ヒーラー)
コンテンツ評価・回復力は僧侶に劣るが多段攻撃や乱戦に強い回復役
・立ち上がりが遅いので、瞬間火力が求められる周回にはあまり向かない
性能評価・攻撃/回復呪文を使用可能
・強化解除や武器スキルも優秀

賢者のコンテンツ別評価

賢者は被ダメージ時に即座に回復する「いやしの雨」「きせきの雨」が強力な回復・サポート役です。従来ドラクエのイメージに反して攻撃魔力や回復魔力が低いので、純粋な攻撃・回復能力では専門家の魔法使いや僧侶には敵いません。
多段攻撃が多いボスでは非常に強力なので、使うコンテンツの向き不向きがかなり激しい職業と言えるでしょう。

コンテンツ適性コンテンツへの適性の理由
ストーリー攻略★★・範囲火力が低いのでザコ戦には不向き
・ボス戦は賢者の回復力でも充分なので、合間に攻撃ができる点では相性が良い
レベル上げなどの狩り・立ち上がりの火力が低いので、狩りには向いていない
効率的なレベル上げ
効率的な金策
コインボス攻略★★・多段攻撃が多いボスや複数出現のボスと相性が良い
ピラミッドの秘宝-・集団戦ですばやい攻略が求められるので不向き
万魔の塔-・素早さが低いうえに対集団火力が出しづらいなので不向き
パニガルム・6.2段階では多段攻撃ボスが少な目で即死級攻撃が多くやや不向き
アストルティア防衛軍・高速周回には向かないので、実績稼ぎ時以外は不向き
エンドコンテンツ★★★・ルベランギスやバラシュナ、スコルパイドでは多段攻撃の多さや被ダメージ回復の重要度の高さから適性が非常に高い
・常闇の聖戦のボスとは相性があまり良くない
常闇の聖戦攻略
聖守護者の闘戦記攻略
深淵の咎人たち攻略
サポート仲間としての雇用・「むげんのさとり」を「しんぴのさとり」で延長する動きをしてくれない
・行動がどっちつかずになりがちなので不向き

賢者の性能評価

賢者はMPが最も高く、攻撃呪文・回復呪文の両方を扱える万能タイプの後衛です。ただし、攻撃魔力と回復魔力は魔法使いや僧侶と比較すると低めで、補助呪文もあまり習得しません。そのため、ドラクエ3や6・7の万能型の賢者をイメージしているとギャップを感じるかも知れません。

多段攻撃や乱戦に強いヒーラー

賢者が習得する「いやしの雨」「きせきの雨」は、被ダメージ時に一定割合のHPを回復する効果があるため、僧侶と比較すると多段攻撃や対集団戦に強いのが特徴です。一方で状態異常への対処は、状態回復が多く「キラキラポーン」も使える僧侶のほうが優れています。

僧侶の性能
僧侶

僧侶

強化解除や武器スキルも優秀

賢者は敵の強化を解除する「零の洗礼」が様々な戦闘で役立ちます。また、ブーメランによる「状態異常耐性低下(デュアルブレイカー)」「被ダメージ上昇(レボルスライサー)」の付与や、扇による「風斬りの舞」など、武器スキルによる補助が充実しているため、出来ることがとても多い職業です。
回復だけでなく、これらの補助特技を活かして戦いましょう。

ブーメランと扇の詠唱速度上昇を入手するのが難しい

賢者の主力武器であるブーメランと扇には錬金で自発的に呪文発動速度+をつけることができません。そのため、アストルティア防衛軍や白宝箱で呪文発動速度付きの武器を粘らなければならないのが大きな欠点です。

賢者のおすすめスキルと武器

賢者は「ブーメラン」「両手杖」「弓」「扇」の4種類の武器を使え、扇のみが賢者専用のスキル構成です。状況によって有利な武器がやや異なりますが、「汎用性が高く攻撃重視の扇」「主にボス戦で役立つブーメラン」「速度や回復魔力の高さが役立つ両手杖」をメインに使っていくと良いでしょう。

スキルライン強いところ
・攻撃魔力と回復魔力の両方が上昇し、呪文火力を重視しつつ盾も持てる武器
・開幕風斬りの舞で補助もできるのが利点
ブーメラン・回復魔力が高めで、盾も併用可能なボス戦向け武器
・デュアルブレイカーやレボルスライサーの補助も強力だが、器用さが低く成功率が低いのが難点
両手杖・盾を持てないが、魔力が大きく上昇する
・呪文速度錬金のものを入手しやすく、早詠みの杖が使えるメリットも大きい
・弓星の守り星による補助や、ダークネスアローでの耐性下げ→イオマータは強力
・あえて弓を持つメリットはあまり大きくない

賢者のおすすめ武器

盾と併用できる扇やブーメランを使うのがおすすめですが、呪文速度錬金のものを入手しづらいのが難点です。高難易度ボスに挑む場合は妥協しづらい部分もあるので、両手杖で速度を補うのも良いでしょう。

武器種おすすめの武器おすすめの理由
アロケルのおうぎ・呪文速度アップや特技範囲の拡大による雨の強化が賢者と相性が良い
ブーメラン輝天のブーメラン・行動時早詠みによる速度のカバー、ピオラ効果による素早さのカバーのどちらも非常に賢者と相性が良い
両手杖ブルームワンド・行動時5%でCT短縮により「きせきの雨」「イオマータ」が早く使えるメリットが大きい
・回復魔力もブーメランよりも大きく上昇する

賢者のおすすめのスキルセット例

さとりスキル

180スキルのきせきの雨や、多段攻撃対策としての被ダメージ軽減はほぼ必須です。イオマータはできれば200スキルにセットしたいのですが、賢者でイオマータを使う暇がないことも多いので、200にセットできない場合は160にセットしておきましょう。

スキルポイントおすすめスキル
160イオマータ
170呪文ぼうそう率
ターン消費なし
180きせきの雨
190被ダメージ軽減
200呪文の威力と回復強化

ブーメランスキル

賢者のブーメランスキルは「レボルスライサー」「デュアルブレイカー」以外はほぼ使わないので、ミスにされないようにするための攻撃力や、パッシブスキルを優先してセットしましょう。

スキルポイントおすすめスキル
160装備時かいしん率
ギガスロー
170レボルスライサーの強化
装備時かいしん率
180レボルスライサー
190装備時さいだいMP
200装備時こうげき力

扇スキル

風斬りの舞は扇賢者の重要スキルのため、効果範囲拡大も含めてセットするのがおすすめです。残りは攻撃魔力や暴走率、最大MPなどのパッシブスキルをセットしておくのが良いでしょう。

スキルポイントおすすめスキル
160装備時さいだいMP
170風斬りの舞の範囲
180風斬りの舞
190装備時こうげき魔力
200装備時呪文ぼうそう率

両手杖スキル

賢者が両手杖を持ち出す強敵相手には「活命の杖」が刺さることが多めです。攻撃している暇がないような戦いもあるので、その場合はもう少し上に「活命の杖の効果時間」しても良いでしょう。

スキルポイントおすすめスキル
160活命の杖の効果時間
170イオ系呪文の強化
180活命の杖
190装備時こうげき魔力
200ドルマ系呪文の強化

盾スキル

僧侶と同じく、とにかく自分の守りを固めるのが大事なので、パッシブ重視のセットがおすすめです。MPにはかなり余裕があるので、MPは170にセットして守備力を少しでも上げ、多段攻撃に強くするのが良いでしょう。

スキルポイントおすすめスキル
160瀕死時2%でみかわし率30%アップ
170装備時さいだいMP
180アイギスの守り
190会心完全ガード率
200装備時しゅび力

賢者のおすすめ装備(防具セット)

賢者はローブを装備可能です。賢者がアタッカーになるガルドドン戦では「妖炎魔女のドレス」も選択肢に入りますが、6.2段階では性能が最も高い「ロードリーローブセット」1択と言えるでしょう。

装備セット解説
ロードリーローブセット・ブレス使いと戦う機会は少ないが、基礎能力が最も高いのでヒーラー運用時にはおすすめ
妖炎魔女のドレスセット・ドルモーアなどの威力を強化できる
・攻撃重視ならおすすめ
防具の性能・素材まとめ
115防具110防具108防具

賢者の職業クエスト

職業クエスト「賢者への登竜門」攻略で転職できるようになる

賢者はドルワームで「賢者への登竜門」をクリアすると転職できるようになります。このクエスト自体はあまり難しいわけではなく、攻撃魔力や回復魔力を増やせるので、呪文職を使うなら早めにクリアしておきましょう。

賢者の職業クエスト攻略

ドルワーム城で職業クエストを受けられます。ボス戦が3回もあるうえにどのボスも強めなので、戦士や武闘家などのパッシブスキルでHPを伸ばしつつレベル50くらいまで上げてから挑むのが良いでしょう。

スポンサーリンク

賢者のおすすめ宝珠

賢者は回復魔力が低いので、回復呪文強化の宝珠は重要です。ステータスがやや低いのもあるので、炎の宝珠全般もできれば早めに入手しておきましょう。

おすすめの炎の宝珠
不屈の闘志大賢者の御手いつくしむ心
神業の手魔術の深淵会心練磨
先見の眼堅守の心得-
おすすめの水の宝珠
鉄壁の会心完全ガード忍耐のMP回復逆境のみかわしアップ
ベホイムの奇跡ベホマラーの奇跡ザオリクの戦域
不滅の回復呪文強化--
おすすめの風の宝珠
打たれ名人勝ちどきMP回復禁断のHPアップ
ベホイムの瞬きベホマラーの瞬きザオリクの瞬き
おすすめの光の宝珠
いやしの雨の瞬きイオ系呪文の極意ドルマ系呪文の極意
やいばのぼうぎょの極意神の息吹の閃き果てなき神の息吹

賢者のおすすめの立ち回り

  1. 「いやしの雨」「きせきの雨」を維持する
  2. 回復を重視しつつ状況に応じた立ち回りが必須

「いやしの雨」「きせきの雨」を維持する

賢者の特技「いやしの雨」「きせきの雨」は、被ダメージ時に被ダメージの20%/50%ぶんHPを回復できる強力な特技です。戦闘中はこれらの特技を切らさないように、効果時間やきせきの雨のCTを把握しておきましょう。
特に高難易度コンテンツでは、雨が必要な攻撃が決まっていることが多いので、そのタイミングで最速で発動できるような動きが必要になってきます。

状況に応じた立ち回りが必須

賢者はできることが多いので、その時に応じた立ち回りが重要です。基本は回復主体ですが味方のCT技に合わせて「レボルスライサー」を使ったり、敵の強化を優先的に剥がしたりと、全職業で戦場の状況を見極める必要があり、操作難易度はやや高めです。
回復量が低いのもあり、僧侶以上に「ベホイム」「ベホマラー」の使い分けも大事になってきます。

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

オススメの新着記事

【ドラクエ10】「ガーディアン」の転職条件と評価・おすすめスキル

【ドラクエ10】「ラストチョーカー」の合成効果と入手方法

【ドラクエ10】「アウルモッド」の耐性とおすすめ職業・攻略まとめ

【ドラクエ10】ゴーレム強狩りのレベル上げ・おすすめサポ構成

【ドラクエ10】海底探索ガテリア号の報酬と遊び方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ゲームの権利表記

(C) ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.