ドラクエ10
ドラクエ10攻略wiki

スポンサーリンク

スポンサーリンク

オフラインの新規要素

仲間と共に冒険を楽しむことができる

ドラクエ10オンラインは何と言っても味方キャラを仲間にして一緒に冒険を楽しむことができるのが最大の特徴です。オンラインではプレイヤーは他のプレイヤーとパーティを組むか「サポート仲間」として雇うかでしか仲間を増やせませんでしたが、オフラインでは「マイユ」「ヒューザ」「フウラ」「ダストン」「ラグアス」といった頼もしい味方が一緒に戦ってくれるほか、「ゲスト」として様々なキャラクターが参戦してくれます。
おなじみの「仲間会話」もあるので、いつものドラクエと同じように楽しむことが可能です。

オフラインで仲間になるキャラ
マイユ

マイユ

ヒューザ

ヒューザ

フウラ

フウラ

ダストン

ダストン

ラグアス

ラグアス

-

後半でオフライン限定のストーリーが追加

ストーリーの展開はおおむねオンライン版と同じですが、ストーリーの後半にオリジナルのストーリーが追加されています。「過去のグレン」での冒険を、「エルジュ」「ヒメア」「ガルミィ」といった仲間たちと進めることが可能なようです。
オンラインをプレイしていても、新たな冒険を楽しむことができます!

オンラインでの過去のグレン攻略
キーエンブレム6個入手後

キーエンブレム6個入手後

バージョン2の物語はDLCで楽しめる

オフラインにはバージョン1までのストーリーが収録されています。「超大型ダウンロードコンテンツ」を購入するか、オフライン購入時にデラックス版を買っていればバージョン2の物語もオフラインで楽しむことが可能です。
新たな大陸「レンダーシア」ではいったいどんな物語が主人公と仲間たちを待ち受けているのでしょうか。

オンラインでのバージョン2のストーリー攻略
Ver.2.0

Ver.2.0

Ver.2.1

Ver.2.1

Ver.2.2

Ver.2.2

Ver.2.3

Ver.2.3

Ver.2.4

Ver.2.4

-

戦闘はターン制でじっくりと戦略を練って戦える

オフラインの戦闘はオンラインのリアルタイム形式ではなく、ドラクエではお馴染みのターン制の戦闘です。どんどん戦闘が進んでいくといったことがないので、じっくりと戦略を練ってボスやザコ戦を楽しみましょう。

進行度によって敵の強さが変化する

10オンラインでは「キーエンブレム」に関わる10個のストーリーをどのように進めるのかはプレイヤーの自由で、最初は弱いところから攻略していくのがおすすめされています。オフラインではストーリーの進行度によって敵の強さが変動することが明かされているので、常に緊張感を持った戦いを楽しむことができそうです。

「ふしぎな鍛冶」で自分で装備を作れる

オフラインではオンラインのように職人が装備を作ってそれをバザーで買うのではなく、11と同じように「ふしぎな鍛冶」で装備を作っていくシステムになっています。

オンラインの装備と職人攻略
最強装備まとめ職人まとめとおすすめの職人

スポンサーリンク

オンラインと違うところ

職業は全部で14個登場

オフラインでは14個の職業が登場します。主人公はオンラインと同じく複数の職業を使い分けて強くなるので、仲間メンバーの構成や挑む敵にあわせて転職していきましょう。

仲間モンスターは登場しない?

オンラインでは「まもの使い」「どうぐ使い」でモンスターを仲間にすることが可能です。オフラインにはまもの使いとどうぐ使いが登場しないので、仲間モンスターもおそらく登場しないと思われます。

バージョン1の範囲からボイスがついている

オフラインでは、バージョン1からボイス付きでストーリーを楽しむことが可能です。オンラインではバージョン5まで進めないとストーリーにボイスがなかったので、オンラインをプレイしたプレイヤーも新鮮な気持ちでバージョン1・2のストーリーを楽しめるでしょう。

主人公のボイスも選べる

オフラインでは、なんと主人公にもボイス(掛け声など)が追加されます。キャラメイクを行う時にボイスをいくつかのパターンから選ぶことが可能で、見た目は女性なのに勇ましい男の声にするなど、自由度の高い設定ができることが発売直前の生放送で明かされました。

スキルは11と同じく「スキルパネル」性に変更

オンラインのスキルシステムは「スキルポイント」をスキルラインに入れることで武器やスキル習得をすることが可能でしたが、オフラインではドラクエ11と同じようにスキルパネルのシステムに変更されました。キャラごとに異なるスキルパネルを持っており、すごろくのようにパネルを進めていくことである程度自由度の高い育成を行うことができます。
また、新たなシステムとして「周囲のパネルの効果を強化する」というパネルが追加されているので、どう強化するのかも戦略の1つになりそうです。

キャラ固有スキル
マイユ

マイユ

パワフル
ヒューザ

ヒューザ

クール
フウラ

フウラ

風乗り
ダストン

ダストン

ガラクタ
ラグアス

ラグアス

ロイヤル

「錬金釜」は待ち時間なしで便利なアイテムを作れる

オンラインにも存在する「錬金釜」ですが、オフラインでは材料を釜に入れることで瞬時にアイテムを作成できるようです。その代わり「レシピ」がないと使えないので、町の本棚でレシピを探しましょう。
オフラインの錬金釜は、どうぐや魔法の迷宮で使うコインなどを作れます。

アクセサリーの合成効果を選べる

10オフラインではなんとアクセサリーを合成する時に好きな効果を選ぶことが可能です。ヴェリナードのアクセサリー屋でアクセサリーを合成することで性能を強化できるので、好きな効果をつけて強力な装備を集めましょう。

オンラインのアクセサリーと合成
おすすめのアクセサリーアクセサリー合成のおすすめ

オフラインとオンラインはどっちを買うべき?

1人でじっくり楽しみたいならオフラインがおすすめ

10オフラインはMMORPGではなく、通常のRPGです。他のプレイヤーとの人間関係に悩んだりといった要素がなく、1人でマイペースに進めることができるので、「10に興味はあるけどオンラインRPGは少し抵抗がある」「10のストーリーをいつものドラクエのように楽しみたい」という方は、オフラインを買うのがおすすめです。
PS4/5、Switch、Steam(PC)など複数の機種に対応しているので、自分の持っている機種に合わせて購入すると良いでしょう。

オンラインはバージョン3の先の物語を楽しめる

オンラインはバージョン3から先の物語を楽しめるのが大きなメリットです。また、オンラインゲームならではの交流要素や、力をあわせて強敵に挑むなどの要素もオンライン限定要素なので、これらに興味があるなら10オンラインをプレイしましょう。

オンラインに引き継げるのでまずはオフラインからやってみよう

オフラインをクリアすると「ふっかつのじゅもん」でオンラインに引き継ぎをおこなうことができます。全ての要素を引き継げるわけではないのですが、どちらにも興味があるという場合は、まずはオフラインからプレイしてみるのが良いでしょう。

スポンサーリンク

オンラインを始める時にやるべきこと

10オフラインをプレイしてアストルティアでのオンラインの物語に興味を持った方は、オンライン版もプレイしてみると良いでしょう。オフラインとは多くの要素が違っているので、違うところを知っておいたり、序盤の進め方のコツを予習しておくのがおすすめです。

体験版を試しに触ってみるのがおすすめ

ドラクエ10には「体験版」があります。コミュニケーションに関わる要素は大きく制限されていますが、10オフラインのDLCの範囲であるバージョン2の後半まで無料で楽しむことができるので、オンラインとオフラインの違いを学ぶためにも、まずは持っている機種の体験版をダウンロードしましょう。

オフラインからセーブを引き継ぐと最初からレベル70で始められる

オフラインをクリアすると、オンラインにセーブの一部を引き継ぐことができます。好きなバージョン開始時からストーリーを始められるほか、オフラインに登場した職業をレベル70から開始できるので、オンラインをいきなり強い状態でプレイできます。
2023年1月9日までは「新人さん応援キャンペーン」としてお得なアイテムが沢山もらえるので、クリアしたらぜひ引き継ぎましょう。。

オンラインはMMOならではの交流要素やきせかえを楽しめる

オンラインではMMORPGならではの楽しみがたくさんあります。「8等身のキャラを着せ替え」「家を家具で充実させる」「チームに入って友達と一緒にプレイする」などの交流・きせかえなどのお楽しみ要素があるほか、10周年期間で様々なキャンペーンも開催されています。オフラインをきっかけにオンラインのプレイヤーも大きく増加すると思われるので、この機会にオンラインを始めてみても良いでしょう。

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

オススメの新着記事

【ドラクエ10】6.5(後半)アップデートの最新情報とやるべきこと

【ドラクエ10】テンの日(2023年6月)|はぐレモンからの挑戦16

【ドラクエ10オフライン2】開かずの小箱(クエスト279)の攻略チャート|大盗賊の鍵で開く場所

【ドラクエ10オフライン2】アンルシアのおすすめのスキル振り分け|特技・必殺技の解説

【ドラクエ10オフライン2】アンルシアのおすすめ装備|仲間加入からストーリー終盤まで

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ゲームの権利表記

(C) ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.