グランブルーファンタジー
グラブル攻略wiki

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フルオートのおすすめ編成

光属性のおすすめフルオート編成

光属性のテンプレパーティ
光パテンプレ

光パテンプレ

土属性のおすすめフルオート編成

土属性のテンプレパーティ
土パテンプレ

土パテンプレ

火属性のおすすめフルオート編成

火属性のテンプレパーティ
火パテンプレ

火パテンプレ

風属性のおすすめフルオート編成

風属性のテンプレパーティ
風パテンプレ

風パテンプレ

水属性のおすすめフルオート編成

水属性のテンプレパーティ
水パテンプレ

水パテンプレ

闇属性のおすすめフルオート編成

闇属性のテンプレパーティ
闇パテンプレ

闇パテンプレ

スポンサーリンク

フルオート編成のおすすめキャラ

フルオートでも回復できるキャラ

フルオートでは回復アビリティを使うことができないので耐久力を確保することが難しいです。奥義効果に回復効果や強化/ダメージのアビリティに回復効果が付いている場合、自動発動する回復アビリティを持つ場合はフルオートでも回復することができるのでおすすめです。

サブ編成のサポアビを持つキャラ

フルオートでは耐久力の確保が必要であり好きなタイミングでアビリティを発動できないので、強化効果をあまりかけることができません。そのため、サブメンバー編成すると効果を発揮するサポアビを持つキャラがいればフルオートでも狙った効果をかけられるので安定感が高くなります。また、サブ編成時に発揮するサポアビには再生効果や防御UPなどの耐久力を確保する効果のものが多くなっています。

フルオートでアビリティを使わないキャラ

フルオートでアビリティが使えないキャラであれば、アビリティの使用にかかる時間がなくなり攻撃にかかる時間を減らせるのでおすすめです。フルオートで発動されないアビリティにはフィールド/回復アビリティと対象を指定するアビリティと使用間隔0ターンのアビリティがあります。

フルオートでアビリティを使わないキャラの一例
フュンフ最終上限解放

フュンフ
最終上限解放

ソフィア

ソフィア

ニーア

ニーア

累積弱体を持つキャラ

同じ弱体効果を複数回かけると敵の耐性が上がってデバフ効果が通用しないことがあります。ただし累積弱体は何度も付与しても敵の耐性が上がらないので、フルオートでも安定して弱体効果をかけることができます。自動発動の累積弱体の場合は頻度が高く安定感があるのでおすすめです。

累積攻防DOWN持ちキャラ一覧
属性・累積防御DOWN属性・累積攻撃DOWN

フルオート編成の概要

フルオートの設定方法

フルオート機能は「設定」から「バトル設定」を選び「AUTOボタン設定」から切り替えることで使用するかを決められます。ただし、ここで設定すると全バトルで適用されるため使用したくないバトルで間違ってフルオートにしてしまう可能性がある点に注意しましょう。

バトル中にも設定可能

フルオート機能を使うかどうかはバトル中にも切り替え可能です。画面右上の「Menu」から「AUTOボタン設定」を選びましょう。ここで設定したフルオート設定はそのクエストのみ有効です。

フルオートのアビリティの仕様

フルオートの仕様
強化→弱体→攻撃アビリティの順番に使用
1番目のキャラから上記優先度の順にアビリティを使用
回復アビリティ」「フィールド効果アビリティ」「使用間隔が0のアビリティ」「使用対象を選ぶアビリティ」などは使用しない
使用条件を満たしていないアビリティは使用しない
リンクアビリティは優先度が高いものを使用し続ける
召喚石やポーションは自動使用しない
フルオート中でもポーションや召喚石は手動で使用可能

回復アビリティは使わない

フルオートでは強化/弱体/攻撃アビリティを使いますが、回復アビリティ/フィールド効果アビリティ/使用間隔が0のアビリティ/使用対象を選ぶアビリティは使用できません。特に回復アビリティを使用できないので、HPの維持を回復アビリティに頼っている場合はフルオートでは使うことが難しいです。

バージョン2のバトルでは「オートガード」を使える

バージョン2のバトルでは「オートガード」にすることでフルオートでもガードが使えます。基本的にバージョン2のバトルにおいて相手の特殊行動の攻撃は強力なものになっているので、ほぼガードが必須となっています。フルオートだけではガードが発動しないので相手の特殊行動を耐えることが困難ですが、「オートガード」によりガードしなければ耐えることが難しい行動をする敵でもフルオートで挑戦しやすくなりました。

フルオート編成のおすすめ周回クエスト

アスタロトで人を集める必要がなくなる

4人の時間をあわせて周回しないといけないうえに時間がかかるクエストですが、フルオートであれば時間はかかるものの1人で「ながら周回」ができるのが利点です。ただし相応の戦力やキャラは必要です。

天破の祈りありならルシファーもフルオートできる

天破の祈りはルシファーに自発で挑戦する時に「発動する」を選ぶことで光輪とプシュケーを消費して効果を発揮します。天破の祈りは発動することで制限時間の増加やキャラ性能大幅UPのような様々な効果を味方に付与できる代わりに救援依頼を呼ぶことができなくなります。最大HPUPと被ダメ軽減によって耐久力を高めることができるので、火力が高くフルオートでは挑戦し辛いルシファーでも天破の祈りを使えばフルオートで戦っていけます。ルシファーは終末の神器を入手する際や終末武器に突けるスキルを差し替える時に必要な素材を落とすので周回しておきたいです。

六竜は素材や武器のドロップがおいしい

六竜はドロップする素材や武器の性能が高く何度も挑戦したいですが、HPが高く時間がかかってしまいます。そこでフルオートで周回できるようにしておけば、放置しつつおいしい素材や武器を入手できるようになるのでフルオート編成が組めるようにしておきたいです。また、六竜はドラゴニックウェポンの5凸素材となっているので、フルオートで安定して周回するためにも周回して素材を集めておきましょう。

古戦場を張り付かずに周回できる

フルオートでは耐久力が確保できる場合はやられないで攻撃を続けられます。古戦場は相手のHPが高くバトルに時間がかかり、ずっとバトルをし続ける必要があるのでグラブル以外のことができなくなります。フルオートにしておけばバトル中に別のことができるので、古戦場を張り付かずに周回することができます。

フルオート編成のおすすめジョブ

フルオートの安定重視おすすめジョブ

フルオートの安定重視におすすめのジョブはフルオートで回復できる効果のアビリティや、敵にデバフをかけ続けられるアビリティを持つジョブとなっています。味方全体の耐久力を上げることで安定するようになり、火力の高い敵に対してもフルオートで戦い続けることができます。

ジョブ解説
ランバージャック

ランバージャック

・1アビにより自動で「回復」「ストレングス付与」「累積攻防DOWNの付与」など多彩な役割をこなせる
・永続攻防UP(累積)の付与が可能
アビリティの演出に時間がかかるので時間効率は良くない
ドクター

ドクター

・1アビを使用しないので時間短縮が可能
・瀕死の味方を回復可能
・「ニュートリエント」でストレングス/被回復上限UPを付与可能
・被回復上限UPはセワスチアンによる再生効果との相性が良い

フルオートの速度重視おすすめジョブ

フルオートで速度重視におすすめのジョブは、アビリティの演出時間が短いジョブターンあたりの火力が高く敵を早く倒せるジョブとなっています。また、アビリティを3つセットしないことでそもそもアビリティを発動させないようにできるので、さらに演出時間を削ることが可能になっています。

ジョブ解説
レリックバスター

レリックバスター

・防御が低く敵対心が高いデメリットはあるものの、通常攻撃火力が高い
・「マシンセル」があると剣メイン装備時に確定TAを行い、通常攻撃火力がさらにUP
・マウント、バリア、ブロックで防御補助も可能
マウントが必要なボスのフルオート時短向け
モンク

モンク

・攻撃アビリティ/奥義時に武芸Lvが上昇し、攻撃/アビリティ性能UP
・武芸Lvに応じた確率でターン終了時にダメアビが自動発動
・ターンあたりの火力が高く、ランバージャックよりも演出が短い
瀕死時に武芸Lvが下がるのでHP維持手段が必要
マスカレード

マスカレード

・「舞踏Lv」により味方全体が連続攻撃を行うたびに連続攻撃確率UP
・「リンガリング・セント」で4ターンの間2回行動が可能
・連続攻撃確率の高さによる通常攻撃火力が魅力で、奥義回転率も高め
武器がある程度揃っている場合のフルオート時短向け
・「シャル・ウィ・ダンス」を手動で使えば救援でもそこそこ貢献度を稼げる

フルオート編成のおすすめ武器

奥義で回復ができる武器

奥義効果でHPを回復したり「再生」「活性」「吸収」効果を持つ武器はフルオート周回時におすすめです。エフェクトに時間がかかるため、短期戦では逆に使わない方がいいとも言えます。

防御面を強化する武器

特定のダメージを減らす武器も、特に長期戦に挑むフルオート編成ではおすすめです。

フルオート編成のおすすめ召喚石

サブ加護持ちの召喚石

フルオートでは常時効果を発揮するサブ加護持ちの召喚石も有利です。加護効果次第ではステータスよりもこちらを優先しましょう。サブ加護召喚石枠も活用すれば、最大6つのサブ加護効果を受けられます。

ステータスが高い召喚石

フルオート編成では召喚石を使用しないので、手動で召喚しない限りはステータスが高い召喚石が有利です。「プロヴィデンスシリーズ」「神石」「アーカルム召喚石」などのステータスが高いので、HPと攻撃で必要なほうが高い召喚石を編成しましょう。

スポンサーリンク

フルオート編成例まとめ

マグナHLフルオート

ローズクイーンHLフルオート

ローズクイーンHLのフルオート編成
ローズクイーンHLフルオート

ローズクイーンHL
フルオート

石マルチHLフルオート

マグナ2フルオート

高級鞄HLフルオート

高難易度マルチHLフルオート

エニアドシリーズフルオート

六竜(マルチバトル)フルオート

アスタロトフルオート

4人の時間をあわせて周回しないといけないうえに時間がかかるクエストですが、フルオートであれば時間はかかるものの1人で「ながら周回」ができるのが利点です。ただし相応の戦力やキャラは必要です。

スラ爆・トーチ爆

剣聖やグローリーの1アビが強化アビリティ扱いのため、編成に関わらず主人公が最速で倒してくれるため高速周回が可能です。

スラ爆とトーチ爆のフルオート編成
スラ爆トーチ爆

CP(キャンペーン)クエスト

8回以上ヒットする多段アビダメを使えば高速周回が可能です。ただし主人公や残り2キャラが強化・弱体アビリティを持っていると周回に時間がかかるので、編成にやや縛りがかかります。

極光の試練

属性試練の1つ「極光の試練」をフルオートで周回する編成です。装備ハードルは高いものの、手動周回並の速度で周回できます。

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポンサーリンク

オススメの新着記事

【グラブル】古戦場の初心者向け攻略

【グラブル】最強キャラクターランキング

【グラブル】烈火の岩石の入手方法と使いみち

【グラブル】「恐怖」持ちキャラの一覧

【グラブル】「ザ・ハングマン」の攻略とおすすめ編成【アーカルムボス】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ゲームの権利表記

©Cygames, Inc. All Rights Reserved.